« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月24日 (火)

近況報告でもしてみますか

こんばんは。

前回の更新からずいぶんと日数が空いてしまいました。別に熱中症で倒れていたわけではありません。

――こら、そこっ! 私が倒れてなかったからって残念がらないっ!

まぁ、何をしていたのかというと、いろいろと。とにかく忙しい毎日を送っておりました。だから単純にブログの更新にまで気力が回らなかったのです。

今後のスケジュールとしても12月上旬まで暇がありません。遊んでちゃいけないとはいえ、適度に息をつかないとかえって効率が悪いのも事実。せいぜい遊び過ぎないように気をつけます。

――結局、何をするにしても動かなければ終わりませんからね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

腕時計のバンドを自分で交換しました

こんばんは。

最近、腕時計のバンドがボロボロになってしまったので交換しました。

付け心地は上々です。気分も実に爽やかです。いつもこんな気持ちでいたいものですね。やはり現代のストレス社会、心にはゆとりというものが必要ですし、おおらかな気分で過ごしたいものです。

さて、先日にバンドだけを買ってきて、自分で交換しました。以前は近所の時計屋さんでバンドを購入したと同時に交換してもらってた(購入するとサービスで無料で交換してくれます)んですが、ちょっとお高いので今回は安いところで買ってきて自分で交換したんですね。

やり方は以前に交換した時に時計屋さんがやっていたのを見ていましたから、専用工具がなくても自前の道具で出来ました。作業時間もほんの数分です。

バンドがダメになってしまったのは、先日の旅行が原因です。暑い中を腕時計をつけたまま歩いていたので汗がしみこみ、経年で劣化していたところにトドメをさしてしまったようなのです。

時間はケータイで分かるのですが、やはりパッとすぐに見られる腕時計は便利ですね。ただ、電車の中で他の人の腕を見ると、若い世代は腕時計をせずにケータイで時間を確認する人が多いようです。ビジネスマンや年配の方はたいてい腕時計をつけていました。

今は街のあちこちに時計がありますが、それでも自分で腕時計なりケータイなり、時間を確認できるツールを持って時間をチェックしてしまうのは勤勉な日本人の特徴なのかもしれないなぁと思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

『キャプテン』と『チェンジUP!!』

こんばんは。

久しぶりにコネタマに参加します。今回は『野球マンガといえば?』です。

相変わらず選択肢が少ないですねぇ。それになんでいつも選択肢の内容が偏ってるんでしょうか? まぁ、いいですけど。

やはり外せないのが『キャプテン』です。そして同シリーズの『プレイボール』でしょう。いずれもアニメ化されていて、これらの作品には泥臭さ、努力、諦めない心、成長――様々な要素が詰まっています。

選択肢に挙がっている作品の主人公達は、かなり派手です。能力だってずば抜けています。でも『キャプテン』の主人公達は必ずしもそうではありません。特に谷口くんなんかは地味です。でも彼は努力という点においては、他作品の主人公達にひけをとりません。

東京下町の人情と情緒も描かれていますし、東京下町人間の私にとっては懐かしい雰囲気を感じますし、落ち着きます。

東京人は冷たい、などと言う方もいらっしゃいますが、それは違います。むしろ何世代も前から東京に住んでいる人間は他の地域にも負けないくらい人情にあふれているのです。そんな姿がこの作品からは感じられるのです。

次に挙げるのが『チェンジUP!!』です。かなりマイナーな作品で、かつて週刊少年ジャンプに掲載されていました。途中で打ち切りになってしまったのか、単行本も少ないです。

この作品には、ある障害を抱えた主人公や、その彼といい感じになる野球少女が出てきます。その点はメジャーの吾郎君と薫ちゃんに似ているかもしれません。

主人公やヒロインの、野球に対する想いというものがよく感じられました。私は好きだったのですが、当時の人気漫画は見た目が派手なアクションものでしたから、完結しないままに連載が終わってしまいました。最後まで読めなかったのが残念です。

単行本を持っているのですが、たまに見て青春を味わっています。

あとは『野球狂の詩』でしょうか。今でこそ女性プロ野球選手や高齢プロ野球選手が実際に現れましたが、作品当時としては異色のこの組み合わせが実現していました。

女性投手の水原勇気と50歳越え投手の岩田鉄五郎というある意味、野球ファンなら一度は見てみたい選手達でした。今はナックル姫や西武の工藤氏といったようにプロ野球界に実在するようになりましたが、こうしたちょっとだけ変わった選手が出てくる作品というのも楽しいものです。

どちらかといえば、私の好みの傾向としては、超人的な能力を持った主人公や恋愛に主眼が置かれた作品よりも、泥臭さのある野球漫画の方が好きなようです。とはいえ、ドカベンやメジャーも好きですけどね。ちなみにドカベンでは殿馬、メジャーでは阿久津といったかなりクセのあるキャラが好きです。

うーん、それにしても『キャプテン』は選択肢に入れてほしかったなぁ……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

ブログネタ: 野球マンガといえば?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

東京の地下鉄統合についての私見

こんばんは。

ここ最近になって、東京地下鉄(東京メトロ)と都営地下鉄の統合の話がよく報道されています。テレビ各局での取り上げ方としては、大筋では同じような事が説明されていました。少しずつ分析が違っている所はありましたけど、基本的には街に出て利用者にインタビューし、

「統合した方が便利です」

「運賃が別だから、一緒ならいい」

「別だと乗り換えに手間がかかる」

という感じの声を集めていました。

私の個人的な意見ですが、中には統合に反対という人や意見もあったはずなのですけどね。そういう意見をいう人が本当にいなかった可能性もありますが、それが排除されてしまっているニオイがしますねぇー。

客観的にざっと見て、統合された方が利用者のメリットが多いのは事実です。大まかには料金面、利便性、分かりやすさなどがあります。

一方で統合の問題になるのは都営地下鉄の累積赤字と債務で、これは各局でも報道されていました。その反論として、都の副知事はここ数年の財務状況の改善と黒字化を果たしているということを述べていました。

でもこれだけを見て判断をしてよいのでしょうか? この黒字化について疑問点があります。

それは料金面の違いについてです。二社の初乗り運賃や料金体系が異なっている事まではどのテレビ局も説明していました。でもそういう意味ではありません。

都営地下鉄はメトロに比べて料金が高いわけで、もし統合という話になれば利用者の立場を考えると安い方の料金体系に合わさざるを得ないでしょう。そうでないと利用者の反発が強いですからね。統合反対の声だって大きくなります。

料金体系を安い方に合わせた場合を考えると、都営地下鉄の利用状況をメトロの料金体系で計算しなおし、その状態で比較しないと統合後も黒字を維持できるかが不明なのです。料金体系が違うままだったら比較してもあまり意味がありません。

それに合併したからといって単純に利益を足して計算できるというものではありません。今まで別々に利用していた人もいるわけで、合併して通しの料金で計算できるようになったらその分の利益が減るのですから。ただ、合併によるコスト削減という効果はあります。

次に債務の問題に関してですが、合併したら単純に債務が増えます。メトロは株式上場を目指しているわけですから、債務の増えた会社の企業価値が大きく上がるとは思えません。だって合併する事で利用客が大きく増えるわけではないのですから(利便性向上により、多少は増える可能性はあります)。

現在のメトロの株主は国と東京都な訳で、日本全体のこと(日本国の財政)を考えれば高く株が売れた方がよいのです。そういう意味で国土交通省は価値の減少につながりかねない合併を嫌がるわけです。

以上のいくつかの事を考えれば、このままもうしばらく合併をしない方がよいという見方もあるのです。

かといって、しばらく待とうにも『メトロの株式売却は速やかに』となっているわけですから難しいのですけどね。

合併は利便性向上などのメリットがある反面、現時点では日本の財政という点などでデメリットがあるのです。ここまで深く丁寧に説明してくれたニュース番組はなかったように思います。もしかしたら、元NHKアナウンサーの池●さんが近いうちにどこかの番組で解説してくれるかもしれませんけどね。

――最後にすごく個人的な意見として、合併に反対なんですよね。だって都営交通を一日に限り乗り放題の『都営まるごときっぷ』で都営地下鉄に乗れなくなっちゃいそうですから。乗れるように設定されたとしても、おそらく値上げは必至だもん……。はい、鉄っちゃんの意見でしたっ!

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

暑かったけど充実してました

こんばんは。

昨日、一昨日の二日間、久しぶりに泊りがけで旅行に行ってきました。ずっとモノ書き作業で疲れていたので、かなりリフレッシュしました。

今回の旅では、東北、新潟を中心に観光してきました。しかも某駅ではある有名人とお会いして写真を撮らさせていただきましたしね、ウフフッ! 色々な出来事にも遭遇しました。

いつもは鉄道に乗ることをメインにしていて、今回もそのつもりで計画を組んだのですが、思いのほか観光スポットの内容が充実していて楽しかったです。

なお、このクソ暑い中、徒歩での移動が多かったので汗がダラダラ――いや、汗がドバーッでした。でも徒歩で観光したからこそのメリットもありましたし、暑い中を歩いたかいはありました。

ではどの場所を観光してどんな内容だったのかというと――

それは色々な理由があってまだヒミツです。これでまた活力が戻ってきたので、色々な作業がはかどると思います。やはり旅行は最高ですねっ!

今日これでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »