文化・芸術

2013年1月 4日 (金)

駅弁大会のチラシを見て、最近の駅弁に対する意見

 こんばんは。

 来週(1月10日)から東京・新宿の京王百貨店で毎年恒例の駅弁大会が開催されます。私もいつも参加していて、今年もチラシをチェックしてみました。それを見ていてちょっと気になることがあったので書いてみます。

 以前、ラインナップがマンネリ化してきているなぁというようなことを書いたかもしれませんが、それに関しては改善されてきています。新しく登場する駅弁も増え、毎年の楽しみが増えました。もちろん、人気の駅弁は引き続き販売されているので古参のファンも満足だと思います。

 新しい駅弁に関しては、一般の食品と同様に毎年新作が多数投入されているので、会場での新登場があるのは当然かもしれません。一方で個人的に気に入っていた駅弁が消えてしまい、それに関しては寂しい限りです。まぁ、この『新陳代謝』は仕方ないのかもしれません。

 

 さて、ここまでは前座といいますか、本題はこれからです。今回、チラシを見ていて思ったのは『全体的に駅弁の価格が上がってきた』ということです。

 世間の物価上昇に伴って、時を経るごとに価格が上がるのは分かります。しかしこのデフレの中でも駅弁は価格が上がってきているのです。この理由としては、駅弁の主な購入者層が比較的金銭に余裕のある年代(団塊の世代)になってきている(業者もその年代を想定している)からではないかと思います。

 また、鉄道ファンなども趣味にはお金を投入しますから、多少の値上げがあっても買います。

 ただし――!

 個人的にはこの価格上昇があまりいい流れとは思えません。確かに今はいいですが、将来的には客離れにつながると考えるからです。というのも、1コ1000円以上の駅弁が主体となっては、今後の主要な顧客となるであろう若い世代が現在買いにくいです。結局は外食チェーン店やコンビニのおにぎり・パン・弁当などへ流れてしまいます。

 結果、若い世代は駅弁を購入しなくなり、のちのち駅弁業者(自分自身)の首を絞めることに繋がります。

 また、特に私が危惧しているのが『駅弁業者が駅弁というものの本来の意味を忘れ、購入者のことを考えていない』ということです。具体的にいうと、それも前述した『価格』に関わることです。

 価格が上昇したことにより、多くの駅弁の価格は1000円以上になりました。だいたい1100~1600円くらいのものも当たり前になってきています。でもここで考えてみてください。

『なぜそんな半端な価格なのか?』

 旅をしている途中に購入するのに、そんな半端な価格ではお金のやりとりが面倒でしょう? 今では列車の停車中に買うということは少なくなったかもしれませんが、それでも急いで列車を乗り継がなければならないという状況はあります。そういう時に駅弁屋さんで買う際に半端な価格だと、お金のやり取りに手間取って購入者が困ります。

 市販の食品には、価格を据え置きにして中身の量を減らすという対応をしているものがあります。駅弁ではなぜそれができないのか? ましてや移動中に購入することも多いのが駅弁なのですから、そうした点に気配りがあってもいいのではないでしょうか? 

 確かに味は大事かもしれませんが、駅弁を買う時の購入者のことを考えた価格設定があってもいいと思うのです。

 事実、駅弁大会でも来場者がべらぼうに多く、半端な価格では買う時に面倒です。店だって回転率が悪くなるのではないですか? もう全部の駅弁が税込み1000円とか500円とか、きりのいい価格設定にしてくれればいいのにと思います。

 最近は駅弁を題材にしたマンガや小説、特集記事などが増えましたが、こういう点に言及している作品がほとんどない。だいたいが味はどうとか中身がどうとか、そんなのばっかりです。

 なんというか、駅弁という題材をエサにしているだけで、駅弁に対する愛があまり感じられないんですよね。まぁ、私もそういうものの裏に『大人の事情』があるのは知っていますから、今回はあんまり噛みつきませんけどね。

 

 以上、駅弁を愛するが故の個人的な意見でした。ぶっちゃけ、それぞれがそれぞれに駅弁を楽しめばいいんだとは思います。ただ、なんとなく気が向いたので書いてみました。

 今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

ちょっとだけ設定を紹介

こんばんは。

先日、読みきり小説の公開を予定していると書きましたが、少しずつ設定を公開していきます。もちろん、全て公開というのではありません。今回は主人公と世界観を少し書いてみます。

主人公の名前は「志賀楓子」という中学二年生の女の子です。料理部に所属しています。明るく元気な性格で、男女問わずクラスメイト達から慕われています。ただ、いい加減な事が大嫌いなので、不真面目な態度をとると怒ります。

準主人公その1は「尾張美智」です。楓子と同じクラスで、ソフトボール部に所属しています。よく、料理部の作った料理やお菓子を盗み食いして楓子の怒りを買っています。

準主人公その2は「天居香織」です。楓子と同じクラスで、手芸部に所属しています。温和でおとなしい性格ですが、実は彼女は……。

以上の三人がメインキャラクターです。

物語は放課後、料理部が活動している家庭科室から始まります。ちなみに料理部の顧問は三十五歳の独身男性教師「御手洗常男」です。見かけはパッとしないのですが、長い一人暮らしと実家が定食屋という事で、料理はもちろん家事全般はお手の物です。

ちなみに手芸部の顧問の先生が産休のため、臨時で手芸部の顧問も兼任しています。

はてさて、このメンバーがどのようなストーリーを紡いでいくのでしょうか。ストーリーはシリアスものではありません。学園コメディです。

といった所で今回の設定公開はおしまいです。今後の展開にご期待ください。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

昔はいい作品が多かった

こんばんは。

昔のアニメは何であんなに面白いんでしょう。久しぶりに某作品を見たんですが、なんといってもストーリーが純粋! しかも単純で分かりやすい!

時代によって趣向が変わってきているということなのかもしれませんが、いい作品はいつ見ても面白いものです。結局、現在の作品の多くはいわゆる流行を意識したものです。商売の仕方としては短期でいかに作品や関連商品を売るかにウエイトが置かれていると思うのです。

でも昔の作品は、作品そのものの良さやテーマを永く伝えていこうとしています。戦隊モノでも昔はヒーローが悪の組織を倒すという点にウエイトが置かれていたのに、今は親子で楽しむという観点からなのか、昼ドラみたいに変化しています。

結局は商売が成り立つかどうかなんですよね。例えへたくそな歌手でも宣伝次第で人気歌手にでっち上げたりもできます。でも会社としては売れればいいという感じになっている。ようするに知名度の方が重要なわけです。

なんかこうした現実を見ると少し寂しい気がしますね。正当な評価を受けていない良作やアーチストがかわいそうです。もっとも、それを乗り越えてこそ本当のプロなのかもしれませんけどね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

自分はやっぱり理系人間

こんばんは。

先日、あるゲームをやっていたのですが、その時に自分はやっぱり理系人間なんだなぁとあらためて感じました。

ゲームの中に科学の進んだ未来都市が出てくるんですけど、それを見ただけですごく感動してしまったんですね。都市のシステムや機構、テクノロジー、デザインが非常に素晴らしいんです。

自分もその都市に行ってみたい、技術を体験してみたいと感じました。なんていうか、現実離れをしてはいるんですが、技術の進歩で不可能というわけでもないんです。また、現代の技術の進歩が行き着く先のような、そうなってしまったらちょっと怖いような、複雑な印象も受けました。

科学技術の進歩による便利な生活の功罪を感じ、これからの技術の方向性を心配してしまいました。実際はほとんどありえない発達の仕方なんですが、今から百年前の世界を考えれば何が起きてもおかしくないくらい、技術の進歩のスピードは速まっています。だから百パーセントありえないとも言い切れません。

はたして、私たちの地球の未来に科学はどのようにどこまで発達するのか。それを最後まで見届ける事は出来ないでしょうけどね。

世界にはオーパーツと呼ばれるものが存在します。それはいわゆるその時代にはありえないもの(例えば、水晶ドクロなど)のことですが、実はかつて地球では現代以上に科学が発達していたのかもしれません。滅んでしまってその痕跡がないだけで……。

そう考えると、非常に面白いですし、一方ではちょっと怖いですね。もっとも、核兵器があることを考えればいつ世界が滅びてもおかしくないような状態にあるんですけどね。

どんな技術も使う人次第で薬にも毒にもなります。最後の砦は人の心なのかもしれません。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

東京都民として

こんばんは。

石原東京都知事の発言について、個人的に感想を述べようと思います。

まず、ミシュランガイドに東京の飲食店が多数掲載されたことについて。発言の中でカキフライの話が出ました。先日のブログの記事で日本のワインについて書きましたが、カキフライも日本特有の料理だったんですね。

私はカキフライが好物なので、またまた意外だと感じてしまいました。カキといえば、松島、広島、厚岸を個人的な三大カキ名所だと思っていましたが、なんと岡山県の生産量もなかなかなのです。瀬戸内海の海の幸はおいしいですが、先日の船の事故で漁業への影響が心配です。特にイイダコなどは名産だけに、出荷量が減らなければいいのですが。

次に、東京マラソン。今年は去年の寒いコンディションとは打って変わって晴れました。東京の中心部を通行止めにして走れるなんて、良く実現できたものです。これは東京オリンピック実現への布石という意味もあるんですけどね。新しいテーマソングが出来るまでは、三波春夫さんの『東京五輪音頭』で応援しています。

そこで、提案があるのですが、最後の稼動から数十年が経過している『勝鬨橋』をもう一度、動かしてもらいたいです。かつては主要道路の閉鎖が出来ないから無理、などという話を聞きましたが、東京マラソンが実現できたのですから交通面での問題はクリアできるでしょう。

ただ、機械がどの程度動くのかが問題です。こうした諸問題の解決をする必要がありますが、もし動かせたとしたら、大会イベントの目玉になること間違いなしです。

それと、三宅島で開催されたバイクのイベント。まずまずの成果のようで、今後も継続して行われていくでしょう。私も離島に行ったことがありますが、時間が許す限りずっと滞在したくなります。でも、東京都の島には大島しか行ったことがないんです。

伊豆・小笠原諸島は他の県の離島よりも地理的に行きやすいのですから、行ってみたいですね。現時点では時間的・金銭的な問題もあって難しいですが。

最後に新銀行東京の問題。もともとは貸し渋りをしている大手銀行に対し、中小企業への融資を目的に作られました。しかし審査があまりにもずさんですね。あの負債額はちょっと困ります。

もちろん、中小企業への融資という目的ではある程度の意味はありました。しかし多くの中小企業は従来どおり、国民生活金融公庫などの国の期間の利用をしていたとか。ネックになっていたのはその金利の高さ。

起きてしまっている現状では、今後、どのように新銀行東京が活動していくのか、注視していかなければなりませんね。都民の税金が使われているんですから。

他にも、国土交通省がダムの計画をまた変更して、税金が無駄になっているなどの話題もありますが、それはまたの機会ということで。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

たまには写真を撮ってみませんか

こんばんは。

ポラロイドのインスタントフィルムが今年の夏までに生産を終了するようです。

最近はデジカメもかなり復旧し、撮ってすぐに見られるという特長があまり意味を成さなくなってきました。もう一つの特長である改ざん不可という点も、時代の流れに押されてしまったようですね。

私は従来のフィルム式のカメラを使っています。しかもオートフォーカスが付いていないものです。

やはり遠近感や光の具合、流し撮り、ぼかしなどフィルムでしか出せない味もありますからね。でもデジカメはネットなどで使う場合は楽ですし、その場で確認できるというメリットがあるので、条件によって使い分けています。

大変なのはフィルムの管理です。もちろん、撮る前は冷蔵庫で保管をしているので、邪魔だと家族からは迷惑がられますし、撮った後もファイルに保存するにしてもかさばりますからね。

でもフィルムを見るたびに当時のことを思い出して懐かしくなります。それで苦労もなくなります。管理の問題かもしれませんが、フィルムさえあればプリントできます。思い出が形として残っている。それってすごく素敵な事だと思いませんか?

普段はデジカメを使っているみなさんも、たまにはフィルムで写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

私は芋洗坂係長が一番面白かった

こんばんは。

昨日、ピン芸人の日本一を決める「R-1ぐらんぷり」の決勝戦が行われました。たまたまテレビを見ていたのですが、個人的な感想として面白いと思える人から、これでファイナリスト? という人までいましたね。

私の独断と偏見では、芋洗坂係長が抜群に面白かったです。芸以外の場面でも面白かったですしね。

あの替え歌ネタと会社組織ネタは思わず“ニヤリ”としてしまいますね。

「うん、はい」

「ジン、ジン、人事課~!」

最高です。同期の部長(つまり、出世スピードが芋洗坂さんの方が遅いわけです)が海外に転勤とか、あれは芋洗坂係長ならではのネタですね。そしてコミカルな動きと表情。

かなり完成されています。もっと他のネタも見てみたいと思いました。なんといっても今回が初出場で2位というのはすばらしいです。あまりテレビでもお見掛けしないのですが、今後は見る機会も増えそうですね。

今年のM-1でもサンドウィッチマンさんが優勝でしたし、知名度がまだまだでも面白い芸人さんがいるんだなぁと思いました。

私はこの「芋洗坂係長」さんをこれからも注目していきたいです。

今日はこれでおしまいかな? 気が向いたら書くかもしれません。今回はとりあえず、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

偕楽園の梅祭りが今年も開催

こんばんは。

今年も毎年恒例、第112回水戸の梅祭りが開催されます。期間は平成20年2月20日~3月31日までです。

すでに2月1日現在で開花している木もあるようです。

イベントも多数企画されています。弘道館の正門開放やライトアップ、ボンネットバスの運行、水戸黄門御一行の登場など、観梅だけでなくいろいろ楽しめます。

鉄道でも偕楽園臨時駅が営業します。

停車日は、2月23日~3月20日の土曜・休日です。時間は9時10分~15時30分、普通列車と特急列車が偕楽園駅に停車します。

参考までに、普通列車は上野7時37分発・特急列車は上野8時00分発から停車します。最終停車列車は、普通列車が上野13時12分発(土浦で乗り換え)・特急列車が上野14時00分発まで停車します。また、水戸線小山発の一部列車も停車します。

ただし、3月15日にダイヤ改正がありますので、3月15日以降の時刻は変更になる場合があります。ご利用の際は駅や時刻表でご確認ください。

なお、偕楽園駅は下りホームしかないため、上り列車(上野・土浦・小山行きなど)は停車しません。水戸・いわき・仙台方面からの方は、ご注意ください。

また、偕楽園駅は臨時駅のため、スイカやパスモは使えません。スイカやパスモで乗り越しの場合は、現金精算になります。駅員さんとトラブルを起こさないよう、ご注意くださいね。

去年は行くタイミングを逃してしまったので、今年はなんとか行きたいですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

続・「北国の春」の歌詞の秘密(完結編)

こんばんは。

かなり時間が経ってしまいましたが、以前に書いた北国の春の歌詞の秘密を少し掘り下げて紹介します。ずいぶん前に、いでさんの講演で聞いて知った事を書きます。

まず、以前のおさらいとして、ここでいう北国とは歌手の千昌夫さんの故郷・岩手県ではなく、作詞家のいではくさんの故郷である長野県なのです。

経緯として、いでさんは当時、岩手県に行ったことがなかったそうです。でも自分の故郷である長野県と岩手県は同じような気候ではないかと想像し、詩を作ったそうなんです。

一番の歌詞にある「白樺 青空 南風」ですが、これもいでさんの実体験から来ているそうです。故郷の春を思い浮かべた時に、一番イメージが強かったのが南風だったそうです。そして次にイメージしたのが青空。つまり、この部分は思いついた順番が逆なんです。

こんな感じで、歌詞は長野県の春を作者が実体験をもとにイメージして作られているのです。

そして一番述べたかったのは、三番の歌詞「兄貴も親父似で無口な二人が酒でも飲んでいるだろうか」の部分だそうです。

長野県出身者では家を継ぐ長男以外の多くは故郷を離れ、都会へ出て行くそうです。いでさんが歌詞を作った時にすでに親父さんは亡くなっていて、歌手の千さんの親父さんも亡くなっているという共通点があったそうです。いでさんはそれならきっと千さんも通じるところがあるのではないか、という事だったそうです。

ちなみに、二番の歌詞で「好きだと~あの子はどうしてる」も、いでさんの実体験なのかと訊ねた所、ご想像にお任せしますとの事でした。

このほか、千さんはこの「北国の春」という歌にかなり想いが強かったという話も聞きました。曲ができてすぐに大ヒットしたのではなく、しばらくしてからヒットしました。そういった経緯なども聞きましたが、それは内緒にしておきます。

一つの曲にも様々な想いがある、ということを感じさせられました。こうしたお話をこれからも機会があれば聞きたいものです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

年末年始は気を引き締めて

こんばんは。

今日は特に何も書く事がないんです。妄想しようにも何も浮かばないんです。

時事ネタを使ってコメントしてもいいんですが、最近はあまりに怒りを爆発させていたので気力も出ないんですよね。それこそ、外環道の事故の話や薬害肝炎、テロ特新法をはじめとして、たくさんのニュースがありますが、いまいち書こうという気が起きない。

なんなんでしようかね、このモチベーションの低下は。疲れているのでしょうか。

先日、「もっけ」というアニメを見ていたら、年末・年始は神々の先鞭として厄神(ダイマナコ)が居住まいを正す。だから厄災(この字で合ってるのかな?)に気を付けた方が良いと言っていました。

ですから、こんな弱気ではいけませんね。新年を迎え、落ち着くまでは気をしっかり持って生活していかなければなりません。

それにしても、昔からこうした言い伝えや風習がたくさんあるのに、現代では埋もれつつあり、一部がイベントや名残として残っていくだけになります。本来の意味が分からない風習やしきたりがたくさんあります。

こんな時期だからこそ、そういった事柄を調べてみたりするのもいいかもしれませんね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧