趣味

2013年1月 4日 (金)

駅弁大会のチラシを見て、最近の駅弁に対する意見

 こんばんは。

 来週(1月10日)から東京・新宿の京王百貨店で毎年恒例の駅弁大会が開催されます。私もいつも参加していて、今年もチラシをチェックしてみました。それを見ていてちょっと気になることがあったので書いてみます。

 以前、ラインナップがマンネリ化してきているなぁというようなことを書いたかもしれませんが、それに関しては改善されてきています。新しく登場する駅弁も増え、毎年の楽しみが増えました。もちろん、人気の駅弁は引き続き販売されているので古参のファンも満足だと思います。

 新しい駅弁に関しては、一般の食品と同様に毎年新作が多数投入されているので、会場での新登場があるのは当然かもしれません。一方で個人的に気に入っていた駅弁が消えてしまい、それに関しては寂しい限りです。まぁ、この『新陳代謝』は仕方ないのかもしれません。

 

 さて、ここまでは前座といいますか、本題はこれからです。今回、チラシを見ていて思ったのは『全体的に駅弁の価格が上がってきた』ということです。

 世間の物価上昇に伴って、時を経るごとに価格が上がるのは分かります。しかしこのデフレの中でも駅弁は価格が上がってきているのです。この理由としては、駅弁の主な購入者層が比較的金銭に余裕のある年代(団塊の世代)になってきている(業者もその年代を想定している)からではないかと思います。

 また、鉄道ファンなども趣味にはお金を投入しますから、多少の値上げがあっても買います。

 ただし――!

 個人的にはこの価格上昇があまりいい流れとは思えません。確かに今はいいですが、将来的には客離れにつながると考えるからです。というのも、1コ1000円以上の駅弁が主体となっては、今後の主要な顧客となるであろう若い世代が現在買いにくいです。結局は外食チェーン店やコンビニのおにぎり・パン・弁当などへ流れてしまいます。

 結果、若い世代は駅弁を購入しなくなり、のちのち駅弁業者(自分自身)の首を絞めることに繋がります。

 また、特に私が危惧しているのが『駅弁業者が駅弁というものの本来の意味を忘れ、購入者のことを考えていない』ということです。具体的にいうと、それも前述した『価格』に関わることです。

 価格が上昇したことにより、多くの駅弁の価格は1000円以上になりました。だいたい1100~1600円くらいのものも当たり前になってきています。でもここで考えてみてください。

『なぜそんな半端な価格なのか?』

 旅をしている途中に購入するのに、そんな半端な価格ではお金のやりとりが面倒でしょう? 今では列車の停車中に買うということは少なくなったかもしれませんが、それでも急いで列車を乗り継がなければならないという状況はあります。そういう時に駅弁屋さんで買う際に半端な価格だと、お金のやり取りに手間取って購入者が困ります。

 市販の食品には、価格を据え置きにして中身の量を減らすという対応をしているものがあります。駅弁ではなぜそれができないのか? ましてや移動中に購入することも多いのが駅弁なのですから、そうした点に気配りがあってもいいのではないでしょうか? 

 確かに味は大事かもしれませんが、駅弁を買う時の購入者のことを考えた価格設定があってもいいと思うのです。

 事実、駅弁大会でも来場者がべらぼうに多く、半端な価格では買う時に面倒です。店だって回転率が悪くなるのではないですか? もう全部の駅弁が税込み1000円とか500円とか、きりのいい価格設定にしてくれればいいのにと思います。

 最近は駅弁を題材にしたマンガや小説、特集記事などが増えましたが、こういう点に言及している作品がほとんどない。だいたいが味はどうとか中身がどうとか、そんなのばっかりです。

 なんというか、駅弁という題材をエサにしているだけで、駅弁に対する愛があまり感じられないんですよね。まぁ、私もそういうものの裏に『大人の事情』があるのは知っていますから、今回はあんまり噛みつきませんけどね。

 

 以上、駅弁を愛するが故の個人的な意見でした。ぶっちゃけ、それぞれがそれぞれに駅弁を楽しめばいいんだとは思います。ただ、なんとなく気が向いたので書いてみました。

 今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

作業を合間に? 作業の合間に?

こんばんは。

現在はいくつかの創作活動を同時に行っています。一つ目は応募用の長編小説。こちらはようやく終了しました。赤字校正と最終チェックを残すのみなので、99%の完成度です。ふぅっ、もうひとがんばりっ!

ふたつ目は応募用の童話。まだプロットの段階ですので、1%の完成度です。これから最注力を行います。うーむ、急がねば。

みっつ目は応募用の短編小説。こちらは以前に書きかけでタイムアップとなり、そのままになっているものを完成させる予定です。50%の完成度。今回もタイムアップにならなければいいのですが……。

よっつ目は応募用の長編小説。プロットが完成し、さらに設定を詰めている段階。こちらは0%の完成度です。年内の完成を目指します。うん、がんばれ自分!

こうして挙げてみると色々ありますね。作業がたまらないように、気合を入れていきたいところですが、最近の暑さでやる気がダウン。さらにこれからはどんどん暑くなっていきます。節電のために扇風機でねばりますが、いつまで耐えられることやら……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

すごいっ! 大逆転勝利!

こんばんは。

将棋の第21期竜王戦の第七局で渡辺竜王が羽生名人に勝利し、永世竜王の称号を獲得しました。三連敗の後の四連勝という大逆転劇でした。これは長い将棋タイトル戦で初めてのことです。

今回のタイトル戦では、勝った方が永世竜王の称号を得るという戦いでした。

竜王とは飛車が成った時の駒の事で、プロ将棋界での称号の一つでもあります。棋聖、棋王、王位、王座、王将、竜王、名人の七つがあります(順不同)。

ハッキリ言って、渡辺竜王が三連敗した時には万事休すだなと思いました。しかし第四局から三連勝。もしかしたらと期待を込めて第七局の結果を楽しみにしていた次第です。

私も小学生時代から将棋をやっておりまして(相変わらずのヘボですが)、日曜日の朝にNHKで放送されている『将棋の時間』(およびトーナメント)を時々見ています。

将棋は頭の体操になるのですが、やりすぎると頭痛の原因になるので最近は程ほどにしています。チェスや中国将棋もやるのですが、やはり日本の将棋の方が取った駒を使えるので複雑でいいですね。

個人的には中国将棋も好きですけど。『パオ』の駒が独特で面白いです。中国将棋はかつて、私の学生時代に工業系の先生から教えていただきました。

さて、羽生名人は次回以降の竜王戦に永世竜王の称号獲得を目指す事になります。史上初の永世七冠になる日は来るのでしょうか。あるいは渡辺竜王がこのまま連続在位記録を伸ばすのか。どちらも今後が楽しみです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)