« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月21日 (日)

お彼岸なので

こんばんは。

お彼岸なので、今日は墓へ行ってきました。今朝は風が強かったのでどうしようかと思いましたが、日中は収まってくれたので良かったです。

でも風の影響で墓地には木の枝や葉がたくさん落ちていました。

夕方になってまた少し風が出てきましたが、明日は少しは落ち着きそうです。

それにしても、これでようやく春になりそうですね。暑さ寒さも彼岸まで、とも言いますが、これって昔の人たちの経験則であり、しかも迷信ではないものの一つかもしれません。

桜の花もそろそろ咲き、花見のシーズンが近付いてきます。私は散歩をするだけですが、毎年恒例の上野や飛鳥山(王子)、隅田川(浅草)あたりをまわってみましょうかねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

ひとまず安心

こんばんは。

地中海や大西洋でのクロマグロの国際取引禁止について国際会議が開かれていましたが、否決されたようです。

別に私はクロマグロを好んで食すわけではありません(お高いので)が、その影響で他の魚まで規制されては困るので、否決されてよかったです。

やはり魚好きの私としては、今まで食べられた魚が食べられなくなるというのは悲しいですからね。肉食中心の国の連中の思い通りになってたまるもんですか。

データや科学的な根拠を基に議論してほしいのに、こういう会議では感情論や国益で動く人がいるのはいかがなものか。

鯨にしてもそうです。養殖出来るかどうかとか知性がどうとか、議論のすり替えですよ。生きている以上、他の生物の命を奪って(食べて)いるわけです。命に優劣をつけるとか、人種差別に似てますよね。

それなら、科学が進歩して牛に高度な知性があるって判明(あるいは突然変異でそうなる)したら、牛を食べないんですかね?

ベジタリアンの人だって植物を食べてますよね。植物だって生きています。その中にいる微生物だって人間の目に見えないだけで摂取してるのです。

絶滅の恐れがあるから保護する。その考え方は分かりますが、そのための科学的なデータと研究が提示されないとエゴや差別になってしまいます。そして社会的には、食文化というものもある。

とはいえ、全ては人間の勝手な判断でもあります。食物連鎖と弱肉強食から純粋には外れている人間としては、どういう結果にも出来ます。そしてそれが進化の過程上での結果に過ぎません。

人間がいる事で滅びたのであれば、それはその生物が時代に適応できなかったという事。そういう意味では、野菜やペット(犬とか)なんかは人間のいる時代に適応したともいえます。

事実、今の時代は地球の歴史の中で何度か繰り返されてきた『大量絶滅』が起きているともいわれています。その原因が今までは地球の揺らぎであっただけで、今回は人間が原因となっただけかもしれないわけです。

結果は結果であって、それ以外の何ものでもありません。そこに勝手に善悪の判断をつけているのは人間というだけ。

人間も地球に生きる一つの生物であり、ちっぽけな存在である事を忘れてはいけません。さも人間が全ての資源を管理しているかのような錯覚に陥ってはいけないのではないでしょうか。そういう意味でも人間はちっぽけなんです。

それでも資源の一部を管理できる知恵はあります。増やす事も減らす事もある程度なら可能です。その能力をどう使うのか、世界の多くの人にもっと深く議論をしてもらいたいなぁと思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

気温の差が大きいですね

こんばんは。

ここ数日は暑くなったり寒くなったりと、一日における気温の変化が大きい日が続いています。

意外に体は堪えるんですよね。寝る時に暖かくても朝方は寒い、なんてケースでは風邪をひかないように気をつけなければなりません。

暑さ寒さも彼岸まで、といいますし、もう少しの辛抱なのでしょう。

春はもうすぐそこです。体調管理をしっかりとしていきたいものですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

潔いのはいいけれど

こんばんは。

ニュースでは鳩山邦氏の自民党離党の話題で賑わっていますね。

個人的にはある程度の評価はします。潔さと思い切りの良さだけは。

離党せずに潮目をみて、状況によっては残ろうとしている舛添氏や与謝野氏に比べればサッパリしていて良いです。

ただし、政策理念というか、何をしたいのかが明確でないのが疑問です。

その点で言えば、しっかりと旗印を掲げて離党した平沼氏や渡辺氏の方がまだ納得できます。そういう意味では国民新党のスタートメンバーも同様でしょう。

坂本竜馬を例えに挙げるのは構いませんが、現代の薩長同盟を実現できるのかは未知数です。政治家は時間が経てば考え方を変えて動く事が多いので、もしかしたら今後はもう少し動くかもしれませんね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

過去と未来は無限大

こんばんは。

世間の多くが年度末という事で、別れや卒業といったテーマが取り上げられています。

出会いがあれば必ず別れがあります。でもそれは物理的なものであって、心の中では永遠に傍にいるんだぜっ、という人だっています。

ただし、人間というものは時間が経てば記憶が薄れていくもの。絶対に忘れない、と思っても細部まで記憶できているとは限りません。しかも記憶が変化していってしまう事もあります。

その点、日記や写真、動画などで記録しておくとそういった心配はありません。

変わらない記憶はもちろん有効なのですが、変わる記憶というのもトラブルにならない限りは良いのかもしれません。

某作品で『過去を変える』という力を持った主人公がいましたが、そういうものがなくても過去は変化しうるものなのかもしれません。そういう意味で過去は確定事項ではないのでしょう。

今は一つですが過去も未来も無限に存在する。

以前からこの考え方を持っていたのですが、あらためてまた思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

回路が壊れていた模様

こんばんは。

所用でストップウォッチを使おうかと思い、引き出しの奥から出しました。電池は抜いてあるので液漏れなどの心配はないのですが、果たして動くかどうか。

しかもプラスチック製の部品が破損していたので、まずは瞬間接着剤で補修。乾かしている間に新しい電池を入れてテストをしてみました。

しかしうんともすんともいいません。

回路の部分を開けて簡単にメンテナンスを行いましたが、部品そのものがダメになっているらしく、使用を諦めました。せっかくプラスチックの部品は補修したのに。

あれなら新しい物を買った方が安いのですが、別にそこまでして必要ではないので、時計で代用する事にしました。別にコンマ以下の単位で正確な時間を計測するわけではないので。

ちなみに、色々と作業道具を出したのでついでに壊れていた別の品物を修理しました。そちらは今のところ正常に戻って活動しています。

やはり壊れたものはなるべく早めに修理しないとダメですね。使わないからいいやと思っても、いざ必要な時に動かないのでは困りますしね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

また消えゆく……

こんばんは。

明日、JRのダイヤ改正があります。これにより、寝台特急〔北陸〕が廃止、夜行急行〔能登〕は臨時化され車輌が489系(ボンネット)から485系へ。大糸線はキハ52が引退となります。

いずれも間際では混雑が予想されるため、私は昨年末に行ってきました。その模様は旅行記にして近々(5月頃を予定)写真と共に公開します。

それにしても、また国鉄の名残が消えてしまうのですね。寿命と時代の流れにより消えるのは仕方のない事ですが、やはり寂しいものです。SLのようにイベント列車として動態保存されればよいのですが、全ての車輌でそれをやるわけにもいかないですしね。

乗り心地や省エネ性能などは新型車輌の方が上ですが、古い車輌には『思い出』や『歴史』といったものがあります。現在の新型車両もいつかは引退します。むしろ寿命だけ考えれば現在の車輌の方が短いでしょう。

古い車輌はとにかく頑丈に作って長い期間使用する事が想定されています。でも現在の考え方は寿命を短く、どんどん新しい車輌に切り替えていく事で結果的によりよい性能やサービスを提供・享受しようというものになっています。どちらの考え方もその時代背景を反映していますし、理解も出来ます。

運用の長さに限らず、どんな車輌にも想いをはせる人がいるという事。引退する車輌には「お疲れ様」、新しい車輌には「これからよろしく」と声をかけ、どちらも愛し続けていくというのがよいのではないでしょうか。

ただし、行過ぎた愛情はいけません。鉄道はみんなのものであり、最低限のマナーを守っていきましょう。一部の人のせいで鉄道を愛する人たちみんなが誤解を受けたり制限をされてしまっては悲しいですからね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

みんな意外に頑固なのかも

こんばんは。

考え方は人それぞれで、答えもたくさんあるのだから『こうしなければならない』と一つに決めてしまうのはもったいないと思う。

少なくとも、一つに決めなければならない事項(例えば、国の予算とか)じゃなければ複数の考え方ややり方を認めてもいいのではないか。

特に人の好き嫌いで判断をしてしまうのはもったいない。考え方ややり方に罪はないのだから。良いものは吸収し、自分の糧とすればよいのだから。

でもよりよい情報を得るにはその人とも好意的に接する方がメリットは大きい。

その一歩を踏み出せばいいのに、過去に縛られて動けない人もいる。それもまた一つの選択だからダメではないけれど、なんとなく悲しいと感じる。

過去は過去として現在に引きずらず、未来を新しく築いていけばお互いにメリットは大きい。でもプライドとか念みたいなものが邪魔をする。そういう意味で、意外に頑固な人は多いのです。

そんな事を思った、今日この頃。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

ボーっとするのは有意義なのかも

こんばんは。

夢とはなんでしょう?

寝ている間に見るもの、それが夢です。そして未来を思い描くもの、それも夢です。

どちらにも共通しているのは、それが『現実ではない』という事です。

でも自分の行動次第で『現実』へと変える事が出来るかもしれません。

それでは、例えば『翼を得て、空を自由に飛びまわる』という夢は叶えられるのでしょうか? ストレートに考えれば非常に難しいでしょう。でも間接的には充分に可能です。

ここでいう『間接的』とは、飛行機やパラシュートのようなものを使って空を飛ぶというだけでなく、バーチャル体験も含みます。要するにアプローチの手段は色々あるわけです。そう考えれば、夢とは遠いようで意外に近い存在なのかもしれません。

日々の忙しさの中にいると、そうしたことを考える余裕やゆとりがあまりないかもしれません。ゆえに、ボーっと過ごすというのは時間を無駄にしているように見えるかもしれませんが、案外有意義なのかもしれません。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

つれづれ

こんばんは。

雨が続くとどうしても外出しにくいですね。そうなるとテレビを見たりゲームをしたりという結果になってしまいます。――え? モノ書きをしろって? 

…………。

さ、さぁてっ、えーと、雨の中を散歩するのもたまにはいいかもしれませんねっ♪

…………。

べ、別に小説を書いてないわけじゃないんだからねっ! 勘違いしないでよねっ、フンッ!

――というわけで、モノ書きの進行度合いが遅いので、このようにベタなツンデレ風味になってしまいます。なんとか頭をスッキリさせてスピードを上げたいのですが、うまくいきません。

仕方がないのでもう少し気を練ろうと思います。小宇宙(コスモ)を燃やすのもいいですね。ピンチの時こそチャンスに変えて逆転する。少年漫画の基本です。

ま、書く事がないとこういう感じでつれづれと適当に書いてしまいます。集中力を高めて気合を入れなおさなければなりませんね。反省です。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

たまにはこんな日もあるさ

こんばんは。

どんな人だって調子のいい時と悪い時があります。ずっと理想的な行動を取れるはずがありません。だから少しくらい失敗したって、うまくいかなくたっていいんじゃないでしょうか。

意外にみんな緊張ばかりの中で自分を追い詰めているのかもしれません。ダメな時はダメ、だからそんな時は思い切って心の糸を緩めてしまいましょう。

ただし、何でもかんでもいつでも緩めていいのではなくて、最低限の部分はしっかりしないといけませんけどね。その度合いやタイミングは見極めないと。

うまくいかなかったらそれはそれで仕方がないので、気持ちを切り替えて次に活かせばいいんです。

とはいえ、周りの環境によって色々と制限を受けるのも事実。ちょっとした息抜きさえ出来ないから心の糸が切れてしまう人がたくさんいるのでしょうね。そう考えると、競争社会というのも残酷な気がします。

自然界に生きる生物たちは食物連鎖・弱肉強食という絶対的なルールの中にいます。我々はある意味そこから外れ、他の生物に捕食されるケースがほとんどありません。

その代償として同属である人間同士で生存競争を繰り広げている、いわば共食い状態にあるのかもしれません。おそらく戦争もその一部。もしそうなら人間と他の生物のどちらが好ましいのでしょうかねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

私にはちょっと高すぎますが

こんばんは。

いすみ鉄道が『自腹でもいいから運転手になりたい』という人を募集するそうです。気動車の運転免許を取得後は嘱託で雇うとか。

総額は約700万円だそうですよ。趣味にお金をつぎ込む人なら、もしかしたら応募するかもしれませんね。

碓氷峠にある鉄道文化村でEF63を運転できる(補助機関士か何か)免許の取得というのはありましたが、今後もこういった試みが増えていくんでしょうかねぇ。

ローカル線の経営はどこも厳しいですが、今回の試みがうまくいけば他の鉄道会社もやるかもしれません。

もっとも、根本的な赤字解決のためには利用者を増やすしかないんですけどねぇ。地元の利用者を増やすと同時に観光客も呼び込まないと現実的には厳しいです。特に大都市圏から離れれば離れるほど観光客を集めにくい。

様々な問題があって根が深いので、赤字ローカル線の問題はこれからもずっと続くのでしょうね……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

ちょっと疲れてます

こんばんは。

今週は天気の悪い日が続くそうで、いよいよ季節の変わり目という感じです。我が家の梅もだいぶ花が咲いてきました。

でもここのところの気温の変化に、体は少し参っています。――もちろん睡眠時間を削って色々と作業をしているというのも原因でしょうが。

今日は早めに寝て体力回復です。

という訳で、今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

どんな愛称になるのか

こんばんは。

JR東日本が新幹線E5系の愛称を募集しているそうです。

ちなみに以前、津軽海峡線で789系が出来た時に〔はつかり〕が消滅して現行の〔スーパー白鳥〕になりましたが、地元では〔はつかり〕の愛称を北海道新幹線が出来た時のために温存しているとか。

例えば、JR九州はとにかく伝統の列車名を獲得したいという意欲が強いです。さくら、つばめといったように。次は〔富士〕とか〔はやぶさ〕あたりを狙ってるんでしょうかねぇ。

列車の愛称はJR旅客会社間で調整が必要なものもありますし、商標の関係もあるのでなんでもOKという訳にはいきません。当然、地元やJR内部の意向も働きます。上越新幹線の現行〔とき〕(元・あさひ)なんかは地元の意向が強く反映された一例です(実際、色々と別の力も働いていたようですが)。

今回も当初は〔はやて〕を改称しようとしていたようですが、地元は意外に〔はやて〕を気に入っているようです。もしかしたら残るかもしれませんね。

前述のように〔はつかり〕は北海道新幹線用に残すとして、他の伝統の列車名を使うのかどうか。コンセプトとしては「新しい」とか「未来」を押してきそうなので、現在未使用の旧愛称(はくつる、ゆうづる、八甲田、みちのくなど)は付かないかもしれません。

また、現行の〔つがる〕はおそらく廃止され、〔かもしか〕と統合。どちらかの愛称が消えます。あるいは〔白鳥〕とも区間を調整し、三つのうちの一つだけが残るという可能性もあります。ちなみに〔いなほ〕で一往復設定されている新潟~青森も全列車が秋田までになる可能性も大です。

さてさて寝台の〔あけぼの〕はどうなってしまうんでしょうかねぇ。個人的に注目です。

これらを考えると、北東北の愛称や特急区間は大きく動きそうです。せっかくなので、私も応募だけはしてみましょうかねぇ。どーせ、内部ではすでに決定しているんでしょうけど。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

新大阪で会いましょう

こんばんは。

新幹線500系のぞみが定期運用を終了しました。

別に500系自体は西日本内でこだまとして運用が残る(短編成化されますが)ので、私個人としてはそんなに大きなイベントとしては認識してなかったんですけどね。西日本と九州で新幹線の相互直通が開始されれば、新大阪~鹿児島中央でも運用されそうですけど。

それにしても、500系がこだま限定ですか。昔はわざわざ500系を選んでのぞみに乗っていたのに。ま、東海が500系を毛嫌い(車内アコモ、車輌を持っていない、東海区間では最高速を出せない、などといった現実問題だけでなく、プライド的にも良い感情を持ってない)しているので仕方ないですけどね。

西日本での新幹線最上級は『ひかりレールスター』ですから、500系が格落ちも止むを得ないかなぁとは思ってましたが、これで100系の立場が危うくなりましたね。ただ、小倉~博多(~博多南)などの短区間ではまだもう少し頑張ってくれそうです。あの塗色は好きではありませんが。

でも西日本のことですから、そのうちイベント(おそらく、お葬式や●周年)などで100系ひかりや500系のぞみも運用してくれるでしょう。もちろん、西日本区間に限っての運用になるでしょうけど。

その時は私も出かけようかなと思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

マラソンどころじゃなかった

こんばんは。

東京マラソンをテレビで見てたんですが、それ以上にチリ沖大地震の影響による津波の方が気になってNHKばかり見てました。

鉄道やら高速道路やら船やら、「こんなところまで!?」というような運休や通行止めがありました。これだけ広い範囲でしかも長時間影響が出るとは想像以上でした。

各テレビ局とも他のニュースがみんな扱いが小さくてちょっとだけ面白かったです。普段ならもっと時間をかけて特集されそうな話題も一瞬でおしまい。しかもどの番組にも日本地図と警報範囲の表示。

今朝なんか某アニメ番組の冒頭が警報発令の警告音のみで音声カット。じょ~だんじゃな~いわよぉ~っ! ――来週とか、再放送してくれるのかしら?

まぁ、これが平日じゃなくて良かったですよ。平日だったら通勤できない人たちがあふれて大混乱になっていたでしょうからね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »