鉄道

2013年1月 4日 (金)

駅弁大会のチラシを見て、最近の駅弁に対する意見

 こんばんは。

 来週(1月10日)から東京・新宿の京王百貨店で毎年恒例の駅弁大会が開催されます。私もいつも参加していて、今年もチラシをチェックしてみました。それを見ていてちょっと気になることがあったので書いてみます。

 以前、ラインナップがマンネリ化してきているなぁというようなことを書いたかもしれませんが、それに関しては改善されてきています。新しく登場する駅弁も増え、毎年の楽しみが増えました。もちろん、人気の駅弁は引き続き販売されているので古参のファンも満足だと思います。

 新しい駅弁に関しては、一般の食品と同様に毎年新作が多数投入されているので、会場での新登場があるのは当然かもしれません。一方で個人的に気に入っていた駅弁が消えてしまい、それに関しては寂しい限りです。まぁ、この『新陳代謝』は仕方ないのかもしれません。

 

 さて、ここまでは前座といいますか、本題はこれからです。今回、チラシを見ていて思ったのは『全体的に駅弁の価格が上がってきた』ということです。

 世間の物価上昇に伴って、時を経るごとに価格が上がるのは分かります。しかしこのデフレの中でも駅弁は価格が上がってきているのです。この理由としては、駅弁の主な購入者層が比較的金銭に余裕のある年代(団塊の世代)になってきている(業者もその年代を想定している)からではないかと思います。

 また、鉄道ファンなども趣味にはお金を投入しますから、多少の値上げがあっても買います。

 ただし――!

 個人的にはこの価格上昇があまりいい流れとは思えません。確かに今はいいですが、将来的には客離れにつながると考えるからです。というのも、1コ1000円以上の駅弁が主体となっては、今後の主要な顧客となるであろう若い世代が現在買いにくいです。結局は外食チェーン店やコンビニのおにぎり・パン・弁当などへ流れてしまいます。

 結果、若い世代は駅弁を購入しなくなり、のちのち駅弁業者(自分自身)の首を絞めることに繋がります。

 また、特に私が危惧しているのが『駅弁業者が駅弁というものの本来の意味を忘れ、購入者のことを考えていない』ということです。具体的にいうと、それも前述した『価格』に関わることです。

 価格が上昇したことにより、多くの駅弁の価格は1000円以上になりました。だいたい1100~1600円くらいのものも当たり前になってきています。でもここで考えてみてください。

『なぜそんな半端な価格なのか?』

 旅をしている途中に購入するのに、そんな半端な価格ではお金のやりとりが面倒でしょう? 今では列車の停車中に買うということは少なくなったかもしれませんが、それでも急いで列車を乗り継がなければならないという状況はあります。そういう時に駅弁屋さんで買う際に半端な価格だと、お金のやり取りに手間取って購入者が困ります。

 市販の食品には、価格を据え置きにして中身の量を減らすという対応をしているものがあります。駅弁ではなぜそれができないのか? ましてや移動中に購入することも多いのが駅弁なのですから、そうした点に気配りがあってもいいのではないでしょうか? 

 確かに味は大事かもしれませんが、駅弁を買う時の購入者のことを考えた価格設定があってもいいと思うのです。

 事実、駅弁大会でも来場者がべらぼうに多く、半端な価格では買う時に面倒です。店だって回転率が悪くなるのではないですか? もう全部の駅弁が税込み1000円とか500円とか、きりのいい価格設定にしてくれればいいのにと思います。

 最近は駅弁を題材にしたマンガや小説、特集記事などが増えましたが、こういう点に言及している作品がほとんどない。だいたいが味はどうとか中身がどうとか、そんなのばっかりです。

 なんというか、駅弁という題材をエサにしているだけで、駅弁に対する愛があまり感じられないんですよね。まぁ、私もそういうものの裏に『大人の事情』があるのは知っていますから、今回はあんまり噛みつきませんけどね。

 

 以上、駅弁を愛するが故の個人的な意見でした。ぶっちゃけ、それぞれがそれぞれに駅弁を楽しめばいいんだとは思います。ただ、なんとなく気が向いたので書いてみました。

 今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

JR東日本パスが発売されましたが

こんばんは。

先日、JR東日本パスというトクトクきっぷ(特別企画乗車券)が発売されました。これは価格1万円で、指定された期間のうちの1日にJR東日本(および一部の他社線)内の列車が乗り放題というもの。しかも今回は新幹線や特急の自由席にも乗り放題との事。

以前、JR発足何周年だかに発売された特企券とほぼ同じ効力ですね。

今回は指定席に関しては2回までという制約があります。ただ、〔はやぶさ〕も利用できるそうです。

問題なのは、肝心のダイヤ。〔はやぶさ〕の本数は少ないですし、例えば東京~新青森まで新幹線を利用するにしても通常の〔はやて1号〕がない(臨時ダイヤでの運転になっているため)ので、北東北へ行く際には単独での使用が少し難しいかもしれません。

要するに、何枚かの特企券や別の交通機関を組み合わせる必要があるわけです。それでも通常よりはお得ですけどね。

それに優等列車を乗りつくしたいという人にはいいきっぷでしょう。

それと東北から東京への片道用の新幹線トクトクきっぷもありますし、今回は使いようによってはかなりお得かもしれません。まぁ、大型連休の客足の落ち込みもありますし、ボランティアの方に利用してほしいということだけでなく、少しでも鉄道ファンに利用してほしいというのもあるのでしょうね(6月は閑散期ですから)。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

久しぶりに鉄道の話題

こんばんは。

昨日、東北新幹線にE5系〔はやぶさ〕がデビューし、世間は大賑わいでした。また、大宮では蒸気機関車C61形が試運転を行ったとの事。鉄道ファンにとっては忙しい一日でしたね。

次は九州新幹線・鹿児島ルートの開通と〔さくら〕〔みずほ〕のデビューですね。さらにその後には北陸新幹線と北海道新幹線の部分開業が控えています。さらにその次には中央リニアの着工へと続きます。

こうして高速鉄道網が整備されていくわけですが、その裏には平行在来線の第三セクターへの移行と地元利用者の利便性悪化があります。

現在、平行在来線としては、しなの鉄道とIGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道、肥薩おれんじ鉄道があるわけですが、いずれも運賃はJR時代に比べて上がっています。さらに車輌の短編成化や運行本数減少など、色々なデメリットもあるのです。

そういう意味では、特に鉄道利用の学生さんへの影響が大きいかもしれませんね。

こうした影の部分を取り上げているマスコミは少ないです。もっとメリット・デメリットの両面を取り上げて報道をしてほしいなぁと個人的には思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

JR東日本・12月4日改正のプレス発表がありました

こんばんは。

JR東日本の12月4日改正のプレス発表がありました。それによると、おおまかには新幹線の新青森開業関連と東京メガループ関連の二つが中心のようです。メジャーな内容に関しては該当のホームページを見ていただくとして、ここでは個人的な感想を述べてみたいと思います。

まず新青森開業関連ですが、特急〔いなほ・かもしか・つがる〕が〔つがる〕に統一され、運行区間が青森~秋田となります。〔スーパー白鳥・白鳥〕は新青森・青森~函館へ区間短縮です。

注目なのは、青森~新青森間(各駅間相互利用)は乗車券のみで特急自由席が利用可能になるという事です。この措置はJR九州での宮崎空港~宮崎と同様ですね。

また、新幹線の乗り継ぎ割引対象駅が、八戸から青森・新青森へ変更になります。これは色々と応用がききそうですねぇ(鉄っちゃん的思考でゴメン)。ただ、それをここで書いてしまうと、JR側に事前対抗措置をとられそうなので黙っておきます。鉄っちゃんなら私がこの制度変更を利用して何を考えているか、分かるはずですしね。

あとはリゾート関連新型車両が導入ってことくらいでしょうかね。新幹線そのものの系統分離や本数変更などは興味ないですし。

東京メガループ関連ですが、実はあんまり関心がないので書く事はありません。例えば、南武線に快速が増えても(2011年3月改正時から)私は沿線住民ではないので滅多に利用しませんし。

ただ、関東の特急に廃止や臨時化が相次ぐのには注目しています。これはおそらく、高速道路の割引制度が影響して中・短距離の特急利用者が減少したからではないでしょうか。

この本数削減によって高崎地域の185系にいよいよ引退圧力がかかってきます。余剰になった房総のE257系は中央や高崎へ転属の可能性もありますが、順番としてはその前に255系が引退でしょうね。

現段階ではまだ明らかになっていない改正関連情報もありそうです(個人的にはあると思っていますが。例えば、日本海縦貫関連の詳細情報がまだ発表されていないので)。今後も注視していきたいと思います。

こうしてまた鉄道の高速化と都市間輸送化が進んでいくんですね。そして利用客の少ない線区は廃止へとつながっていく。ローカル派の私としては寂しい限りです。ゆっくりとした、旅情のある鉄道旅行が失われていくのは残念ですがこれも時代の流れなんでしょう。

でもせっかく世界に誇る鉄道網が縮小するのは地球温暖化防止の流れと逆行しているような気がするのですよね。アメリカは鉄道の整備をしていますし、ヨーロッパでは路面電車が見直されていますし。結局は営利市場主義なんですよね。でも公共交通機関としての鉄道の役割や機能ももっと評価してほしいです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

東京の地下鉄統合についての私見

こんばんは。

ここ最近になって、東京地下鉄(東京メトロ)と都営地下鉄の統合の話がよく報道されています。テレビ各局での取り上げ方としては、大筋では同じような事が説明されていました。少しずつ分析が違っている所はありましたけど、基本的には街に出て利用者にインタビューし、

「統合した方が便利です」

「運賃が別だから、一緒ならいい」

「別だと乗り換えに手間がかかる」

という感じの声を集めていました。

私の個人的な意見ですが、中には統合に反対という人や意見もあったはずなのですけどね。そういう意見をいう人が本当にいなかった可能性もありますが、それが排除されてしまっているニオイがしますねぇー。

客観的にざっと見て、統合された方が利用者のメリットが多いのは事実です。大まかには料金面、利便性、分かりやすさなどがあります。

一方で統合の問題になるのは都営地下鉄の累積赤字と債務で、これは各局でも報道されていました。その反論として、都の副知事はここ数年の財務状況の改善と黒字化を果たしているということを述べていました。

でもこれだけを見て判断をしてよいのでしょうか? この黒字化について疑問点があります。

それは料金面の違いについてです。二社の初乗り運賃や料金体系が異なっている事まではどのテレビ局も説明していました。でもそういう意味ではありません。

都営地下鉄はメトロに比べて料金が高いわけで、もし統合という話になれば利用者の立場を考えると安い方の料金体系に合わさざるを得ないでしょう。そうでないと利用者の反発が強いですからね。統合反対の声だって大きくなります。

料金体系を安い方に合わせた場合を考えると、都営地下鉄の利用状況をメトロの料金体系で計算しなおし、その状態で比較しないと統合後も黒字を維持できるかが不明なのです。料金体系が違うままだったら比較してもあまり意味がありません。

それに合併したからといって単純に利益を足して計算できるというものではありません。今まで別々に利用していた人もいるわけで、合併して通しの料金で計算できるようになったらその分の利益が減るのですから。ただ、合併によるコスト削減という効果はあります。

次に債務の問題に関してですが、合併したら単純に債務が増えます。メトロは株式上場を目指しているわけですから、債務の増えた会社の企業価値が大きく上がるとは思えません。だって合併する事で利用客が大きく増えるわけではないのですから(利便性向上により、多少は増える可能性はあります)。

現在のメトロの株主は国と東京都な訳で、日本全体のこと(日本国の財政)を考えれば高く株が売れた方がよいのです。そういう意味で国土交通省は価値の減少につながりかねない合併を嫌がるわけです。

以上のいくつかの事を考えれば、このままもうしばらく合併をしない方がよいという見方もあるのです。

かといって、しばらく待とうにも『メトロの株式売却は速やかに』となっているわけですから難しいのですけどね。

合併は利便性向上などのメリットがある反面、現時点では日本の財政という点などでデメリットがあるのです。ここまで深く丁寧に説明してくれたニュース番組はなかったように思います。もしかしたら、元NHKアナウンサーの池●さんが近いうちにどこかの番組で解説してくれるかもしれませんけどね。

――最後にすごく個人的な意見として、合併に反対なんですよね。だって都営交通を一日に限り乗り放題の『都営まるごときっぷ』で都営地下鉄に乗れなくなっちゃいそうですから。乗れるように設定されたとしても、おそらく値上げは必至だもん……。はい、鉄っちゃんの意見でしたっ!

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

ようやく発表!

こんばんは。

今年の夏の利用分が不明だった『北海道&東日本パス』ですが、ようやく公式発表がありました。しかも効力にかなりの修正が。

まず有効期間が『連続する5日→連続する7日』に延長され、しかもお値段は据え置きの1万円! これは嬉しい! 旅行の幅や計画が広がります。

一方、自由席に乗り放題だった急行〔はまなす〕ですが、乗り放題ではなくなりました。ただし、料金券を購入すれば急行列車の自由席・指定席も利用可能に。つまり急行〔きたぐに〕や臨時急行〔能登〕〔ぶらり鎌倉〕なども使えるということになります。使い方次第では選択肢が広がりますね。

ちなみに急行〔はまなす〕の場合、青森~札幌の急行料金は1260円ですから、トータルでは多少の値上げとなってしまいます。その分有効期間が延びたので、トントンといった感じでしょうか。

なお、その他の効力や三陸鉄道の割引切符購入権、ユースホステルの割引などは継続となっています。

いやぁ、それにしても安心しました。今まで発表がなかったので、発売終了かと思いましたよ。実は今年の夏~晩夏に旅行しようと思っていて、このきっぷの発売がなかったら青春18きっぷにしようとしてましたからねぇ。北海道&東日本パスの方が1500円安いので、食事一回分くらいは豪華に出来ます。

予定も今から練り直しです。でも有効期間が延びた事による計画変更ですから、全然苦になりません。

さてさて、まずは新たな机上旅行で楽しむとしましょうかねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

伝統愛称の『はやぶさ』が復活! 12月ダイヤ改正か?

こんばんは。

東北新幹線の新青森延伸が12月4日に決定しました。そして速達タイプの列車愛称は伝統愛称の一つである『はやぶさ』に!

いやぁ、JR九州が伝統愛称をいっぱい使っちゃうもんだから、確保しておこうという気になったんでしょうかねぇ。

ちなみに『はやぶさ』は第七位だったそうです。うん、最初から分かっていた事ですが、愛称募集はあんまり意味ありませんでしたね。

第一位は『はつかり』、以下『はつね』『みちのく』だったそうで。やはり『はつかり』は北海道新幹線のために残しておくようですね。

『はつね』も悪くなかったとは思いますけどね。イメージが柔らか過ぎたのでしょうか? 一部では『初音ミク』と色が似ているからって意見も。うーむ、私としては予想してなかった。言われてみればなるほどねって感じです。

『みちのく』はすでに『きらきらみちのく』で使っているので避けたというところでしょうか。

今回の発表で少なくともJR東日本は12月4日にダイヤ改正があることが判明しましたね。最初はE2系で新青森まで、E5系投入は3月以降となるそうです。――つまり3月にもう一度ダイヤ改正(あるいは修正)があるでしょう。

まぁ、3月改正があるとして、東日本というよりは東海や西日本などが中心になるでしょう。

12月改正に関しては、引きづられる形でJR北海道も津軽海峡線や函館本線の接続関連で改正。また、東北本線の平行在来線(青い森鉄道)と離れ小島になる大湊線も改正ですね。当然、JR貨物も絡みます。

あとは日本海縦貫も『つがる』『いなほ』『かもしか』関係と寝台列車を改正。ここで『あけぼの』が廃止(奇跡が起きれば臨時列車で残る? たぶん難しいよなぁ……)になる可能性が出てきました。

なお、これらの影響でまたしても『トクトクきっぷ』が大幅に変更されるでしょう。

さて、現段階では形の見えない3月改正ですが、とりあえず東海・西日本は東海道・山陽新幹線の改正は容易に予想がつきますね。また、今後の九州新幹線の工事の進捗状況によっては西日本と九州で大幅に変更される可能性があります。

改正関連については全てあくまでも勝手な想像ですが、幅広い利用者の利便性を考えた『改正』であってほしいものです。最近は結構『改悪』が見受けられますからねぇ。

でも勝手な想像でも楽しめてしまうのが鉄っちゃんの特権ですよねっ♪

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

また消えゆく……

こんばんは。

明日、JRのダイヤ改正があります。これにより、寝台特急〔北陸〕が廃止、夜行急行〔能登〕は臨時化され車輌が489系(ボンネット)から485系へ。大糸線はキハ52が引退となります。

いずれも間際では混雑が予想されるため、私は昨年末に行ってきました。その模様は旅行記にして近々(5月頃を予定)写真と共に公開します。

それにしても、また国鉄の名残が消えてしまうのですね。寿命と時代の流れにより消えるのは仕方のない事ですが、やはり寂しいものです。SLのようにイベント列車として動態保存されればよいのですが、全ての車輌でそれをやるわけにもいかないですしね。

乗り心地や省エネ性能などは新型車輌の方が上ですが、古い車輌には『思い出』や『歴史』といったものがあります。現在の新型車両もいつかは引退します。むしろ寿命だけ考えれば現在の車輌の方が短いでしょう。

古い車輌はとにかく頑丈に作って長い期間使用する事が想定されています。でも現在の考え方は寿命を短く、どんどん新しい車輌に切り替えていく事で結果的によりよい性能やサービスを提供・享受しようというものになっています。どちらの考え方もその時代背景を反映していますし、理解も出来ます。

運用の長さに限らず、どんな車輌にも想いをはせる人がいるという事。引退する車輌には「お疲れ様」、新しい車輌には「これからよろしく」と声をかけ、どちらも愛し続けていくというのがよいのではないでしょうか。

ただし、行過ぎた愛情はいけません。鉄道はみんなのものであり、最低限のマナーを守っていきましょう。一部の人のせいで鉄道を愛する人たちみんなが誤解を受けたり制限をされてしまっては悲しいですからね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

暴挙! トクトクきっぷ大幅削減!

こんばんは。

JR東日本から発売されている『トクトクきっぷ』が、2月以降に大幅削減されます。特急利用の回数券類は別に影響は少ないのですが、その他の『フリー系』が大打撃です。

まず、首都圏から北海道への鉄道旅行で重宝していた『ぐるり北海道フリー』が廃止になります。これは北斗星などのB寝台または新幹線が利用でき、北海道内では特急に乗り放題というもの。この廃止は辛い!

私はJR北海道を乗りつぶし終了しているのですが、今後は経路に縛られる事なくこのきっぷで自由に乗ろうとしていたのに……。

そして『土日きっぷ』が廃止され、変わりに価格を下げて普通列車乗り放題のきっぷを新設するとか。青春18と異なるのは、料金券追加で特急や新幹線に乗れるというもの。

バカなっ! 土日きっぷの最大のメリットは新幹線や特急に乗り放題という点なのに! まさに暴挙! これなら夏休み期間などに青春18とか北海道&東日本パスを使うっつーのっ! 

ただでさえ高速道路(自家用車やレンタカー)や高速バスに客を取られているというのに、これではますます鉄道の利用者が減るってばよっ! 

そして各種回数券や周遊きっぷのゾーン削減。こちらは利用実態に即しているのでしょうが、ビジネスマンなどにとっては痛手かも。

これらの経営戦略はいかがなものか? これから少子高齢化が進むというのに、鉄道利用者を減らすような施策をしてどーする? とうとう鉄道にも格差社会(金持ちだけが優等列車を利用し、貧乏人は普通列車しか使えない)がやってきたという事か……。

また色々な人たちの恨みを買うような気がするんだけどなぁ……。鉄っちゃんを怒らせると怖いってのは、鉄道会社の社員も分かってるはずなのになぁ。

――ボク、しーらないっと!

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

2010年3月13日改正・能登と北陸廃止→臨時へ

こんばんは。

JR各社から2010年3月改正のプレスリリースが出ました。改正日は3月13日とのこと。実は私はもっと前から改正日が分かっていた(予測済みだった)んですねぇ。――別にこれは関係者でなくても誰でも推測する事が出来ます。この話はいずれ機会があれば!

さて先日、某新聞社に掲載された『能登』『北陸』が廃止という情報はどうやらだれかのすっぱ抜きだったようですね。プレス情報に臨時化と正式に発表されました。

ずーっと廃止の話が出ていたのに最後まで残っていた『能登』『北陸』もついにこの時がやってきましたか……。ま、以前にこのブログの記事に書きましたが、北陸新幹線がらみで遅かれ早かれ廃止だとは思ってましたけどね。しかし二本とも同時に廃止とは……。

臨時化といえば、やはり中央本線の急行『アルプス』のようにムーンライト(快速)化ということなのでしょうかねぇ。

しかも西日本では雷鳥が新型車輌に置き換えられてたった一往復になってしまったり、その他の列車でも臨時化や停車駅縮小などネガティブな情報ばかり。明るいニュースはビッグⅩの利便性向上くらいでしょうか。

東日本では武蔵小杉関係の改正が主体ですね。また、N'EXや京浜東北、京葉などに新型車輌投入など。

北海道は六社プレスしか発表していないので、おそらくは貨物関係と一部時刻の修正程度でしょう。

東海は新幹線関係のみ。相変わらずですなぁ……。

四国は臨時『あしずり』の廃止がある一方、『南風』などの延長運転、普通列車に新型気動車の導入など。

九州はまだ不明です。が、六社プレスにトピックスがないのでそんなに大きな変化はないでしょう。それよりも山陽・九州新幹線の愛称が予想通り『さくら』に決まった事が目新しい情報でしょうかねぇ。

今回は主に本州三社の優等列車関係で大きな動きがあるようです。でも私の個人的な意見では面白味に欠けますねぇ。春臨に期待しましょう。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧