« 回路が壊れていた模様 | トップページ | 潔いのはいいけれど »

2010年3月15日 (月)

過去と未来は無限大

こんばんは。

世間の多くが年度末という事で、別れや卒業といったテーマが取り上げられています。

出会いがあれば必ず別れがあります。でもそれは物理的なものであって、心の中では永遠に傍にいるんだぜっ、という人だっています。

ただし、人間というものは時間が経てば記憶が薄れていくもの。絶対に忘れない、と思っても細部まで記憶できているとは限りません。しかも記憶が変化していってしまう事もあります。

その点、日記や写真、動画などで記録しておくとそういった心配はありません。

変わらない記憶はもちろん有効なのですが、変わる記憶というのもトラブルにならない限りは良いのかもしれません。

某作品で『過去を変える』という力を持った主人公がいましたが、そういうものがなくても過去は変化しうるものなのかもしれません。そういう意味で過去は確定事項ではないのでしょう。

今は一つですが過去も未来も無限に存在する。

以前からこの考え方を持っていたのですが、あらためてまた思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 回路が壊れていた模様 | トップページ | 潔いのはいいけれど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過去と未来は無限大:

« 回路が壊れていた模様 | トップページ | 潔いのはいいけれど »