学問・資格

2009年1月 3日 (土)

想像力の欠如と思い込み

こんばんは。

2日の夜、テレビで放送されていたピラミッドの特集を見ました。メキシコや南米でのピラミッドの話に始まり、途中からエジプトのピラミッドの話へと展開しました。

それを見ている中で個人的に「この人は何を言ってるんだ?」と疑問に思った箇所がありました。

それは南米で、現時点では世界最古のピラミッドが発見されたという話題が終了した直後の事でした。

某考古学者さんがコメントをしたのですが、それが非常に疑問だったんです。その主旨は、

・石を切り出して重ねて作ったエジプトのピラミッドと、石を縄でまとめて重ねて作った南米の世界最古のピラミッドは違う(しかも技術的にはエジプトのピラミッドの方が優れているかのように取れる内容)

・その世界最古のピラミッドのような構造のものはピラミッドではないにしろ、エジプトにはもっと古い時代からある

といったような事でした。

なんなんでしょう、このエジプト至上主義のような発言は。技術的にどちらが優れているとか、エジプトには南米のピラミッドよりも古い似たようなものがあるとか、そんなコメントは期待してないんですが。

ピラミッドとして、エジプトよりも古いものが南米で発見されたことが気に食わないんですか? そういう歴史の古いものがエジプト以外にあってはいけないんですか?

重要なのは「今から5000年以上前に、南米でピラミッドが存在していたらしい」という事であって、それ以上でもそれ以下でもないのです。この南米の世界最古のピラミッドはまだ発見されて間もないらしいですから、今後の研究が進めばいろいろと新しい発見があるでしょう。そして非常に興味深いですね。

この某考古学者さんが言うような、エジプトのピラミッドと比較して技術がどうだとか、そんな事は訊いちゃいないし、どーでもいいんです。世界最古のピラミッドがどういうものなのか、目的はなんなのか、そういうことに多くの人は興味があるんじゃないでしょうかねぇ。

また、メキシコのテオティワカンのピラミッドとエジプトのピラミッドは共に太陽信仰があったと放送されていました。その中でこの某考古学者さんは、

「二つのピラミッドに関連性があると考えるのは素人。つながりがあったとはいえず、別々のものだ」

というような事を「言い切って」いました。

……それは某考古学者さんの「持論」でしょう? まだハッキリとした事が調査され尽くされているわけでもないのに! 

最初からいろいろな考え方を排除して一つの結論(もっと言えば自分の仮説)に誘導しようとしている、と私は感じました。

例えば、地理的に考えれば、世代を重ねれば技術や文化の移動が不可能だとは言えないでしょう。別に二つの文明の年代がぴったりと一緒である必要はないわけですし、言い切るのならその根拠となったデータや資料を紹介すべきです。

なんの根拠やデータも示さずに「関連性はない」と言われたって説得力はありませんよ。

専門家が言った事が全て正しい、そんな訳はないでしょう。実際、歴史というものはあくまで後世の人がさまざまな資料や根拠をもとに想像しているだけであって、真実とは限りません。

だから少なくとも某考古学者さんには、その結論に至った経緯などを示してほしいのです。ただ単に「○○である」と言うだけなら誰だって出来ますよ。

第一、今回の話の場合、二つの文明に共通点があるという時点で「二つの文明には関連性がある」という結果の方が理解しやすいわけですから。それをくつがえして「関連性がない」というからにはそれなりのデータを示してほしいわけです。

事実、かつて学校や本などで教えられた歴史の中には、後になって誤りだったと判明(もちろんこれも真実かどうかは確定できませんが)したこともあるでしょう。例としては天動説と地動説の話やパンゲア大陸、ダーウィンの進化論など、大きなものだけでもたくさんあります。細かいものに至っては無数にあります(聖徳太子や足利尊氏の肖像画についてなど)。

大切なのは、様々な考え方を排除するのではなく、たくさんの仮説を念頭に置きつつ研究するという事ではないでしょうか。発見されたものはそのまま発表し、それに対する一人の研究家の「仮説」として示すべきです。

それをあたかも自分の説が絶対に正しいというような言い方はいかがなものか。また、他の説を排除したり、他の文明と比較して技術レベルがどうだとかコメントしたりするような行為に何の意味があるのか。

また、むしろ素人のもつ「純粋な想像や単純な疑問」を大切にすべきです。専門家になるとどうしても知識や経験が邪魔をして考え方が固定化するものです。素人だからこそ、しがらみのない意見や感想が言えるのです。

ぶっちゃけ、歴史なんてものは不完全なものであって真実は誰にも分かりません。だって自分の目で見たり、耳で聞いたりしているわけではありませんからね。情報操作や歴史の改ざんなんていくらでも出来ます。

現在発見されているデータや資料だってそれが全て正しいとは言い切れません。ゆえに「○○の歴史は○○らしい」という方が正確なのでしょう。

そういう意味で、歴史というのは想像力が非常に必要ですし、常に変化する学問ともいえます。答えは無限に存在するのです。

一つの考え方を押し付けたり他の説を排除したりするような学者さんの姿勢は――特に歴史や考古学などの分野では――非常に致命的な事ではないのか。番組が終わってから私はそんな風に思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

とりあえず、あと二ヶ月は……

こんばんは。

ヨーロッパで実験中だった世界最大の加速器に問題が発生し、復旧に二ヶ月程度必要だそうです。

これは光速で粒子同士を衝突させて、ビックバン直後の状態を再現しようというもの(らしい)。実験開始前はブラックホールが発生し、地球が吸い込まれてしまうのではないかという懸念があった実験です。

実際、もう地球が終わってしまうと思った何人かが自殺するなどの事件も発生しています。

専門家は安全だと言ってますが、まだ誰もやったことのない実験なので、絶対にないとは言い切れないんですよ。想定外の事象が発生するとも限りません。

だから私はあまりこの実験に賛成ではないんですよね。ま、今回の事故でとりあえず二ヶ月は実験が中止するとの事ですから、それまでは安心です。

とはいえ、地球がなくなっちゃったらそれはそれでしょうがない! でも人間の責任で人間だけが消えるのならいいですけど、他の生物にまで迷惑をかけるのは気がひけます。

最悪の事態にならない事を祈りましょう。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

自分はやっぱり理系人間

こんばんは。

先日、あるゲームをやっていたのですが、その時に自分はやっぱり理系人間なんだなぁとあらためて感じました。

ゲームの中に科学の進んだ未来都市が出てくるんですけど、それを見ただけですごく感動してしまったんですね。都市のシステムや機構、テクノロジー、デザインが非常に素晴らしいんです。

自分もその都市に行ってみたい、技術を体験してみたいと感じました。なんていうか、現実離れをしてはいるんですが、技術の進歩で不可能というわけでもないんです。また、現代の技術の進歩が行き着く先のような、そうなってしまったらちょっと怖いような、複雑な印象も受けました。

科学技術の進歩による便利な生活の功罪を感じ、これからの技術の方向性を心配してしまいました。実際はほとんどありえない発達の仕方なんですが、今から百年前の世界を考えれば何が起きてもおかしくないくらい、技術の進歩のスピードは速まっています。だから百パーセントありえないとも言い切れません。

はたして、私たちの地球の未来に科学はどのようにどこまで発達するのか。それを最後まで見届ける事は出来ないでしょうけどね。

世界にはオーパーツと呼ばれるものが存在します。それはいわゆるその時代にはありえないもの(例えば、水晶ドクロなど)のことですが、実はかつて地球では現代以上に科学が発達していたのかもしれません。滅んでしまってその痕跡がないだけで……。

そう考えると、非常に面白いですし、一方ではちょっと怖いですね。もっとも、核兵器があることを考えればいつ世界が滅びてもおかしくないような状態にあるんですけどね。

どんな技術も使う人次第で薬にも毒にもなります。最後の砦は人の心なのかもしれません。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

ことわざ辞典を引っ張り出す

こんばんは。

今日は睡眠たっぷりで調子が良くなってきました。やっぱり生活リズムの乱れが良くなかったんですね。休息はしっかりとろうと思います。

さて、趣味の関係で使うため、ことわざ辞典を引っ張り出しました。うちの父親が使っていたやつなので、めちゃくちゃ古い本です。

使われている言葉や言い回しが古いのですが、今じゃ放送禁止になりそうな用語も平気で使われています。その点は注意しなければならないのですが、私の買ったものに比べると豊富に載っているんですね。

例えば「海の幸山の幸」みたいな言葉も入っています。そのままやんっ! とツッコミを入れたくなりますよね。

でも結構、各項目の詳しい背景が説明されているので重宝しています。たまに引っ張り出してついつい読んでしまうんですね。その中には自分にとって耳が痛い項目もちらほらと。いやいや、気を引き締めて頑張らねばなりませんね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

結局、東京都市部に雪は降らず

こんばんは。

天気予報で東京にも雪が降る。数センチメートル積もる。という事でしたが、結局、東京では降りませんでした。

なぜこんな事になったのでしょう。

理由は太平洋(関東の南)を通過する低気圧と前線が予想よりも南だったからです。通常、雨や雪は前線の上や周辺、つまり暖かい空気と冷たい空気が混ざり合った所の下で降ります。

暖かい空気と冷たい空気がぶつかり合う前線上では空気が不安定になり、雲ができるからです。暖かい空気と冷たい空気では飽和水蒸気量が異なります。つまりぶつかり合うと――ま、難しい話はこの辺にしましょう。気象庁か学校の先生に聞くか、興味があれば調べてみてください。

低気圧=空気の重さが軽い=上昇気流です。周辺の空気を巻き込み、持ち上げます。今回の場合、冷たい空気が関東上空まで来ていましたから、もし今回の前線がもう少し北よりのコースであれば、その冷たい空気を呼び込んで雨でなく雪になったのです。

しかし前線が南になってしまったことで、天気は曇りという結果になりました。もし降ったとしても、微量でしょう。

もともと、関東平野は山に囲まれているため、雪が手前で降ってしまい、滅多に雪が降りません。同時に乾いた空気が吹くために乾燥します。もし山がなければ、関東でも雪はたくさん降るでしょうね。

以前、猛烈な雪雲が山を越えた時には関東に大雪が降りました。でもそれは稀なケースなのです。ほとんどは春先に降るドカ雪です。春先によく見られる伊豆大島付近を二つの低気圧(二つだま低気圧)が通過する場合などに、どっかりと雪が降ります。

さて、今年は東京に雪が積もるのでしょうか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

偉人と人気者

こんばんは。

今日は特に何もせずに家でゆっくりしていました。というのも、本日の深夜に趣味に時間を費やしていまして、寝たのが朝方だったからです。おかげで起きたのが午後でしたので外に出かけずにお茶を飲みながらテレビを見ていました。

テレビを見ていると偉人について取り上げた番組をやっていました。残念な事に私の尊敬する上杉鷹山は出てきませんでした。確かに織田信長に比べれば知名度は低いですけどね。それに藤堂高虎も出てきませんでしたね。

でも世の中にはこういう有名じゃない偉人もたくさんいるんですけどね。義務教育で教えられる歴史上の人物は限られていますから当然なのかもしれません。だからこそ織田信長や坂本竜馬が上位にくるんじゃないのかなぁという気がします。

だって義務教育の授業で藤堂高虎や上杉鷹山について勉強するという事は少ないでしょう。さすがに今治や伊賀、米沢の学校なら地元の歴史として習う事もあるでしょうけどね。歴史に興味がないと自ら勉強するという事も少ないでしょうし。

教科書に出てくる人物は確かに歴史を作った人達です。しかし教科書に出てこない偉人もたくさんいるし、知らない事実もたくさんあります。

例えば、明智光秀は本能寺の変で織田信長を攻めました。裏切り者のように見えますが福知山に行ってみてください。とても立派な領主だったという事が分かると思います。

どんな人物にも光と影があります。そのスポットの当て方でイメージが決定され、人気に差が出るのです。これについては様々な事について同じ事が言えると私は思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)