« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月

2011年5月22日 (日)

作業を合間に? 作業の合間に?

こんばんは。

現在はいくつかの創作活動を同時に行っています。一つ目は応募用の長編小説。こちらはようやく終了しました。赤字校正と最終チェックを残すのみなので、99%の完成度です。ふぅっ、もうひとがんばりっ!

ふたつ目は応募用の童話。まだプロットの段階ですので、1%の完成度です。これから最注力を行います。うーむ、急がねば。

みっつ目は応募用の短編小説。こちらは以前に書きかけでタイムアップとなり、そのままになっているものを完成させる予定です。50%の完成度。今回もタイムアップにならなければいいのですが……。

よっつ目は応募用の長編小説。プロットが完成し、さらに設定を詰めている段階。こちらは0%の完成度です。年内の完成を目指します。うん、がんばれ自分!

こうして挙げてみると色々ありますね。作業がたまらないように、気合を入れていきたいところですが、最近の暑さでやる気がダウン。さらにこれからはどんどん暑くなっていきます。節電のために扇風機でねばりますが、いつまで耐えられることやら……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

JR東日本パスが発売されましたが

こんばんは。

先日、JR東日本パスというトクトクきっぷ(特別企画乗車券)が発売されました。これは価格1万円で、指定された期間のうちの1日にJR東日本(および一部の他社線)内の列車が乗り放題というもの。しかも今回は新幹線や特急の自由席にも乗り放題との事。

以前、JR発足何周年だかに発売された特企券とほぼ同じ効力ですね。

今回は指定席に関しては2回までという制約があります。ただ、〔はやぶさ〕も利用できるそうです。

問題なのは、肝心のダイヤ。〔はやぶさ〕の本数は少ないですし、例えば東京~新青森まで新幹線を利用するにしても通常の〔はやて1号〕がない(臨時ダイヤでの運転になっているため)ので、北東北へ行く際には単独での使用が少し難しいかもしれません。

要するに、何枚かの特企券や別の交通機関を組み合わせる必要があるわけです。それでも通常よりはお得ですけどね。

それに優等列車を乗りつくしたいという人にはいいきっぷでしょう。

それと東北から東京への片道用の新幹線トクトクきっぷもありますし、今回は使いようによってはかなりお得かもしれません。まぁ、大型連休の客足の落ち込みもありますし、ボランティアの方に利用してほしいということだけでなく、少しでも鉄道ファンに利用してほしいというのもあるのでしょうね(6月は閑散期ですから)。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

カラオケのオフレポ

こんばんは。

5月4日に某メンバーとカラオケオフを行ったので、それについての記録をここに記す。なお、これは私視点で描かれたものであり、また、記憶が曖昧なため一部事実なのか妄想なのかが定かではない点もある事をお断りしておく。

5月4日午前0時ごろ、この日はカラオケオフがあるので早めに就寝をする予定であった。しかし一か月後に迫る某イベントの作業を少しは進めておこうとパソコンを起動させる。

――これが最初の過ちであった。作業に集中するあまり、時間の経過を気にしていなかったのだ。気が付けばすでに午前3時!

「なっ! もうこんな時間かっ! このままではマズイ! うん、あと10分だけやったら寝よう」

そう決意して再び作業へ。これが二度目の過ちである。

次に気が付いた時にはすでに窓の外が明るくなっていた。テーブルの上にむなしく置かれた目覚まし時計。私は苦笑しながらそのアラームのスイッチを静かに切り、出かける準備を始めたのだった。

自宅を出て数時間、バスを乗り継ぎ、カラオケオフ開催地の新宿へと到着した。時刻は10時30頃。集合時間は11時。まだ集合時間まで余裕があるので、ふと目にとまったゲームセンターになんとなく入る。

するとそこにはクレーンゲームが多数設置され、景品として『けいおん』のオルゴール付きパブミラーやフィギアなどが並べられていた。クレーン中毒の私は、際限なく遊んでしまうのでゲームセンターに近付かないようにしていたのだが、油断した隙にその封印が解かれてしまった。

結局、店員のお姉さんがわざわざとりやすい位置に直してくれたという事もあり、ついついいくつも大型の景品を取ってしまった。しかも、隣のクレーンでは高校生くらいの男子三人組が「あずにゃんがほしい」だの「唯もほしい」だのと騒ぎながら延々とやっていたため、集合時間ギリギリまで粘ってもそのクレーンでは遊べなかった。

こうして時間通りに集合場所へ到着。しかし当然の事ながら持っていた景品を突っ込まれる。私はネタのつもりは全くなかったのだが、ネタだと認識されてしまった。

その後、昼食をとってからカラオケへ。そこではドリンクバーになぜかあった『味噌汁』を迷うことなく選択。しかしボタンを押してみると、味噌が切れていたらしく、出てきたのはほぼお湯。さっそくそれもネタ扱いされてしまう。

今度はカラオケの開始。私はこの日、完徹していたこともあり体力がもたないので歌うつもりはなかった。それを呟くと、それについても「そんな分かりやすい嘘ないでしょ?」とネタ扱い。どうやら私はどんな行動をしてもネタだと思われてしまうようだ。

それならばと、開き直って歌うことにして『わたしの恋はホッチキス』『ぴゅあぴゅあはーと』などをはじめ、ちまたで流行りの曲に走る事に決めた。それでも町は~の『メイズ参上』や『そうは云っても~』などでは一人四役をこなして歌い上げた。

ちなみに断っておくが、私は流行りの歌を唄っていただけだ。みんなはガンダム系の曲やイカスミタコスミ、ジンギスカン……充分ネタといえる歌を唄っていたのだ。その点をぜひとも主張したい。ネタに走っていたのは私ではないのだ。

カラオケ終了後は本屋でぶらぶらし、解散して新宿アルタ前のバス停へ。そこからバスを乗り継ぎ、途中でカレー●●●グラムを食するなどの突発的なイベントをこなして帰宅したのだった。

うん、私はいたって普通に行動しているだけなのだ。ネタとは思っていないこともネタにされてしまうだけなのだ。このオフレポを読んでいただければそれを理解していただけたと思う。

これにて簡単ではあるが、オフレポを終わりにする。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »