« 思い出深き『ザ・スニーカー』が休刊 | トップページ | なんとか生きてます…… »

2011年3月 6日 (日)

久しぶりに鉄道の話題

こんばんは。

昨日、東北新幹線にE5系〔はやぶさ〕がデビューし、世間は大賑わいでした。また、大宮では蒸気機関車C61形が試運転を行ったとの事。鉄道ファンにとっては忙しい一日でしたね。

次は九州新幹線・鹿児島ルートの開通と〔さくら〕〔みずほ〕のデビューですね。さらにその後には北陸新幹線と北海道新幹線の部分開業が控えています。さらにその次には中央リニアの着工へと続きます。

こうして高速鉄道網が整備されていくわけですが、その裏には平行在来線の第三セクターへの移行と地元利用者の利便性悪化があります。

現在、平行在来線としては、しなの鉄道とIGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道、肥薩おれんじ鉄道があるわけですが、いずれも運賃はJR時代に比べて上がっています。さらに車輌の短編成化や運行本数減少など、色々なデメリットもあるのです。

そういう意味では、特に鉄道利用の学生さんへの影響が大きいかもしれませんね。

こうした影の部分を取り上げているマスコミは少ないです。もっとメリット・デメリットの両面を取り上げて報道をしてほしいなぁと個人的には思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 思い出深き『ザ・スニーカー』が休刊 | トップページ | なんとか生きてます…… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに鉄道の話題:

« 思い出深き『ザ・スニーカー』が休刊 | トップページ | なんとか生きてます…… »