旅行記

2009年6月22日 (月)

6月10日は路面電車の日・都電のイベント旅行記

こんばんは。

すでに二週間が過ぎてしまいましたが、6月7日の旅行記を公開します。

毎年、6月10日は6(ろ)10(でん)という事で、路面電車の日となっています。都電荒川線では去る6月7日に、この日にちなんでイベントが行われました。

数年前の経験上、そんなに人は集まらないだろうと思っていたのですが、行ってみてびっくり。たくさんの親子連れやファンが集まっていました。特に親子連れが多かったです。テレビ局も取材に来ていましたね。

この日は新型車輌の公開、工場内の公開など、普段はなかなか見られない場所も見ることが出来ました。

また、グッズや地元商店などの物品販売もありましたが、列がすごくて私は何も買いませんでした。

それにしても、この手のイベントにはファンばかり集まるのかと思っていましたが、意外に親子連れが集まるんですねぇ。手軽で入場料もかからないですし、近くにあらかわ遊園もありますから、その影響もあるのかもしれませんけど。

こうしたイベントでの荒川線もいいですが、やっぱり下町色の強いいつもの荒川線の方が情緒があっていいなぁと思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

2009060702 2009060703 2009060704 2009060705 2009060706 2009060707

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

都営バス旅行記・はーるばる来たぜ、京急蒲田!

こんばんは。

5月10日に京急蒲田へ行ってきました。今回はその旅行記を書いてみます。

私の自宅があるのは東京北部ですので、ほぼ東京を南北に横断する形になります。

いくつかの交通手段がありましたが、結果的に都営バス一日乗車券(大人500円)を選択しました。一応、選択肢を示しておきましょう。

1.都営バス一日乗車券+京急

2.都営バス一日乗車券+京急バス一日乗車券

3.JR都区内パス+JR蒲田駅から徒歩(あるいは京急バスのワンコインエリア)

4.都営まるごときっぷ+京急

おおまかにはこんな感じです。今回は1を選択しました。今回は出展しないので、急ぐ必要もなかったですし。

まず、自宅の最寄バス停から都営バスへ。都営バス一日乗車券(ICカードへのデータ付加)を購入しました。ここから何本かバスを乗り継いで浅草へ。この日、JRAでは『NHKマイルC』があったため、人が多かったですねぇ。バスの車内のお客さんも半分以上がウインズの最寄バス停で降りていきました。

20090510akiba ここから東京駅丸の内北口まで『S-1・夢の下町』バスで向かいます。途中、下谷神社と神田明神の神輿に遭遇。社内から拝見させていただきました。

東京駅丸の内北口から徒歩で南口へ。ここから『東98・等々力』に乗って目黒駅に向かいます。この系統は東急バスとの共同運行なので、都営バスを選んで乗ります。タイミングが合わないと、バスを待つ必要があります。

目黒駅からは『品93・大井競馬場』に乗ります。

東98と品93のバスに乗った結論なのですが、目黒駅での乗り継ぎはバス停が離れているのでちょっと面倒です。白金台駅で乗り継いだ方が楽かもしれません。

20090510ooi この日、大井競馬場でもレースが開催。でも夜間開催なので私が乗った昼間の時間帯はそんなにお客さんは乗ってませんでした。途中のショッピングモールまでの親子連れは多かったですが。

終点の大井競馬場からは徒歩で京急の大森海岸駅へ向かいます。気温が上がってきて、暑かったですねぇ。途中、しながわ水族館を通過しました。この時に初めて場所を知りました。大森海岸駅からの多くの親子連れとすれ違いました。

大森海岸駅から京急蒲田駅まで150円。久しぶりに京急に乗りました。やっぱり標準軌は迫力があっていいですねぇ(完全に鉄ちゃんの発言……)。

帰りは再び京急蒲田駅から大森海岸駅へ。さらに徒歩で大井競馬場へ。この日は競馬の開催日なので、品93の帰りのバスは無料でした。ま、一日乗車券だから追加料金はかからないんですけどね。

20090510nihonba 今回は寄り道をしないで帰ったので、ルートは復路も同じです。途中、日本橋でまた神輿と遭遇しました。浅草では競馬で惨敗した方々がたくさん乗ってきました。大荒れの展開でしたから、当然かもしれませんけどね。

今日はこれでおしまい。おつかれさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

都営バス最長路線乗車記・青梅をめざして

こんばんは。

今回は4月26日に行った青梅への旅行記を公開します。

まず、今回の旅を思い立ったのは、『一日乗車券の限界を知る』という目的のためでした。そこで都営バスの最長路線『梅70・柳沢駅~青梅車庫』に挑戦してみようと考えたわけです。

Photo_13 購入したのは『都営まるごときっぷ』です。価格は大人700円です。本来、バスに乗るだけならば『都バス一日乗車券(大人500円)』で良いのですが、都営バスの最長路線では使えないのです。

というのも、最長路線は東京23区外の多摩地域にあり均一料金ではなく、対キロ区間制なのです。つまり、乗った距離に応じて料金が変わるんですね。だから『都バス一日乗車券』の適用外なのです。

でも『都営まるごときっぷ』なら多摩地域でも乗り放題! しかも都営バスだけでなく都営地下鉄、日暮里・舎人ライナー、都電荒川線まで乗れちゃいます。嬉しいですよねっ!

では、本題に入りましょう。

出発は自宅最寄のバス停です。朝一番のバスに乗り、車内で『都営まるごときっぷ』を購入です。お釣りのないように500円玉一枚と100円玉二枚を用意して運転手さんに渡しました。

いくつか系統を乗り継いで到着したのは王子駅。ここから『王78・新宿駅西口』行きに乗りました。この路線も23区内の路線としては長い方です。王子駅から環七通り・青梅街道を経由して新宿に至るルートで、全区間乗ると約一時間かかります。

王子駅から向かったのは、近くに西武新宿線の駅がある『野方駅北口』停留所。徒歩五分程度で野方駅の改札に着きます。ここで注意しなければならないのは、北口から向かう場合、踏み切りを通らなければなりません。時間ギリギリの時には気をつけないといけないですね。

野方駅から西武新宿線に乗り、西武柳沢駅へ。運賃は200円でした。

Photo Photo_2 さあ、ここからいよいよ都営バスの最長路線に乗車、『梅70・青梅車庫』行きです。完全に未知の領域なので、わくわくします。9時10分発のバスでした。

ここから乗車したのは私を含めて数人。中でも一人のお爺さんが終点間際の『東青梅駅北口』まで乗りました。ちなみに、同乗者で全区間乗車をしたのは私一人だけです。当然ですよね……。

Photo_11 途中の区間の乗車率は普通でした。座席が全部埋まるより、少し少ない程度。ただ、例外として東大和市駅からはたくさんのお客さんが乗りました。そこから先はしばらく乗車率が高めです。車内から大和操車所を撮影しました。

乗っていると車窓には「本当にここって東京都内なの?」と疑ってしまうくらい、のどかな景色が広がります。田んぼや畑、山など、緑色が眩しかったですね。

Photo_4 Photo_5 こうして約二時間後に終点に到着。地方の路線バスで二時間かかる系統は珍しくないですし、私は何度も乗った事がありましたが、まさか都営バスでそんな経験が出来るとは……。

Photo_6 Photo_7 終点の青梅車庫から青梅駅前へ引き返し、ここからさらに別の系統に乗ります。『梅01・玉堂美術館(吉野循環)』です。土・休日のみの運行です。平日は途中の『吉野』停留所までしか行きません(梅76丙)。もちろん、この系統でも『都営まるごときっぷ』で乗れます。

Photo_8 Photo_9 01_4 02_3 このバスに約三十分乗り、御嶽駅前で降りました。バス停の横では神社のお祭りか何かの山車が出てました。どうも話を聞いていると、バスが到着する度に太鼓や笛を奏でていたようです。

01_2 02 03 Photo_10 ここから御嶽ケーブルに行っても良かったのですが、時間がないので行かずに付近を散策。駅前には多摩川が流れているのですが、そこではカヌーの大会が開かれていました。それを眺めながら玉堂美術館まで歩き、つり橋を渡って再び御嶽駅前まで戻りました。景色が良かったので、今度は電車で御嶽に来て、ゆっくりと川の付近を散策したいです。

01_3 さて、またバスに乗って青梅駅に戻り、ここから徒歩で青梅鉄道公園へ。入場料は小学生以上100円です。鉄道博物館に比べたらすごく安いっ! 中にいたのはほとんどが幼い子どもとその親(&祖父母)たち。大人だけで来ているのは少なかったですね。

 家族で来るにはいい場所です。安いし、のんびり出来ます。多くの人はお弁当を持ってきて、ピクニック気分です。子ども向けの遊具も充実しています。

02_2 03_2 04 この公園は静態保存された蒸気機関車が主体。でもそのラインナップが結構渋い。E10とかハチロクとか、ドラフトマニアや玄人好みのものばかりです。私は気に入りましたよ。また、建物内には鉄道ジオラマや少量の展示物があります。売店もありますが、鉄道博物館のような大規模なものではなく、売っているのも子ども向けのおもちゃがほとんどです。

なお、この公園に行くためには坂を登らなきゃいけないので、ちょっと疲れます。途中にテニスコートがあって、テニスをしている人たちを見ることが出来ます。自動車で行く場合、小さな駐車場がありますがかなり混んでます。

青梅鉄道公園でしばらくゆっくりと過ごしてから、青梅駅に戻りました。ここから再び来た時と同じ系統のバスで柳沢駅へ戻ります。また二時間……。

駅前のバス停は混んでいるので、歩いて一つ手前の『仲町』停留所まで歩きました。往路の時にそんなに距離が離れていない事を確認済みだったので。本当は青梅車庫まで行きたかったんですけど、バスの時間が迫っていたので仲町にしました。バッチリ、座れました。

こうして西武柳沢駅へ。往路の時とは違い、途中の青梅街道や新青梅街道が混んでいて渋滞に巻き込まれたりもしました。それでも所要時間はあまり変わりませんでしたけど。

西武柳沢駅からは電車で中井駅へ。ここから都営大江戸線に乗ります。もちろん、『都営まるごときっぷ』が使えます。中井から新宿を経由し、都営新宿線で岩本町駅へ。近くにある書泉ブックタワーで本を購入し、バスを乗り継いで自宅へ戻りました。

今回の旅でもいろいろな出会いや発見がありました。しかし、とにかく疲れました。それにしても『都営まるごときっぷ』を東京都交通局に申し訳ないくらい、活用させていただきました。もし現金で利用していたらすごい金額になっちゃいます。機会があったらまた『都営まるごときっぷ』を活用させていただきますよ、東京都交通局さんっ!

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

日光旅行記・日光結構疲れた……

こんばんは。

今日、日光へ行ってきましたので、その旅行記を公開します。

Nikko02 まず、東武鉄道の快速列車で東武日光へ向かいます。その際に使用するのが『まるごと日光 東武フリーパス』です。どうやら切符の名称が少しずつ変化しているようですが、効力は発駅から下今市~東武日光のフリー区間までの往復と、日光地域のバスに乗り放題というもの。これはオススメです。発売は昔は東武トラベルなどに限られていたのですが、現在は各駅の窓口で発売しています。

 

Nikko011 快速の車内でシュールな光景を見ました。優先席で携帯電話を使用する高齢者です。隣のおじさんが驚きながら様子をうかがっています。

東武日光に着くと、まずはJR日光駅へ。バスの始発はJR日光駅なので、確実に座れます。もっとも、今回は乗客が少なかったので徒労に終わりましたが、紅葉のシーズンなどでは有効です。

 

 

Nikko04 Nikko03 ここから霧降高原へ向かいます。日光駅から約30分程度で霧降高原に着きます。私が乗ったのは8時30分発のバスでした。

霧降高原ではリフトを使って途中まで登りました。そして少しだけ自分の足でさらに登ったのですが、天候の悪化に危機を感じたので、すぐにリフトで降りました。事実、少雨が降ってきたりしました(すぐに止みましたが)。

遊歩道はほぼ獣道のようなところで、戦場ヶ原ほどは整備されていません。しかも霧や雨の影響で道は悪いです。そのせいで植物観察はあまり出来ませんでした。

あと、トンボがたくさんいました。その他、たくさんの虫たちが歓迎してくれます。さらに鳥が「ホーホケキョ」と鳴いています。ヒルの被害には遭いませんでしたが、いてもおかしくない環境です。虫やヒルの対策はしておいた方がよろしいでしょう。

Nikko05 Nikko08 Nikko09

とにかく、霧がすごかったです。ちょっと前までは晴れていたのに、あっという間に霧がかかってしまいました。

その影響で、気がついた時には水を浴びたわけでもないのに髪の毛がびしょぬれでした。

ここから今度は大笹牧場へ向かいます。

 

Nikko10 Nikko11 牧場はすでに自動車で訪れたお客さんであふれていました。もちろん、親子連れが多かったですね。車のナンバーは栃木や宇都宮などが多かったです。意外に埼玉、千葉、群馬、東京は少なかったので、ここにもガソリン価格の高騰が影響しているのかもしれません。

 

Nikko12 Nikko13 なんといってもまずはソフトクリームですね。実は食べてから写真を撮っていないことに気付きまして、写真がありません。その代わり、牛串と黒豚入りシューマイ、ヤマメの塩焼きはバッチリ撮りました。いずれもおいしかったですね。

 

Nikko14_2 Nikko16_5 Nikko15_2 Nikko17_3 Nikko18_2 さあ、牧場に来たからには動物と触れ合いましょう。ということで、羊さんにはどこかの親子が餌をあげているのを横から観察。馬さんは長髪でちょっとオシャレ。二頭いたうちの一頭はひたすら雑草を食べていました。小動物の小屋ではウコッケイやウサギと戯れました。

この他にお客さんの連れてきていたペットの犬も多くいました。牧場ではおなじみの豚やヤギの姿が見えなかったのですが、どこにいたのでしょうか?

Nikko19 動物達と遊んだあとは、おいしくお肉をいただきました。ジンギスカンなので、羊さんですね。

私はラムよりもマトンが好きなので、嬉しかったですね。最近のジンギスカンはラムを取り扱う店が多くて、マトンを置いていない店もありますからね。

Nikko20 Nikko21 食事を終えると、館内放送で搾乳体験が出来るとの事なので、私は見るだけですが現場へ。けづやのいい牛さんがいらっしゃいました。

その途中、たくさんの牛さんが草を食べていました。

 

 

Nikko22 Nikko23 この後、東武日光駅へ戻り、駅弁を購入。特急は指定席が完売だったため、区間快速で東京に戻ってきました。途中、新鹿沼付近で外は大雨に。しかし埼玉県に入ると雨は上がっていました。

東京に着くと、ほとんど雨はなかったのですが、自宅に着いてから猛烈な雷雨が襲ってきました。早めに帰宅して正解でした。

やはり、たまに旅行するのはいいですね。特に今回はたくさんの動物と触れ合えましたので、アニマルセラピーって程ではありませんが精神的にリフレッシュです。

ただ、明日はおそらく疲れでダウンしている事でしょう。さあ、早めに休むことにしますか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

日暮里・舎人ライナー旅行記

こんばんは。

本日は東京メトロ・副都心線の開業日です。みなさんがあちらに集まっているので、こちらは空いているだろうと考え、私は少し前に開業した『日暮里・舎人ライナー』に乗ってきました。

20080614_015 こちらは見沼代親水公園駅です。元・舎人二ツ橋というバス停があった付近です。

現在、都営バス、東武バス、国際興業バスの数路線が乗り入れています。

 

20080614_021 乗り心地などは『ゆりかもめ』とたいして変わりません。

ただ、あちらに比べて利用者が少ないので車内は空いています。また、都営の一日乗車券(700円)なら、都電、都営バス、都営地下鉄にも乗れるので、遠くからいらっしゃる方には使いやすいかもしれません。

ただし、都営の一日乗車券はバスだけのもの、都電だけのものなどがあるので購入時には注意が必要です。

20080614_029 帰りにJRの駅にあるキヨスクで面白いものを購入。

これは関西風ですが、関東風もあります(私の買った売店では関東風は売り切れでした)。

今までおでん缶やらラーメン缶、パン缶などがありましたがとうとう駅そばが登場するとは……。

まだ食べていないので味は分かりません。どんなもんなんでしょうかね?

そして最後に近所のカラオケ屋に寄って二時間ほど歌ってきました。いつもなら六時間くらい歌ってるんですけどね。今日は疲れているので二時間で我慢です。

久しぶりに充実した時間を過ごせました。たまにはこういう日もいいですね。さぁ、これからも頑張ろう!

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月 6日 (日)

青春18きっぷが余ったので

こんばんは。

青春18きっぷが余っていたので、磐越東線の乗りつぶしに行ってきました。目的はそれだけだったので、朝早く起きるというわけでもなく、ゆったりと。

新宿で用事を済ませ、湘南新宿ラインで宇都宮へ。

宇都宮から黒磯に行ったのですが、乗継がうまくいかないので那須塩原へ戻りました。

ここから新幹線の切符を買って郡山へワープ。久しぶりに新幹線に乗りました。ほんの数十分でしたが、やっぱり新幹線は速いですね。

磐越東線でいわきへ。501系に乗れるかと期待したのですが、あいにく来ませんでした。いわきから勝田へ向かい、勝田から上野行きに乗りました。途中、石岡で特急の通過待ちをしたのですが、鹿島鉄道の痕跡がかなりなくなっていました。ああ、寂しいものです。

今回はこれで終わったのですが、あと一回、青春18きっぷが残っているので、今度は西方面に日帰り旅行に行きたいですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

新潟乗り潰し旅行記・ああ、立ち食いそばよ……

こんにちは。

今日は先週に行ってきた新潟の乗り潰し旅行記を公開します。

青春18きっぷのシーズンが開幕したので、空席を調べていたら週末の「ムーンライトえちご(新宿~新潟の夜行快速列車です)」で空いているのは14日しかなかったので、有無を言わさず旅行日が決定しました。

「ムーンライトえちご(以下、MLえちご)」に乗るのは実に十数年ぶり。当時はまだ車輌が165系で行き先は村上、列車名も単純に「ムーンライト」の時代でした。

新宿駅に着くと時間があるので車輌の撮影。親子連れも携帯電話のカメラで撮影をしていたりして、ここにもほのぼのとした光景です。ただ、めちゃくちゃ寒いのでさっさと車輌に戻りました。

座席は通路側を指定して取りました。すぐに寝るつもりがなく、トイレなどに行きやすく、通路に多少足を伸ばせるためです。窓側だと隣に人が来たら頻繁に出入りできませんからね。

MLえちごが発車すると、車内放送。ここでいきなりの事件です。なんと次の停車駅案内を間違えました。次は池袋なのに大宮と案内。放送終了後、一分ほどして訂正放送が入りました。

その後、高崎で後続の急行「能登」を見送り、MLえちごも発車。この時点で隣に誰も来ないので、次の停車駅である長岡までゆったりと使えます。結局は新潟まで隣は誰も来なかったんですけどね。

MLえちごに乗って気がついたのは、指定席券を持たずに乗る客が多いって事です。私の乗っていた車両では新宿と池袋から大宮・高崎までしか乗らない客が多く、今回に限って言えば車内検札が間に合わずにみんな降りていきました。確信犯なんでしょうかね?

新潟からはロングシート車両に乗って村上へ。以前に乗った時は村上での乗り換えは進行方向前よりの階段を使って乗り換えていました。だから降りる前に気合を入れて待っていたら、同一ホーム・同一番線の前方に乗り継ぎ列車が。うーむ、これなら楽だ。「ムーンライトながら」の大垣駅から米原方面乗り継ぎも同じようにしてほしい(今は改善されたのかしら?)。

新潟発村上行きの快速列車は村上駅直前で走ったり止まったりを繰り返します。新潟発車直後の車内放送でもその旨を放送していました。その理由はこの同一番線に停車するためだったのだと、村上駅に到着して気がつきました。ようするに、ATSの関係だったんですね。

さて、ここから私は極秘任務のため、羽越本線を北上。某駅で下車して用事を済ませると、次の列車まで一時間以上あるので駅前を観光しました。と言っても無人駅で駅前には何もないんですけどね。

少し歩くと海岸に突き出した地続きの島に神社があり、そこを観光。しかし参道は冬の荒い日本海の荒波で通れません。すると犬の散歩をしていたおばあさんが、

「反対側にまわれば行けるよ」

と教えてくれました。お礼を言って私は反対側に回ります。そこはテトラポッドが積んであって波に濡れずに通れました。神社から先ほどの参道を見ると、強烈な波が押し寄せています。濡れるどころか波にさらわれてお陀仏です。いやいや、海が穏やかな時に来たいです。

駅に戻ると近所のおばさんが掃除をしていました。おはようございまーす(この時点でまだ朝8時代)と挨拶をしました。一応、管理をしている人はいるようです。

列車に乗り、再び村上へ。車内ではご高齢の車掌さんが検札に来ました。私の青春18きっぷを見て、

「村上の先まで行きますか?」

と訊いてきたので、そうですと答えると、

「次の列車は乗り継ぎがすぐなので、気をつけてください。ホームは隣の○番線ですよ」

と、丁寧に教えてくれました。こういうちょっとした気遣いというか、サービスはうれしいものです。車掌さんがみんなこういう人ならいいのに。

村上から乗り換えて新発田で下車。新発田~新津の乗り潰しをします。ここで立ち食いそばでも食べようと思っていたら、駅前になし。仕方なくコンビニでおにぎりを買って待合室で食べました。

20071223_061 待合室にはテレビがあって、NHKのニュースで佐世保の銃乱射事件の犯人が自殺していたとの報道がありました。このあと、ホームには「きらきらうえつ」が入線。発車後にはキハ52が来ました。

新津到着後、信越本線で東三条へ。東三条から弥彦線で弥彦に向かいます。東三条にも立ち食いそばがない。しかし、新津駅の改札前には駅弁屋さんが売りに来ていました。神尾商事さんと三新軒さんです。もち豚まいたけ弁当(神尾商事)を購入。これ、オススメです。また、団子(三新軒)を購入。こちらもおいしい。

20071223_065 弥彦に着くと、折り返しの電車まで時間があるので近くを散策。雨が降っていたので、すぐに駅に戻っちゃいましたけどね。ここでキヨスクで飲み物を買ってストーブの前で列車を待っていました。ここの待合室は灯油ストーブを囲むようにベンチが設置されています。そのすぐ隣にキヨスクがあります。トイレだけは外に行かないとダメですけどね。

弥彦線で吉田に戻り、越後線に乗り換えて柏崎へ。柏崎の駅に着くと、あの地震で列車が傾いていたホームへ。柏崎の駅にも立ち食いソバ屋がない。なんてこったい。

再び越後線で新潟へ。さすがに新潟駅には立ち食いソバ屋がありましたけど。駅前のファミレスと駅構内のゲームセンターで時間を潰し、新宿行きのMLえちごで東京に戻ってきました。今度はすぐに寝る予定だったので、窓側の席を取ってあります。しかし結局誰も隣に来ませんでした。

しかし、斜め前の席に座っていた席の老夫婦が車掌さんがなにやら説明。どうやらきっぷの日付が前日だった様子。そうなんですよね、夜行列車は間違えて買ってしまったり、乗ってしまったりする人がいますから。もう少し分かりやすく券面の表記を変えるなり、発売時に社員が説明をするべきではないのかと思います。

余談ですが、帰りに大宮から京浜東北線に乗り換えたんですけど、209系、かなりガタがきてました。発車・停車時に異常な揺れを繰り返します。整備不良じゃないの? と思えてしまいます。脱線事故が怖いので一番後ろの車輌に移動しました。

こうして新潟地域は乗り潰しがほぼ終了。残った青春18きっぷは来年早々に使おうと思っています。個人的には臨時の快速「エアポート常磐(上野~我孫子~成田空港)」には乗っておきたい……。車輌は183・189系らしいですし。485系ではない所が面白い。

下りは全車指定席だけど、上りは全車自由席だから乗るなら上りかなぁ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

鉄道博物館に行ってきました

こんばんは。

本日オープンになった鉄道博物館に行ってきました。いやいや、すごい人の数でした。

まず大宮駅から埼玉新都市交通ニューシャトルに乗って鉄道博物館駅へ。今日から駅名が変わったんですね。昨日までは大成駅でした。

鉄道博物館駅に着いたのは10時30分ごろ。すでに長蛇の列です。そこに並んで一時間くらいすると、衝撃の事実が。実は私は「テッパクラブ」の会員なのですが、入り口は別で、並ばなくてもすぐに入れる状態だったのです。うーむ、一時間も損した。

中に入ると、すでに食堂は満席状態。本当はカレーライスを食べたかったんですけどね。

屋外展示や館内の展示をゆっくりと見てまわった後、お土産コーナーへ。ここでも人が多くて土産物屋に入るのにも列に並ばなければならないんです。ここでオリジナルグッズを購入しました。

外に出ると、あれだけあった人の列がなくなっていました。どうやら、あまりにも人が集まりすぎたため、入場を中止したようでした。入り口では警備員と中に入れなかった人がもめていました。

今日は最初からゆっくり見られるとは思っていないので、もう少しして空いてから見に行こうと思っています。……にしても、あの人の数には参った。

余談ですが、帰りの電車が人身事故で遅れていました。あれならもう少し博物館にいてもよかったかなぁと思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

20071014_001 20071014_009 20071014_010 20071014_011 20071014_012 20071014_014 20071014_016 20071014_018 20071014_027 20071014_031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

乗りつぶし旅行記その2

こんばんは。

先日、関東の乗りつぶしがほぼ終了しましたのでその報告です。

初日は川越線経由で高麗川へ。ここから八高線で高崎に向かいます。高麗川で乗り換え時間があったので、何か食べようと思ったら駅前には何もないですねー。仕方なく、コンビニでおにぎりを買って食べました。

高崎に着いたら乗り換え時間わずかで吾妻線大前行きへ。大前まで行くのは本数が少ないですからねぇ。この車内で出会った親子連れが、ほぼ私と同じルートだったようで、小海線まで顔を見ました。

さてさて、大前で写真撮影。大前から万座・鹿沢口へ戻ります。ここからバスで軽井沢へ。多くの客はすぐに接続するバスに乗って行きましたが、次のバスに乗ってもしなの鉄道への乗り継ぎに時間的余裕があったので次のバスに乗りました。案の定、ガラガラでしたよ。前のバスは大混雑でしたから、一本ずらして正解です。

軽井沢に向かう途中、道路が大渋滞でした。中軽井沢駅に遅れて到着。次に小諸へ向かいます。小諸から小海線で佐久平へ。以前、小淵沢から小海線に乗った時はここで新幹線に乗ってしまったので、ここから次の列車で小諸に引き返します。

小諸からはしなの鉄道で軽井沢へ。軽井沢でおぎのやの釜飯を食べ、バスで横川へ。この時も道路が大渋滞。バスの運転手さんが無線で駅に連絡してくれて、無事に高崎行き普通列車に接続。

初日はこれで終了です。

二日目は東金線へ。大網から成東へ。ここから佐倉、成田空港へ。

飛行機嫌いな私は、はじめて成田空港に行きました。しかし、飛行機に乗らないのに成田空港に行くなんて……。

成田へ戻り、鹿島神宮行きに乗って鹿島線へ。鹿島線の景色はいいですねー。また涼しい時期に写真を撮りに行きたいですよ。

鹿島神宮から鹿島臨海鉄道へ。水戸まで乗ります。水戸からは水郡線の常陸太田へ。そのまま折り返して水戸へ戻ると常磐線が落雷の影響で遅れていました。これで東京に戻りました。

二日目は終了。続いて三日目、両毛線と烏山線へ行きました。これでほぼ首都圏JRの乗りつぶしが終了。

あとは日光線宇都宮~今市のみです。次は冬の18きっぷシーズンになりますでしょうか? 今月にも鉄道の日関連きっぷがありますが、ちょっと休みたいですしね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

Nori01 Nori02 Nori03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

乗りつぶし旅行記その1・空白地域、神奈川県が終わった

こんばんは。

18日、やっと涼しくなったので、乗りつぶし空白地域だった神奈川県・他に乗りつぶしに行きました。

まず、京浜東北線で鶴見駅へ。ここから鶴見線に乗ります。鶴見線ホームに出るのに、わざわざ改札を通らないといけないので、自動改札から少し離れた有人改札へ。

扇町行きに乗って浅野駅へ。いやぁ、この駅の形、ゴールデンウィークに行った富山地鉄にもありましたねぇ。

ここから後続の列車で安善駅へ。ここで大川行きを待ちます。土曜日は本数が少ないので、とにかく大川が優先になってしまいますね。

ここで大川駅の列車に乗り、武蔵白石の直前で右へカーブ! 大川駅に着きました。折り返しに乗って弁天橋駅へ。

弁天橋着の列車を見送り、海芝浦へ。この駅、駅を出たらすぐ企業の敷地なんですよね。ここから再び鶴見に戻り、扇町へ。

扇町ではJR貨物の事務所もすぐそばにありました。次は、浜川崎。ここから南部支線に乗ります。

尻手に着き、川崎へ行くと同時にすぐにUターン。立川へ。立川から府中本町に戻り、武蔵野線へ。

そのまま武蔵浦和で埼京線。快速川越行きに乗り、川越へ。川越から八高線経由で拝島へ。拝島から五日市線に乗ります。

拝島でおそばを食べました。ああ、やっとまともな食事できた。

五日市で折り返し、拝島から八王子へ。八王子からは横浜線。横浜で東海道線に乗り、茅ヶ崎へ。横浜ではシウマイ食べたかった……。

茅ヶ崎から相模線に乗ります。橋本駅まで行き、横浜線に乗り、八王子へ。

ここから、八高線で……と行きたい所でしたが、夜に用事があったので中央特快で東京へ。いやぁ、特快は速いですねぇ。あっという間に東京駅ですよ。

ちなみに、八王子では長野支社色115系立川行きが来ましたが、座って東京に戻りたいので我慢しました。

はいー、ここまで電車に乗りっぱなしで、写真がほとんど撮れませんでした。写真は少しですが、下で紹介します。

 

2007081801 2007081802 2007081803 2007081804 2007081805 2007081806 2007081807 2007081808 2007081809

 

 

 

今まであまり神奈川県に縁がなかったので、ほとんど空白域だったのですが、これでかなりつぶせました。さあ、これから涼しくなります。今度の日曜日も体調がよければ乗りつぶしに行こうと思っています。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)