« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

教育テレビorミュージカル?

 こんばんは。

 テレビ東京系で放送されているアニメ『かなめも』ですが、先日の放送を見て「教育テレビかよっ!」とツッコミを入れたくなりました。

――というのも、全編にわたって各所に劇中歌がちりばめられていたからです。

 まずはアバンタイトルで「ビキニはすぐにペロンペロンッ♪」なんてセクハラ歌が流れたと思ったら、本編ではメンバーが明るい声で「夏はやっぱりプールでしょ♪」という歌詞の楽しい歌を。

 で、声優陣にそこそこ歌える人たちが揃っているので聞き入ってしまいました。さらに後半では「わたーしたちは働く少女 働く少女 毎朝毎晩新聞配る♪」という歌をいろいろなバージョンとシチュエーションで流していました。

 そしてずっと頭にこびりついてしまった歌が「代理は鬼 可愛いけど小鬼じゃないっ 代理は鬼♪」という奴です。曲も面白いですし。

 最近の深夜アニメでは第三話から第四話辺りで水着のシーンを入れるというのが定番(お約束?)になっているようですが、この『かなめも』に関してはそういったシーンよりもこのミュージカル調の構成がすばらしい。

 以前に『みなみけ』でも劇中歌としてカレーライスのスパイスの歌がありましたが、今回のように劇中歌メインの構成もたまには良いですね。

 ちなみに『かなめも』が始まる直前の『すたみな太郎』のCMに水木一郎氏が出演して「す・た・み・な・たろぉー!」と叫んでたのも印象に残ってます……。

 今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

ちょっと遅れましたが、カラオケのオフレポ

 こんばんは。本日は先週に参加したカラオケオフ会の様子をお伝えします。某所で「テメェも書けや、ゴルァ!」とプレッシャーをかけられたという事もありますので。

 集合場所はいつものように新宿・紀伊國屋書店前で、集合時間は午前十一時。以前は集合前に都庁の展望台を見学していたので、自宅を出るのが午前六時でした。ですが今回はそれがないのでゆっくりと午前七時三十分です。

 自宅の最寄りのバス停から都営バスに乗り、車内で『都営バスIC一日乗車券』を購入しました。そこから何回かバスを乗り継いで王子駅へ。

 ここから23区内の都営バス最長路線『王78・新宿駅西口』へ乗ります。所要時間は約一時間です。

 よくネットなどのブログでは「全区間を乗り通す客は皆無」などと書かれていますが、ここによく乗り通している人間がいますよー。だって乗り換えの必要がないし、なんといっても夏は涼しい(冬場は暖かい)ですから。しかも眠っていけます。終点までですから乗り越しの可能性もありません。

 こうして新宿駅に到着したのは、十時三十分頃。ここから地下道を通って紀伊國屋書店へ。暑い地上を避けていけるので助かりますね。紀伊國屋書店に到着後はいつものように雑誌コーナーで鉄道雑誌と時刻表をチェック。その後、参加メンバーと合流しました。

 まずは昼食でお好み焼き屋へ。開店が十一時なのですが、それより少し早いのでしばらく店の前で待つことに。その際、一人を除いて扇子で涼んでいました。なんか、鉄扇を持ってきている方もいらっしゃったり……。

 入店後、私は定番の『ぶた玉』を注文。でもそばめしでも良かったかなと少しだけ思ったりも。私は関東人ですがお好み焼きにご飯という『炭水化物コラボ』をする人間で、そんな話もちらほらと出たりしました。

 食事後はいつもの店でカラオケを開始しました。最初はネタとしてビクトリーム(若本規夫)『ベリーメロン』を熱唱だブルアアアアァ!

 最近は高音域の曲(リフレクティアやカントリーロードなど)が辛いので、なるべく避けてます。喉の潤いにウーロン茶やメロンソーダ、オレンジジュース、コーンスープなどを大量にいただきました。おかげでトイレが近くなるのでした。

 ちなみにコーンスープは汗や尿で放出してしまう塩分を補給するためです。別に元を取ろうだとか、店の利益率を下げてやろうだとか、そういうつもりはないですよ、ええ。

 それから数時間、歌いっぱなし。ちなみに『けいおん!』の曲は誰かが歌うだろうなぁと思ってましたので、あえて避けました。

 あまり長時間だったため何を歌ったのか全て覚えていませんが、覚えている曲だけ順不同で列挙します。

 ベリーメロン、君は何かができる、経験値上昇中☆、ニセモノ、がんばれドカベン、男はつらいよ、タイムカプセル、千の風になって、大いなる旅路、帰ってきたウルトラマン、北へ(Four Seasons)、ヤッターキング、しちゃいましょう、さよなら三角またきて四角、一本刀土俵入、ウルトラマンレオ、青春サイクリング、おいでよ亀有、READY GO! キングゴウザウラー、大ちゃん数え歌、ドリームシフト

 こうして挙げてみると、今回はネタ曲が少なかったですねぇ。機械に入っていなかったネタ曲もあったということもありますけど。

 カラオケ終了時は午後六時過ぎ。この後、夕食をとりにカレー店へ。ここで辛いという事で評判の『グリーンカレー』を注文。私は辛い物が苦手ではない(赤唐辛子をかじっても平気)ので、問題はなかったです。むしろおいしい味でした。あれなら何杯でもいけそうです。機会があればまた行きたい店ですね。

 食事後は本を物色し、その後に解散となりました。

 私は一人、アルタ前(新宿駅東口)にあるバス停から『早77・早稲田』に乗りました。いつもは混んでいる明治通りも午後八時を過ぎればだいぶ空きますね。さらに早稲田からバスを乗り継いで私の地元へ。

 なんとか自宅最寄りまで行く都営バスの最終バスに間に合いました。乗り継ぎはわずか三分だったので、途中のバスが一本でも遅れれば乗り継げないところでした。まぁ、その時は電車を使うのでいいんですけど。

 さて、最終バスは自宅のそばまでは行かない(かなり早い時間に終わってしまう)ので、終点の駅からさらに私鉄系バスに乗る必要があります。そちらは本数が多いので、まだ何本かありました。そこで駅前の中華料理店でラーメンとチャーハンを食べました。それにしても、中華料理店って深夜まで営業しているところが多いですよね。なぜでしょう?

 その後、吉野家で牛丼の並弁当を買って帰りました。自宅到着後は牛丼を食べながら帰宅報告をしました。

 ここ最近は週末に出かけることが多いのですが、今週は久しぶりに自宅でゆっくりと過ごしました。でも来週は雑誌を購入しに秋葉原へ行く予定です。地元の書店ではあまり売っていない雑誌なので、秋葉原へ行った方が確実に入手出来ますので。ついでにCDその他も見ようかと思っています。

 今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月18日 (土)

戦争が終結→平和な世界になりました?

こんばんは。

以前から暇を見つけてはちょくちょくやっていた『ファミコンウォーズ』ですが、ようやくレッド・ブルーの全てのマップを攻略しました。これにて戦争は終結です。

今日はブルームーンの『ラストドリーム』というマップに付きっ切りでした。おかげで土曜日がつぶれてしまいましたが、たまにはいいでしょう。

個人的な感想としては、以前にクリアしたレッドスターの方が難易度が高いような気がしました。

それにしても、レトロゲームってシステムは単純なのに面白いですよね。また中古ゲーム店で何か購入しようかなぁという気になりました。安いですしね。

これにて私の実生活にも平和が訪れたのでした――って、そうなのかな?

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月17日 (金)

役所の人はいい加減?

 こんばんは。

 私は所用で役所に行く事があるのですが、その時の担当者によって『当たり外れ』があるんです。

 きちんと業務内容を把握していて、こちらの求めている答えをきちんと返してくれる人は普通です。中には僅かな説明で私の求めているもの以上の答えを返してくれる人もいます。

 ただ、残念ながら素人である私よりも業務の内容を知らない人もいます。私が教えないとダメな人なんかもいます。特にそういう人が『案内係』なんかをやってたりするので、

「どういうつもりで仕事をしてるの? 自分の業務に対して真面目なスタンスで取り組んでるの?」

と、ツッコミを入れたくなります。かなーりいい加減に仕事をしている職員が複数います(私の知る限り)。

 私は事後確認をする人だからまだいいのですが、もしその説明を受けた人が疑いもせずに鵜呑みにしてしまう人だったらどうするつもりでしょう?

 特に役所では届出や金銭が絡む場合も多いので、いい加減に仕事をするのは勘弁してほしいです。なんつーか、他人事だから間違っても関係ない、みたいな雰囲気なんですよね。

 ああいういい加減な仕事振りを見ると、地方分権以前に個々の小さな役所の職員の意識改革などをすべきではないかと思ってしまいます。

 職員の怠慢はいわゆる『見えない税金の無駄遣い』ですよね。人件費の増加や業務効率の悪化が明らかですから。

 なぜもっと自分自身のスキルを上げて国民に還元しようとしないのか。結局は最低限の仕事を『適度に』やって乗り切ればいいや、みたいな感覚なんでしょうか? 他人なんかどうでも良い、つまり自分の事しか考えていないってことなんでしょうかね。

 今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

都議会議員選挙の投票に行きました。結果は……

こんばんは。

今日は久しぶりにゆっくりと休養を取りまして、正午の少し前に図書館へ借りていた本の返却と共に、都議会議員選挙の投票をしにいってきました。

私の住んでいる地域・投票会場はなかなかの賑わい。年齢層と男女比も満遍なくいたという感じでした。

結果はすでにニュースなどで報道されている通り。自・公の過半数割れという事になりましたね。

よく与党のお偉い方は、勝ったときには「我々が信任された結果だ」とかいうくせに、今回のように負けた時には「地方と中央は違う」とか言いますよね。

『そういうことを言っているから駄目なんですっ!』

負けた時には潔く負けを認めてください。そして、地方と中央が違うって言うのなら今すぐに総選挙をして、国民の声を聞いてください。政治家は自分たちの都合のいいように物事を口走るから、国民は嫌気が差すんです。

さーて、これで総理や国会議員の方たちはどう動くのでしょうかねぇ。これからが非常に楽しみです。

久しぶりに政治ネタを書いた(&うっぷんをはらした)ので、清々しいですっ!

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

第X話・映画版の「幼獣マメシバ」もオススメなのだ

 こんばんは。

 今日は渋谷にある『渋谷シアターTSUTAYA』へ映画を見に行きました。映画館に出かけるのはとても久しぶりです。

 見た映画のタイトルは『幼獣マメシバ』です。

 以前、TVKなどで連続ドラマ版として放映されていた作品の映画版です。そのドラマ版を見ていて面白かったので、映画版も見てみようかなという気になった訳です。

 今日に決めたのは、監督さん、脚本家さん、主演の佐藤二朗さんの三人の対談が企画されていたからです。

 さて、ストーリーは一応、映画版として独立しているようです。しかし、所々にドラマ版に出てきた登場人物や犬が出てきたり、繋がっているかのような雰囲気を感じさせるシーンもありました。ですから、ドラマ版を見ている人の方が楽しめる作品でしょう。

 個人的には、映画版しか見ていない人にはちょっと背景が分かりにくいかなと思う箇所もあったので、この作品単体としての評価では少しマイナスでした。ただし、ストーリーやテーマは良かったと思います。

 簡単にストーリーを紹介すると、主人公の芝二郎は35歳のニートで引きこもり。生まれて以来、自宅から半径三キロ以内から出た事がないという生活をしていました。

 しかしある日、父親が急死してしまい、母親も家出をしてしまいます。こうして一人になってしまった二郎。そんな時、自立してほしいと願う母親が二郎の元に送り込んだのは、幼い柴犬(マメシバ)の一郎でした。

 二郎は一郎と共に母親探しの旅に出ます。そしてその行く先々で色々な事件に巻き込まれます。それを解決していく事で二朗は少しずつ成長していくのでした。

 さて、ひょんな事から行動を共にする事になった一人と一匹の未来に待ち受けているものとは……。

 と、こんな感じです。このストーリーの基本はドラマ版と映画版で共通です。

 少しだけネタバレをすると、ドラマ版のラストで二郎は富士急ハイランドのチケットを手にしますが、映画版ではこの富士急ハイランドや富士山周辺が舞台になっています。

 映画版の後半では、衝撃の事実が明らかになります。そしてラストが奥深さを出しています。

 この作品は単なる動物モノの映画ではありません。一郎の可愛さだけで客寄せをしている作品ではないという事です。

 メッセージ性がありますし、最近のペット事情に関する悲しい話題も出てきます。

 特に半径三キロ以内で生活していた二郎というキャラクターだからこそ、ラストのメッセージがきれいにまとまっています。また、なんといっても二郎の早口で屁理屈たっぷりの台詞は最高です。

 この『幼獣マメシバ』は各地で公開されてはいるものの、大きな映画館で公開されている訳ではありません。宣伝に莫大な予算をかけている訳でもないでしょう。なにより、現時点ではマスコミであまり取り上げられていません。でも私は良作だと思いました。

 なお、本日のお話では観客動員が二万人を超えたとの事です。規模があまり大きくないのに結構、すごいですよね。対談では色々な制作の裏話も聞けましたし、楽しかったです。今後、この作品がもっと口コミで広まっていったらいいなと思いました。

 今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »