グルメ・クッキング

2013年1月 4日 (金)

駅弁大会のチラシを見て、最近の駅弁に対する意見

 こんばんは。

 来週(1月10日)から東京・新宿の京王百貨店で毎年恒例の駅弁大会が開催されます。私もいつも参加していて、今年もチラシをチェックしてみました。それを見ていてちょっと気になることがあったので書いてみます。

 以前、ラインナップがマンネリ化してきているなぁというようなことを書いたかもしれませんが、それに関しては改善されてきています。新しく登場する駅弁も増え、毎年の楽しみが増えました。もちろん、人気の駅弁は引き続き販売されているので古参のファンも満足だと思います。

 新しい駅弁に関しては、一般の食品と同様に毎年新作が多数投入されているので、会場での新登場があるのは当然かもしれません。一方で個人的に気に入っていた駅弁が消えてしまい、それに関しては寂しい限りです。まぁ、この『新陳代謝』は仕方ないのかもしれません。

 

 さて、ここまでは前座といいますか、本題はこれからです。今回、チラシを見ていて思ったのは『全体的に駅弁の価格が上がってきた』ということです。

 世間の物価上昇に伴って、時を経るごとに価格が上がるのは分かります。しかしこのデフレの中でも駅弁は価格が上がってきているのです。この理由としては、駅弁の主な購入者層が比較的金銭に余裕のある年代(団塊の世代)になってきている(業者もその年代を想定している)からではないかと思います。

 また、鉄道ファンなども趣味にはお金を投入しますから、多少の値上げがあっても買います。

 ただし――!

 個人的にはこの価格上昇があまりいい流れとは思えません。確かに今はいいですが、将来的には客離れにつながると考えるからです。というのも、1コ1000円以上の駅弁が主体となっては、今後の主要な顧客となるであろう若い世代が現在買いにくいです。結局は外食チェーン店やコンビニのおにぎり・パン・弁当などへ流れてしまいます。

 結果、若い世代は駅弁を購入しなくなり、のちのち駅弁業者(自分自身)の首を絞めることに繋がります。

 また、特に私が危惧しているのが『駅弁業者が駅弁というものの本来の意味を忘れ、購入者のことを考えていない』ということです。具体的にいうと、それも前述した『価格』に関わることです。

 価格が上昇したことにより、多くの駅弁の価格は1000円以上になりました。だいたい1100~1600円くらいのものも当たり前になってきています。でもここで考えてみてください。

『なぜそんな半端な価格なのか?』

 旅をしている途中に購入するのに、そんな半端な価格ではお金のやりとりが面倒でしょう? 今では列車の停車中に買うということは少なくなったかもしれませんが、それでも急いで列車を乗り継がなければならないという状況はあります。そういう時に駅弁屋さんで買う際に半端な価格だと、お金のやり取りに手間取って購入者が困ります。

 市販の食品には、価格を据え置きにして中身の量を減らすという対応をしているものがあります。駅弁ではなぜそれができないのか? ましてや移動中に購入することも多いのが駅弁なのですから、そうした点に気配りがあってもいいのではないでしょうか? 

 確かに味は大事かもしれませんが、駅弁を買う時の購入者のことを考えた価格設定があってもいいと思うのです。

 事実、駅弁大会でも来場者がべらぼうに多く、半端な価格では買う時に面倒です。店だって回転率が悪くなるのではないですか? もう全部の駅弁が税込み1000円とか500円とか、きりのいい価格設定にしてくれればいいのにと思います。

 最近は駅弁を題材にしたマンガや小説、特集記事などが増えましたが、こういう点に言及している作品がほとんどない。だいたいが味はどうとか中身がどうとか、そんなのばっかりです。

 なんというか、駅弁という題材をエサにしているだけで、駅弁に対する愛があまり感じられないんですよね。まぁ、私もそういうものの裏に『大人の事情』があるのは知っていますから、今回はあんまり噛みつきませんけどね。

 

 以上、駅弁を愛するが故の個人的な意見でした。ぶっちゃけ、それぞれがそれぞれに駅弁を楽しめばいいんだとは思います。ただ、なんとなく気が向いたので書いてみました。

 今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

コネタマ・駅弁の隠し味は……

こんばんは。

私は旅行が好きなので、全国各地へ観光に行っています。駅弁もいろいろと食べていますが、今回は駅弁にもなっているご当地グルメを一つ、ご紹介しましょう。

それは『さんまずし』です。

紀伊半島のご当地グルメですね。旬の季節は冬です。一般的にサンマは秋の味覚ですが、さんまずしに使うサンマは冬なんですね。

北海道や東北で漁をしたサンマは脂がのっています。だから焼いて食べるのに向いています。でもさんまずしに使うサンマは紀伊半島まで南下してきたモノを使うのです。適度に脂が落ちているからこそ、さんまずしに向いているわけですね。流通が発展していなかった時代の産物とも言えるかもしれません。

紀伊といえば、鯨、梅、みかん、紀州備長炭などの名産品が多くありますが、このさんまずしも忘れてはいけないのです。

以前、熊野古道の関係で南紀に行きましたが、その時に食べたさんまずしの味が忘れられません。作っていた鮨職人さんもいい人でした。

さんまずしは駅弁としても新宮駅などで販売していました。価格もお手ごろで、嬉しいですね。今も売っているのでしょうかねぇ? 年始に新宿の京王百貨店で開催されている駅弁大会にも輸送駅弁として来ていたのですが、最近は見ないんですよ。

駅弁屋さんも経営が厳しくて撤退する所が珍しくありません。また後継者不足の関係で撤退というケースもあるようです。常磐名物のうにめしとか、三角線で売っていた鯛の姿寿司など、名物と呼ばれていた駅弁でさえなくなってしまうのです。

毎年、駅弁の日には新作駅弁が多数発売されますが、同時に消えていく駅弁もあります。その中で何十年も同じ味を守り続け、販売を続ける老舗の駅弁屋さんには頑張ってほしいです。

よく『車窓は駅弁の隠し味』といいますが、それだけじゃありません。これは駅弁に限った事ではありませんが、『思い出』も隠し味なのです。

懐かしい味が記憶の引き出しを開け、過去へと旅立たせてくれる。そういう意味でも駅弁は旅に欠かせない、重要なアイテムなのです。

――この文章を書いていたら、いろいろと過去の旅先での事を思い出してしまいました。大型連休にどこかへ旅をしたくなってしまいました。

駅弁にまつわるエピソードはたくさんありますが、今日はこんな所でおしまいです。また機会があればご紹介します。

お疲れ様でした。

コネタマ参加中: オススメの駅弁や“ご当地グルメ”を教えて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

上州D51弁当が発売されたそうです

こんばんは。はーい、まずは一つ目の話題。

NREたかべんが「上州D51弁当」を発売したそうです。一日50個限定で価格は800円です。

弁当箱はD51を正面から見た形を模している、いわゆる入れ物系の駅弁ですね。さすがだるま弁当を発売している弁当屋さんです。

一日50個というのは少ないような気もしますけどね。SLの運転日であれば、50個なんてあっという間になくなってしまうのではないでしょうか。他のSL運転区間(ばんえつ物語やパレオエクスプレスなど)でもSL型の弁当は人気がありますから。

なんといっても子どもが喜びます。もちろん鉄道ファンも喜びますけど。

以前、SL水上かなにかに乗ったとき、私は祖父母と男の子という家族連れと一緒の席になったのですが、子どもはおおはしゃぎでしたからねぇ。まだその方たちはマナーが良かったからよいのですが、SLやまぐちの時はボックス座席を占領されていて座れませんでしたからねぇ。

もっとひどかったのは大井川でしたけど。機関車や客車には文句がないのですが、乗り合わせた客がまともじゃなかったので……。今度は平日に行ってみようと思います。いつになるかは分かりませんが。

そういえば最近はD51に乗ってませんねぇ。見るだけでも行ってみようかな?

本日は他にも記事を書きます。次の話題へ続きます。お時間のある方はもう少しお付き合いください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

もんじゃをまた作りました

こんばんは。

今日、テレビを見ていたらちょうどもんじゃの話題をやっていました。見ているうちに食べたくなってきたので、材料を買いに行きました。

まず買い物でトラブル発生。まいたけを買ったら店にあった値札とレシートの値段が違ってたんです。40円も高くレジを通ってました。ちゃんとその場で店員に指摘して、返してもらいましたけど。

みなさんもちゃんとレシートをチェックしましょうね。

買い物から帰って午前中はずっと鉄板の前で焼いては食べ、焼いては食べを繰り返していました。やっぱりもんじゃはこの食べ方が最高です。

途中でお腹が一杯になってしまい、焼きそばや目玉焼きが出来ませんでした。うーむ、めったに鉄板を出さないのでついでに焼きたかったんですけどね。

次に鉄板を出す時には焼きそばをメインにしましょう。いつになるのか分かりませんけどね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

もんじゃ焼きを作りました

こんばんは。

今日、午後になって小腹が減ったので久しぶりにもんじゃ焼きを作りました。東京生まれ育ちの私にとって、もんじゃはおやつです。

具はありあわせの食材で済ませました。とりあえず、キャベツさえあればもんじゃは出来ますからね。小麦粉をうすーく溶いて、ぱっぱと味付け。

よく、もんじゃを焼く時に具で土手を作るというのが知られていますが、それはみんなで食べる時の話。我々は一人で食べる時にはそんな事はしません。好きな感じに焼いて、好きなように食べるのが下町の一人もんじゃのスタイル。

だって、もともとは駄菓子屋の鉄板でキャベツだけ(あるいは他にも具材が加わったりもしますが。また、中には駄菓子を混ぜる人もいます)のゆるーいタネを焼くんですから、土手なんかなかなか作れません。それに、一番おいしいタイミングは土手なんか作ってたら逃してしまいます。

ちびちび焼いて、ちびちび食べる。これぞ、一人で食べる時のもんじゃです。

それでもやっぱりもんじゃはおやつ。すぐにおなかが減りました。でも懐かしい味が楽しめてよかったです。たまにはこういうのもいいかもしれないなと思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

東京都民として

こんばんは。

石原東京都知事の発言について、個人的に感想を述べようと思います。

まず、ミシュランガイドに東京の飲食店が多数掲載されたことについて。発言の中でカキフライの話が出ました。先日のブログの記事で日本のワインについて書きましたが、カキフライも日本特有の料理だったんですね。

私はカキフライが好物なので、またまた意外だと感じてしまいました。カキといえば、松島、広島、厚岸を個人的な三大カキ名所だと思っていましたが、なんと岡山県の生産量もなかなかなのです。瀬戸内海の海の幸はおいしいですが、先日の船の事故で漁業への影響が心配です。特にイイダコなどは名産だけに、出荷量が減らなければいいのですが。

次に、東京マラソン。今年は去年の寒いコンディションとは打って変わって晴れました。東京の中心部を通行止めにして走れるなんて、良く実現できたものです。これは東京オリンピック実現への布石という意味もあるんですけどね。新しいテーマソングが出来るまでは、三波春夫さんの『東京五輪音頭』で応援しています。

そこで、提案があるのですが、最後の稼動から数十年が経過している『勝鬨橋』をもう一度、動かしてもらいたいです。かつては主要道路の閉鎖が出来ないから無理、などという話を聞きましたが、東京マラソンが実現できたのですから交通面での問題はクリアできるでしょう。

ただ、機械がどの程度動くのかが問題です。こうした諸問題の解決をする必要がありますが、もし動かせたとしたら、大会イベントの目玉になること間違いなしです。

それと、三宅島で開催されたバイクのイベント。まずまずの成果のようで、今後も継続して行われていくでしょう。私も離島に行ったことがありますが、時間が許す限りずっと滞在したくなります。でも、東京都の島には大島しか行ったことがないんです。

伊豆・小笠原諸島は他の県の離島よりも地理的に行きやすいのですから、行ってみたいですね。現時点では時間的・金銭的な問題もあって難しいですが。

最後に新銀行東京の問題。もともとは貸し渋りをしている大手銀行に対し、中小企業への融資を目的に作られました。しかし審査があまりにもずさんですね。あの負債額はちょっと困ります。

もちろん、中小企業への融資という目的ではある程度の意味はありました。しかし多くの中小企業は従来どおり、国民生活金融公庫などの国の期間の利用をしていたとか。ネックになっていたのはその金利の高さ。

起きてしまっている現状では、今後、どのように新銀行東京が活動していくのか、注視していかなければなりませんね。都民の税金が使われているんですから。

他にも、国土交通省がダムの計画をまた変更して、税金が無駄になっているなどの話題もありますが、それはまたの機会ということで。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

東京湾でも潮干狩りの季節です

こんばんは。

千葉県の富津海岸で潮干狩りがスタートしました。東京湾では一番早いオープンです。昼間は暖かいものの、まだまだ水温は冷たいですが、春の足音が確実に聞こえてきていますね。

あさりは味噌汁やバター焼きなどが好きです。炊き込みご飯にしてもおいしいですね。千葉駅をはじめとして、千葉県内の大きな駅では「はまぐり丼」という駅弁がありますが、旬となるこれからの季節にはオススメです。

これから東京湾の内房ではどんどん潮干狩りがオープンしていきます。どうしても自動車が必要になってしまいますが、かつては東京の両国駅などから潮干狩りの臨時列車が出ていました。あれをまた復活させてほしいですね。

潮干狩りでは、大抵、あさりは密集しているので、一個出てきたら周辺を掘ればたくさん出てくる場合が多いです。

ただ、海には違いありませんから、危険生物や潮の状態、風などには充分注意して楽しまなければなりません。油断大敵ですよ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

日本のワインが世界へ

こんばんは。

政治や経済の話題はあまり書きたくありません。もう何の希望も持てません。

さて、私はワインどころか、お酒全般が苦手なのですが、甲州ワインが世界で発売されるそうです。

なんでも、世界では日本のワインがほとんど知られていないとか。その事実は意外でした。私は長野県に住んでいた事があるので、山梨県や長野県のワインは身近な存在だったのですが、世界では知名度がほとんどなかったんですね。

国内のワインでは北海道の池田なども有名ですね。

果たして、世界で日本のワインがどのような評価を受けるのかが楽しみです。日本酒も和食と共に外国での知名度が上がっています。日本酒は醸造酒の中ではアルコール度数が高い方なのに悪酔いしにくいと評判です。

日本のワインも世界的な知名度が上がるといいですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

餃子を作りました

こんばんは。

今日の夕食は久しぶりに料理をしました。メニューは餃子、菜の花のおひたし、豚肉とまいたけの炒め物など。

買い物に行ったら菜の花が安かったので買っておひたしにしました。いやぁ、おいしいですねぇ。旬のものは体にもいいですしね。そういえば、東京では今日、春一番が吹きました。もうすぐはーるですねぇ。

まいたけの炒め物は、餃子の餡が余ってしまったので卵と混ぜて一緒に炒めました。味付けもばっちり。これもおいしい。

最後に餃子ですが、白菜が安かったので白菜をメインにキャベツ他を混ぜて作りました。しかし水分が多かったので餡が少し水っぽくなってしまいました。それでもうまく出来ましたけどね。

餃子を焼きながらつまみぐ……味見をしたのですが、やはりやきたてはおいしいですね。焼きの具合も一回焼けば感覚を思い出すもので、見事なできばえでした。

おかげで満腹。でもまだ残っているので明日も朝、昼は餃子でしょうね。今度は何を作ろうかな。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

本日、駅弁大会に参戦しました

こんばんは。

本日、新宿の京王百貨店で開催中(22日まで)の「第43回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」に行ってきました。

会場に着いた時間の関係上、買えた駅弁とすでに売り切れで買えなかった駅弁がありました。

今回購入できたのは、

冬の天然寒ブリご出世弁当、氏家かきめし、いわしのほっかぶり寿司、復刻チキン弁当、富士宮やきそば弁当、甲州かつサンド、鮎ずしなどです。今年はすでに食べた事のある駅弁が多いので、購入数は少なめです。

このほか、うまいもの市ではぶどうジュース(一杯200円)なども買いました。

買おうと思って売り切れだったのは、

およぎ牛弁当、いかすみ弁当黒めし、いいとこ鶏弁当の三つ。来週にでも再戦しようと思います。

いわしのほっかぶり寿司は、販売場所が変わっていたのでおばちゃんに、

「今年は場所が変わったんですね?」

と訊くと、

「あら、引越しの案内出さなくてごめんねぇ」

と答えてくれました。さすが、面白くて豪快なおばちゃんです。だからこそ、毎年買いに行くんですよ。おいしいですしね。

また、今年はぶどうジュースを買って飲んだのですが、去年まで来ていたリンゴジュースの農園さんがいなかったのは残念でした。もちろん、今回出展していた農園さんのぶどうジュースも濃厚でとてもおいしかったですよ。これはオススメです。

さらに、長崎の角煮まんじゅうが出店してました。以前に長崎へ旅行に行った時に買ったんですが、あれはおいしいですよ。また、会津屋のたこやきもオススメ。

今回、私は買っていませんが以前に食べたものの中でチラシに載っているオススメの駅弁は、

摩周の豚丼、C58みそとん弁当、ひっぱりだこ飯、阿波地鶏弁当といったところです。

以前は販売されていたのになくなってしまった名物駅弁も多数あり、今回みなさんにご紹介できないのは残念です。

さて、17日以降は多少、ラインナップが変わります(それに合わせて案内チラシも変わります)。そこでは私が毎年買っている駅弁その2の名古屋びっくり味噌カツ弁当が来ます。初めて見る人はあのボリューム(大わらじそのまま載っています)に驚愕するはずです。

個人的には、ほろほろランチ、安曇野ちらしなど、中央東線系(篠ノ井線も含め)の駅弁を充実させてほしいです。小淵沢の駅弁もおいしいですが、大月、塩尻、松本などにもおいしい駅弁が多数あります。駅弁屋さんとの調整がつかないのでしょうか。

それにしても、相変わらず駅弁大会は疲れます。体力が要りますよ、あれは。輸送駅弁を買う時なんてバーゲン会場にいるような感じです。やっと買ってほうほうのていで抜け出しました。さらに、後ろにいたおじさんやおばさんは、

「それ、何の駅弁?」

「その青い奴、何?」

と、質問攻めになる始末。まあ、そういうコミュニケーションが私は楽しいわけですが。

それにしても、輸送駅弁は購入方法を改善・工夫すべきです。毎年、変わらないんですよね。以前は一覧表が天井から掲げられていて、どの駅弁が売り切れ・何時到着予定などが示されていて、良かったんですけどね。輸送駅弁売り場が広くなったのは良い事なのですが。

しかし、みなさん、本当に駅弁や各地の名物が大好きなんですね。まだまだ日本には底力があるってことです。宮崎県に負けず、どんどんアピールしていってもらいたいですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)