ウェブログ・ココログ関連

2010年8月 6日 (金)

『キャプテン』と『チェンジUP!!』

こんばんは。

久しぶりにコネタマに参加します。今回は『野球マンガといえば?』です。

相変わらず選択肢が少ないですねぇ。それになんでいつも選択肢の内容が偏ってるんでしょうか? まぁ、いいですけど。

やはり外せないのが『キャプテン』です。そして同シリーズの『プレイボール』でしょう。いずれもアニメ化されていて、これらの作品には泥臭さ、努力、諦めない心、成長――様々な要素が詰まっています。

選択肢に挙がっている作品の主人公達は、かなり派手です。能力だってずば抜けています。でも『キャプテン』の主人公達は必ずしもそうではありません。特に谷口くんなんかは地味です。でも彼は努力という点においては、他作品の主人公達にひけをとりません。

東京下町の人情と情緒も描かれていますし、東京下町人間の私にとっては懐かしい雰囲気を感じますし、落ち着きます。

東京人は冷たい、などと言う方もいらっしゃいますが、それは違います。むしろ何世代も前から東京に住んでいる人間は他の地域にも負けないくらい人情にあふれているのです。そんな姿がこの作品からは感じられるのです。

次に挙げるのが『チェンジUP!!』です。かなりマイナーな作品で、かつて週刊少年ジャンプに掲載されていました。途中で打ち切りになってしまったのか、単行本も少ないです。

この作品には、ある障害を抱えた主人公や、その彼といい感じになる野球少女が出てきます。その点はメジャーの吾郎君と薫ちゃんに似ているかもしれません。

主人公やヒロインの、野球に対する想いというものがよく感じられました。私は好きだったのですが、当時の人気漫画は見た目が派手なアクションものでしたから、完結しないままに連載が終わってしまいました。最後まで読めなかったのが残念です。

単行本を持っているのですが、たまに見て青春を味わっています。

あとは『野球狂の詩』でしょうか。今でこそ女性プロ野球選手や高齢プロ野球選手が実際に現れましたが、作品当時としては異色のこの組み合わせが実現していました。

女性投手の水原勇気と50歳越え投手の岩田鉄五郎というある意味、野球ファンなら一度は見てみたい選手達でした。今はナックル姫や西武の工藤氏といったようにプロ野球界に実在するようになりましたが、こうしたちょっとだけ変わった選手が出てくる作品というのも楽しいものです。

どちらかといえば、私の好みの傾向としては、超人的な能力を持った主人公や恋愛に主眼が置かれた作品よりも、泥臭さのある野球漫画の方が好きなようです。とはいえ、ドカベンやメジャーも好きですけどね。ちなみにドカベンでは殿馬、メジャーでは阿久津といったかなりクセのあるキャラが好きです。

うーん、それにしても『キャプテン』は選択肢に入れてほしかったなぁ……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

ブログネタ: 野球マンガといえば?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

勝手に変更されても……

こんばんは。

ココログの表示設定が変更されるとかで、当ブログもその影響を受けました。今までどおりの表示方法がよいのに、勝手に変更されても困ります。

一応、元の表示方法に設定をしましたが、余計な作業が増えてなんとなく不満でした。ま、すぐに戻せたのでいいですけどね。

さて、世間では政府による事業仕分けだの円高ドル安だの、いろいろと面白い話題がありますが、今日はさすがに疲れているので書くのをやめておきます。

一言だけ事業仕分けについてコメントすると、良い面と悪い面がハッキリと表れてるなぁと思いました。あと、結果が最初から決まっているのか、その方向へ捻じ曲げた例があったので、あれは納得いかなかったです。

――と、長くなりそうなので今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月30日 (木)

どういう基準なの?

こんばんは。

ココログでは『コネタマ』というものがあり、私も何度か記事を書いています。しかし分からないのは、ポイント付与の基準です。内容に応じて、ということらしいのですが誰が判断をしているのか。

単純に閲覧数に応じてということなら分かりやすいのですが、そういうことでもないようです。

ブログネタの提供という程度の意味合いだと考えればいいのでしょうが、内容によってポイントが変わるのであれば、どうしても気になってしまうもの。だから判断基準をもっと明確にしてほしいと個人的に思いました。

まぁ、なんにせよ、世の中の大抵の事には裏の力ってのが働いてるもんですからね。

それにしても、なんで真面目に生きてる人間ばかりがバカをみるんでしょうね……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

コネタマ・湯飲み茶碗を見て思う

こんばんは。

気がつけば、早い人は今週末から大型連休に突入するんですね。休んでもやる事がないなんて言う人もいますが、多趣味の私としては大歓迎です。

さて、今回のコネタマで何を書こうかなぁと考えながら夕食をとっていました。すると目の前にあった湯飲み茶碗を見て、ふと思い出しました。

私が使っている湯飲み茶碗はかなり大きいです。内容量が300CCくらいあります。

おばあちゃん子だったので、子どもの頃からよく緑茶を飲んでいました。だからおばあちゃんと一緒に親戚の家に行くと、ジュースではなく「緑茶がいい」と答えていたのを覚えています。それくらい緑茶が好きだったんですね。特に濃い目のやつです。

だからこそ、家でも一度にたくさんの量が飲める湯飲み茶碗が必要だったんです。そこで自分で選んで買ったのが、その湯飲み茶碗なんです。

もう二十年近く前に益子で買った益子焼のものです。価格は決して高いものではありません。確か500円以下だったと思います。

当時、大型連休になると毎年、祖父母、両親、兄妹が揃って車に乗って益子に行っていました。高速道路の渋滞に巻き込まれてトイレに困ったり、渋滞がひどくて途中で益子に行くのを諦めてイチゴ狩りに変更したり、いろいろありました。

祖父母が陶器好きだったので、よく付いていって茶碗や皿などを見ました。そしてたくさん買い込んで、帰りには『くるまやラーメン』で味噌バターコーンラーメンを食べて帰ってくるのがお決まりでした。

今にして思えば、家族全員が揃って旅行に行くというのはその頃が最後かもしれません。その直後に祖母が病気で入院し、亡くなってしまいました。その後、父親も病気で入院し、祖母のあとを追うように亡くなりました。そしてずっと元気だった祖父も今年、病気で亡くなりました。

湯飲み茶碗を見て、あの頃を懐かしむと同時に、早いようでいてもうそんなに時間が経っていたのかとしみじみ思いました。また、二十年近くも同じ湯飲み茶碗を使っていたのだとも思いました。よく割れずにいたものです。

これからも割れるまでずっと使っていこうと思います。もし割れたとしても、筆立てか何かで使っていきたいです。そしてまた、何かのきっかけで湯飲み茶碗の記憶を思い出せたらいいなと感じました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

コネタマ参加中: GWのエピソード教えて 【コネタマ選手権】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

コネタマ・駅弁の隠し味は……

こんばんは。

私は旅行が好きなので、全国各地へ観光に行っています。駅弁もいろいろと食べていますが、今回は駅弁にもなっているご当地グルメを一つ、ご紹介しましょう。

それは『さんまずし』です。

紀伊半島のご当地グルメですね。旬の季節は冬です。一般的にサンマは秋の味覚ですが、さんまずしに使うサンマは冬なんですね。

北海道や東北で漁をしたサンマは脂がのっています。だから焼いて食べるのに向いています。でもさんまずしに使うサンマは紀伊半島まで南下してきたモノを使うのです。適度に脂が落ちているからこそ、さんまずしに向いているわけですね。流通が発展していなかった時代の産物とも言えるかもしれません。

紀伊といえば、鯨、梅、みかん、紀州備長炭などの名産品が多くありますが、このさんまずしも忘れてはいけないのです。

以前、熊野古道の関係で南紀に行きましたが、その時に食べたさんまずしの味が忘れられません。作っていた鮨職人さんもいい人でした。

さんまずしは駅弁としても新宮駅などで販売していました。価格もお手ごろで、嬉しいですね。今も売っているのでしょうかねぇ? 年始に新宿の京王百貨店で開催されている駅弁大会にも輸送駅弁として来ていたのですが、最近は見ないんですよ。

駅弁屋さんも経営が厳しくて撤退する所が珍しくありません。また後継者不足の関係で撤退というケースもあるようです。常磐名物のうにめしとか、三角線で売っていた鯛の姿寿司など、名物と呼ばれていた駅弁でさえなくなってしまうのです。

毎年、駅弁の日には新作駅弁が多数発売されますが、同時に消えていく駅弁もあります。その中で何十年も同じ味を守り続け、販売を続ける老舗の駅弁屋さんには頑張ってほしいです。

よく『車窓は駅弁の隠し味』といいますが、それだけじゃありません。これは駅弁に限った事ではありませんが、『思い出』も隠し味なのです。

懐かしい味が記憶の引き出しを開け、過去へと旅立たせてくれる。そういう意味でも駅弁は旅に欠かせない、重要なアイテムなのです。

――この文章を書いていたら、いろいろと過去の旅先での事を思い出してしまいました。大型連休にどこかへ旅をしたくなってしまいました。

駅弁にまつわるエピソードはたくさんありますが、今日はこんな所でおしまいです。また機会があればご紹介します。

お疲れ様でした。

コネタマ参加中: オススメの駅弁や“ご当地グルメ”を教えて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

コネタマ・なせばなるっ!

こんばんは。

歴史上の人物で好きなのは、何人かいますよ。今回は一人だけ紹介します。

それは「上杉鷹山」です。米沢藩主ですね。有名な言葉、

なせばなる なさねばならぬ なにごとも ならぬはひとの なさぬなりけり

を残した人です。自らも田畑に出て、赤字だった藩の財政を立て直しました。質素倹約だけでなく、財源となりうる名産品を生み出そうと様々な事業にもチャレンジしました。今、話題となっている「ワークシェアリング」も導入した人です。

上杉家では他の方々がよく取り上げられていますが、私は鷹山こそがもっと人々に評価されるべき人物だと思っています。

それに歴史上の人物といって紹介される場合、信長や秀吉、家康などの有名どころばかりです。また、真田幸村のような特徴的な人物もよく取り上げられます。

しかし鷹山のような人物こそ、今の不況の時代、そしてトップに立つ人間のあるべき姿ではないかと思うのです。自らが率先して質素倹約に努め、仕事をこなし、そしてチャレンジ精神を持ち続ける。それが大切なのです。

鷹山を動かしていたのは、きっと藩に住む民のため、家臣のため。すばらしいです!

どっかの公益法人の理事長や政治家のように、自分のことしか考えていない連中に見習ってほしいものですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

コネタマ参加中: 歴史上の人物、誰が好き?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

コネタマ・チェンジするなら、やっぱりアレでしょう!

こんばんは。

私がチェンジしたいものはやっぱりアレですね。人間以外の何かになりたいです。そうですね、特に山の中の石ころとかいいですね。

つまらない俗世間にとらわれず、ただ静かに地球の行く末を見守る。無生物ですから痛みはありません。暑くも寒くもありません。飢えも乾きもありません。

風や水に浸食されることはありますが、細かく砕かれた体は砂となり、静かに消え去るのみ。

世の中はちょっと騒がしすぎます。そして忙しすぎます。もっとゆったりと時間を過ごし、地球と一体になる。やがて地球がなくなっても、宇宙の一部として悠久の時と空間の中を漂い続ける。

そういうのって、いいと思いませんか?

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

コネタマ参加中: あなたが“チェンジ!”したいものは何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

コネタマ・スポ根には泥臭さが必要です!

こんばんは。

まず大前提として、スポ根マンガとスポーツマンガは違います。例えば、天才的な能力を持った主人公たちが活躍する、これは個人的にはスポ根マンガではないと考えています。単なるスポーツマンガですね。

決して天才ではないけれど、汗と泥にまみれ、努力の末に勝利する。これがスポ根マンガです。

やはりそうなると『キャプテン』&『プレイボール』でしょう。主人公の谷口くんは、特別な能力を持っていません。でも毎日、夜遅くまで努力して、実力をつけていきます。

そして、マンガによくある『勝ちっぱなし』ではなく、何度も負けや挫折を味わっています。これぞ、スポ根の真髄です。負けを乗り越え、勝利を掴み取る。『キャプテン』と『プレイボール』にはこれがあります。

サッカーでも、挙げてみたいと思います。『がんばれキッカーズ』です。

彼らも弱小チームなのですが、メンバーが協力して強敵を倒そうとします。数あるサッカースポ根マンガの中では、この作品が好きですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

コネタマ参加中: 思い出の“スポ根マンガ”は何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

コネタマ・○○を飼ってみたい!

こんばんは。

飼えるものなら飼ってみたい動物、それは……

『しゅごキャラ』です!

ご存知のない方もいらっしゃるかもしれませんが、いわゆる『なりたい自分の化身』みたいなマスコットキャラクターです。彼らは心のタマゴから生まれます。

みんなコミカルな容姿で、なんといっても可愛いです。時々、ケンカをする事もありますが、基本的に良き理解者です。ま、本人の分身みたいなものですからね。

――という事で、空想の世界の話はこれくらいにしておきましょう。

現実世界では、ペンギンを飼ってみたいですね。見ているだけで癒されます。だから水族館や動物園では時間の許す限り、見ちゃいますね。あの動き、しぐさ、むっちゃ可愛い!

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

コネタマ参加中: 飼えるものなら飼ってみたい動物は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

コネタマ・着メロの思い出

こんばんは。

私はあまり着メロや着うたにはこだわらない人間なので、最初から機種に内蔵されているものの中から選んで使っています。しかも一度設定したら変えるという事は滅多にありませんね。

現在は某テレビ番組で使用されているメロディを使っています。テレビ朝日系で夜に放送されている数分間の海外の鉄道旅番組です。ま、ここまで書けば特定できるでしょうけど。

以前の機種では楽譜を見たり、耳コピした曲を自分で入力して使っていました。主にゲームのBGMでしたね。

ただ、普段はマナーモードにしているので着メロを実際に聴く機会は今も昔も少ないですけど。だからこそ、着メロにこだわりがないのかもしれません。

さて、着メロには面白い思い出があります。以前にもブログで少しだけ書いた事がありましたが、それは大学時代の授業中のエピソードです。

講義中に後ろの方から誰かの着メロが流れました。それがゲーム『ドラゴンクエスト』のレベルアップ音だったんですね。しかも二回連続で流れました。

すると私の隣に座っていた奴が、

「あ、レベルが二つ上がったっ!」

と叫びました。静かだった講義室内は大爆笑。講義をしていた教授まで笑い出しました。直前まで講義の影響で室内が緊張した雰囲気でしたから、その効果は抜群です。

そのおかげなのか、ざわついた講義室内のどさくさにまぎれ、レベルアップした学生は不問でした。

こういう事を考えれば、着メロ・着うたは『ネタ』でありたいと少し思ってしまいますね。

――ただし、電車やバス内などでは必ずマナーモードにして、会話も控えましょう。また、優先席付近や病院などではマナーモードではなく、電源を切りましょうね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

コネタマ参加中: お気に入りの着メロ・着うたは何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)