« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月25日 (土)

JR東日本・12月4日改正のプレス発表がありました

こんばんは。

JR東日本の12月4日改正のプレス発表がありました。それによると、おおまかには新幹線の新青森開業関連と東京メガループ関連の二つが中心のようです。メジャーな内容に関しては該当のホームページを見ていただくとして、ここでは個人的な感想を述べてみたいと思います。

まず新青森開業関連ですが、特急〔いなほ・かもしか・つがる〕が〔つがる〕に統一され、運行区間が青森~秋田となります。〔スーパー白鳥・白鳥〕は新青森・青森~函館へ区間短縮です。

注目なのは、青森~新青森間(各駅間相互利用)は乗車券のみで特急自由席が利用可能になるという事です。この措置はJR九州での宮崎空港~宮崎と同様ですね。

また、新幹線の乗り継ぎ割引対象駅が、八戸から青森・新青森へ変更になります。これは色々と応用がききそうですねぇ(鉄っちゃん的思考でゴメン)。ただ、それをここで書いてしまうと、JR側に事前対抗措置をとられそうなので黙っておきます。鉄っちゃんなら私がこの制度変更を利用して何を考えているか、分かるはずですしね。

あとはリゾート関連新型車両が導入ってことくらいでしょうかね。新幹線そのものの系統分離や本数変更などは興味ないですし。

東京メガループ関連ですが、実はあんまり関心がないので書く事はありません。例えば、南武線に快速が増えても(2011年3月改正時から)私は沿線住民ではないので滅多に利用しませんし。

ただ、関東の特急に廃止や臨時化が相次ぐのには注目しています。これはおそらく、高速道路の割引制度が影響して中・短距離の特急利用者が減少したからではないでしょうか。

この本数削減によって高崎地域の185系にいよいよ引退圧力がかかってきます。余剰になった房総のE257系は中央や高崎へ転属の可能性もありますが、順番としてはその前に255系が引退でしょうね。

現段階ではまだ明らかになっていない改正関連情報もありそうです(個人的にはあると思っていますが。例えば、日本海縦貫関連の詳細情報がまだ発表されていないので)。今後も注視していきたいと思います。

こうしてまた鉄道の高速化と都市間輸送化が進んでいくんですね。そして利用客の少ない線区は廃止へとつながっていく。ローカル派の私としては寂しい限りです。ゆっくりとした、旅情のある鉄道旅行が失われていくのは残念ですがこれも時代の流れなんでしょう。

でもせっかく世界に誇る鉄道網が縮小するのは地球温暖化防止の流れと逆行しているような気がするのですよね。アメリカは鉄道の整備をしていますし、ヨーロッパでは路面電車が見直されていますし。結局は営利市場主義なんですよね。でも公共交通機関としての鉄道の役割や機能ももっと評価してほしいです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

さすが連休ですね

こんばんは。

昨夜は完全徹夜で文章を書いていました。午前五時過ぎまで書いたところでようやくキリがよくなったので、風呂にでも浸かって寝ようかなという流れに。

しかしその時にふと『どうせそのまま昼間に寝て過ごす事になるんだったら、外へ出かけて移動中に眠れば効率的じゃん!』なんて無謀なことを考えてしまいました。しかも冷静に考えれば今は連休中。移動する際も人であふれているのは確実です。

……やはり思考力と判断力が“アッチの世界”に行ったままだったようです。

こうして自宅を六時半頃に出発。なんとなく品川へ行って都営バスの写真を撮影。その後、銀座で文房具を眺めたり、秋葉原でCD(来月発売の某アルバム・初回限定版)を予約したり。路線バスでの移動中には仮眠を取らせていただきました。

ただ、バスの中はかなり混んでましたし、どこに行っても人出は多かったです。さすが連休ですね。

午後の早い時間に自宅に戻り、夕方まで眠りました。気力はあるので、今夜も徹夜をして文章を書く予定です。さすがに明日の昼間は休養を取ろうと思っていますけどね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

けいおん!! 第24話『卒業式!』の感想 ~挿入歌『天使にふれたよ!』が泣けるッ!~

こんばんは。

先日、東京地域で放送されたTBS系列のアニメ『けいおん!!』の第24話『卒業式!』ですが、かなり良かったです。特に挿入歌の『天使にふれたよ!』が最高です!

学園を舞台にした色々な作品で卒業式のシーンがありますが、その卒業式シーンそのものはそんなに大差はないように思います。でも細かく見ると色々と注目すべき点があります。

この作品では同じバンドのメンバー(メイン主人公)五人のうち四人が三年生、一人が二年生となっています。つまり先輩四人の卒業によってメンバーが別れてしまうわけです。

作品の要素として『別れ』というものは涙を誘うものです。しかも多くの視聴者は小学校、中学校、高校、大学など、なんらかの学校の『卒業』を経験しているわけですから、感情移入しやすいはずです。

そういう点で考えれば、制作側から見れば比較的扱いやすいと言えるかもしれません。

しかし元々がそういう特殊な要素である以上、使い方を間違えれば冷めたものになってしまう可能性もある諸刃の剣なのです。

そして要素自体が使い古されているという点も、他作品といかに差別化をするかが腕の見せ所となってきます。だからといって奇をてらいすぎてもダメです。視聴者の期待を裏切らずにいかに差別化をするかという非常に難しい問題があるのです。

この作品は『音楽』が一つのキーワードです。そして『卒業』という要素、この組み合わせは過去の作品にもたくさんあります。そうなると、差別化をするにはやはりキャラクターたちの個性と作品の色を中心に出すという事になります。

今回の話では、冒頭から最後に至るまでキャラクターの個性を活かしたシーンを描きつつ、音楽を使って卒業の様子を描いています。それも場面によって、

・卒業する側(メイン、サブキャラ、ガヤ)

・送る側(メイン、サブキャラ、ガヤ)

がうまい具合にミックスされている。そして最後にメインキャラが集まって――という流れ。

特に良かったのは最後のシーンで流れた挿入歌『天使にふれたよ!』です。卒業はするけど、心はいつも一緒というメッセージが込められています。

卒業では別れは描くけどそれでおしまい、つまり悲しい感情にのみ訴えてくる作品も多いのですが、この作品では卒業は別れだけど別れじゃない、という一味加えたものにまとめられているのです。

そして三年生達が一人残る後輩(あずにゃん)のために作った曲(天使にふれたよ!)を演奏したシーンのあとの

「あんまりうまくないですねっ。……でも私、もっともっと聴きたいです! アンコールッ!」

という、あずにゃんのセリフが秀逸です。これは五人のキャラクター同士の心のつながりと、あずにゃん自身の個性をうまく引き出していると思います。

こうした構成であれば、知らず知らずのうちに視聴者は作品に引き込まれていくでしょう。

まさに視聴者が自らもその場に立ち会っているかのような、そんな印象を受けるのではないでしょうか。まるで読書をしている時と似ているかもしれません。ただ、本と違うのはアニメの場合は視覚(絵)と聴覚も使っているので、よりリアリティを感じられるということ。一種のバーチャルですね。

制作者側に脱帽です。見事にやられました。素人ながらも創作活動を行っている私としては非常に悔しい! でもおかげでやる気が出てきましたっ!

こんな感じで個人的に感想を述べてみました。作品を見た他の皆様はどんな感想をお持ちでしょうか? 

感性や感じ方はみんな違うので、違う感想を持った人もたくさんいるはずです。つまらないと思った人もいるでしょう。

要するに、これはあくまでも私の感想だということです。視聴者の数だけ感想があるのです。だから自分と意見が異なるからといって、怒ったりしないで下さいネ!

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月10日 (金)

少しだけ涼しくなってきました。

こんばんは。

体調はだいぶ良くなってきました。ここ数日は涼しくなってよかったのですが、まだしばらくは暑い日もあるようです。過ごしやすくなるまでもう少しですね。

さて、もう少しといえばそろそろ各社の小説賞の締め切りラッシュになりますねぇ。どこに応募しようか迷うところです――という前に完成させろって話なんですが。

ここのところの多忙の影響でちょっと作業が遅れ気味です。でもどこかには出したいですね。で、その作業とは別に旅行記の執筆・編集・制作がありますし。このままじゃ、寝不足でまた体調が崩れそうな予感も……。

ま、結局はいつものようにマイペースでやるだけなんですけどね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

体調不調と色々

こんばんは。

まだまだ残暑が厳しいですねぇ。そのせいで体調不調が続いています。日常生活の全てに影響しているので、なんとか立て直したいところです。

特にモノ書き作業がどうしても遅れてしまうのが困ります。充分な休息を取ると同時に、気合と気分転換で精神面もリフレッシュしたいものですね。

さて、実は私の使っていた某機械がメーカーの回収対象となりまして、修理に出しておりました。当初は部品調達の関係で数週間かかると聞いていたので、以前に使っていた旧型機を掘り起こして使用する予定でした。長期間使用していなかったのですが、ちょっとしたメンテだけで使用可能でした。これで準備万端!

――と、思っていたら予想以上に早く修理が終わって帰ってきたので、旧型機を使うことなく現役機が復帰する事になりました。労力が無駄になったような気もしますが、旧型機をメンテして使用できる状態を維持できたので良かったのかもしれません。

自分の体調もこまめにメンテして、リフレッシュしないといけませんね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »