« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

少しずつ回復

こんばんは。

東日本大震災の悲惨な被災地の状況や毎日のように起こる余震、放射線の報道の影響などで私も少し参っていました。また、計画停電や節電の関係でブログの更新が出来なかったのですが、少しだけ落ち着いてきたので久しぶりに更新します。

今回は久しぶりに鉄道関連の話題を書きます。

関東在住の私としては、やはり交通機関の混乱振りに色々と困っています。それにしても、ここまで甚大な影響が出るとは。

まぁ、関東は茨城県内の常磐線などを除き、運行しているだけありがたいことですけどね。東北では不通になっている(しかも復旧のめどがたっていない)区間が多いですから。

ちなみに東北新幹線ですが、東京から新青森まで開通してすぐのこの災害。青森の観光産業に関わる方々はショックを受けているというお話を聞きました。

現時点では被害が広域に渡っているようですから、東北新幹線の全線復旧にはしばらく時間がかかるでしょう。しかし私は新幹線の復旧よりも先に東北本線(在来線)の復旧を急いでほしいと思っています。

現在、鉄道貨物は日本海縦貫線経由で盛岡へ運行していますが、それでは時間がかかります。東北本線が復旧すれば、鉄道貨物で大量の物資が現在より短時間で運べますし、時間はかかりますが人も運べます。

ただ、これはあくまでも個人的な願望であり、しかも現地の線路状況が不明な上での意見です。もし新幹線の方が在来線より被害が軽微であれば、新幹線の復旧を優先させたほうがいいですからね。多数の人間の都市間輸送という事に関しては、飛行機よりも優位性があるでしょうし。それに時間はかかっても、盛岡以北は鉄道貨物が活用できているわけですから。

とりあえずは単線かつ非電化だったとしても、点の地域が線でつながればと思います。まぁ、電気がなければ非電化区間でも運行は難しい(タブレットや手動ポイント、手信号などを使えば運行は可能かも? 現在の鉄道運行システムを考えると非現実的ですが……)でしょうから、電気の復旧が先になりますけどね。

しばらくは自動車、船、飛行機など、使える輸送手段を適材適所でフル活用して、この危機を乗り切れればと思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

あの美しい景色が……。悲しい、悔しい。

こんばんは。

地震の影響で散乱していたモノを片付けました。我が家の被害は少なかったですが、買い物へ出た際に見ると、近所の家では屋根瓦がかなり崩落しているところがありました。

また、その買い物先でも食糧が品薄になっていました。パンやおにぎり類は一切ありませんでした。カップめん、ミネラルウォーターなども売り切れ寸前の状態(本日朝の時点で)。

商店も臨時休業しているところもありました。

なお、我が家は近くに幹線道路があるのですが、朝の時点では鉄道がまだ復旧していなかったので、その幹線道路沿いに郊外へ向けて歩いていく方がたくさんいらっしゃいました。道路も上下線で大渋滞です。

――さて、今回の震源に近い三陸地域は、昨年の夏に旅行した地域なのです。

特にテレビで報道されている南三陸町(志津川)は、実際に街の中を歩いているのです。志津川病院や南三陸町役場のあたりです。

南三陸警察署の方々や南三陸町観光協会、地元の方々などにお世話になっており、また、細浦(大船渡の近く)に住んでいるという列車内で知り合ったおじさんなど、みんな無事でいてくれると良いのですが……。

その他にも三陸地域各地に行っていて、いずれもとても美しい景色の場所でした。それがテレビの報道で見ると無残な様子に変わり果てていて……とても悲しいし、悔しい。

東京では断続的に余震が続いていますし、福島第一原子力発電所(実は以前に東京電力の見学会で、その近くにある福島第二原発に行った事があるのですが……)では危険な状態が続いています。津波も続いているようですし、まだまだ注意が必要です。

しばらくは辛抱です。こんな時こそみんなで励ましあっていきましょう!

今日はこれでおしまい。お疲れ様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

なんとか生きてます……

こんばんは。

いやいや、今日の地震は大変でしたねぇ。私は東京在住・在勤なのですが、建物がものすごい揺れて崩壊するかと思いましたよ……。

被害としては、物がいくつか落ちたことと本棚のガラスが二枚割れました。でも人的被害はありませんでした。憎まれっ子世にはばかる、とはよく言ったものです。私は元気です。

私はなんとか帰宅が出来ていますが、遠方在住の多くの方がたくさん都心部に取り残されている模様です。ライフライン現場の皆様も一所懸命に復旧作業を行ってくださっています。周りの方と声を掛け合ってもうしばし耐えましょう。

本日はこれでおしまい。お疲れ様です。まだ帰宅できていない方のご無事をお祈りしております。また、多大な被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

久しぶりに鉄道の話題

こんばんは。

昨日、東北新幹線にE5系〔はやぶさ〕がデビューし、世間は大賑わいでした。また、大宮では蒸気機関車C61形が試運転を行ったとの事。鉄道ファンにとっては忙しい一日でしたね。

次は九州新幹線・鹿児島ルートの開通と〔さくら〕〔みずほ〕のデビューですね。さらにその後には北陸新幹線と北海道新幹線の部分開業が控えています。さらにその次には中央リニアの着工へと続きます。

こうして高速鉄道網が整備されていくわけですが、その裏には平行在来線の第三セクターへの移行と地元利用者の利便性悪化があります。

現在、平行在来線としては、しなの鉄道とIGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道、肥薩おれんじ鉄道があるわけですが、いずれも運賃はJR時代に比べて上がっています。さらに車輌の短編成化や運行本数減少など、色々なデメリットもあるのです。

そういう意味では、特に鉄道利用の学生さんへの影響が大きいかもしれませんね。

こうした影の部分を取り上げているマスコミは少ないです。もっとメリット・デメリットの両面を取り上げて報道をしてほしいなぁと個人的には思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »