« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月24日 (土)

コネタマ・スポ根には泥臭さが必要です!

こんばんは。

まず大前提として、スポ根マンガとスポーツマンガは違います。例えば、天才的な能力を持った主人公たちが活躍する、これは個人的にはスポ根マンガではないと考えています。単なるスポーツマンガですね。

決して天才ではないけれど、汗と泥にまみれ、努力の末に勝利する。これがスポ根マンガです。

やはりそうなると『キャプテン』&『プレイボール』でしょう。主人公の谷口くんは、特別な能力を持っていません。でも毎日、夜遅くまで努力して、実力をつけていきます。

そして、マンガによくある『勝ちっぱなし』ではなく、何度も負けや挫折を味わっています。これぞ、スポ根の真髄です。負けを乗り越え、勝利を掴み取る。『キャプテン』と『プレイボール』にはこれがあります。

サッカーでも、挙げてみたいと思います。『がんばれキッカーズ』です。

彼らも弱小チームなのですが、メンバーが協力して強敵を倒そうとします。数あるサッカースポ根マンガの中では、この作品が好きですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

コネタマ参加中: 思い出の“スポ根マンガ”は何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

コネタマ・○○を飼ってみたい!

こんばんは。

飼えるものなら飼ってみたい動物、それは……

『しゅごキャラ』です!

ご存知のない方もいらっしゃるかもしれませんが、いわゆる『なりたい自分の化身』みたいなマスコットキャラクターです。彼らは心のタマゴから生まれます。

みんなコミカルな容姿で、なんといっても可愛いです。時々、ケンカをする事もありますが、基本的に良き理解者です。ま、本人の分身みたいなものですからね。

――という事で、空想の世界の話はこれくらいにしておきましょう。

現実世界では、ペンギンを飼ってみたいですね。見ているだけで癒されます。だから水族館や動物園では時間の許す限り、見ちゃいますね。あの動き、しぐさ、むっちゃ可愛い!

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

コネタマ参加中: 飼えるものなら飼ってみたい動物は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

久しぶりに短編小説を公開しました

こんばんは。

久しぶりに短編小説を書きました。某小説投稿サイトにて公開中です。今回の作品は対象年齢を少し高めに設定しています。

完成までに意外に時間がかかってしまいました。うーん、ちょっとだけ遊んでしまいましたからねぇ。反省です。

これでちょっとだけ中断していた「カレー戦隊」の執筆に戻れます。今月中の完成は微妙なところです。「カレー戦隊」に関しては当ブログでの公開になると思いますので、しばらくお待ちください。完成しなかったら、途中まで公開します……たぶん。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

ついつい口ずさんでしまう歌

こんばんは。

テレビ東京系で放送されているアニメ『みなみけ おかえり』。前話の挿入歌が頭から離れません。しかもついつい口ずさんでしまいます。

それはカレー香辛料の歌(勝手に命名)です。

なんなんでしょう、あの中毒性のある歌は! 今日、買い物に行ったら自転車に乗りながら鼻歌で歌ってました。停車中のタクシー運転手に聞かれたかもしれません(運転席の窓が開いていたので)。

その歌詞の「錯乱してサフラン」というフレーズは、なんか危ない……。

この曲はCDに収録されるんでしょうかね? まぁ、わざわざ買うほどのものではないですけどね。

ちなみに、『みなみけ おかえり』のオープニングとエンディングの曲ですが、個人的にはエンディングの方が好きです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

これからも頑張ろうっと

こんばんは。

今日は様々な小説賞の受賞&選考経過発表がありました。

どんな物事でも一つ一つの経験を積み重ね、技術を磨いていく事こそが大切ですね。

今月は短編や掌編を書いているのですが、久しぶりにどこかの投稿サイトにでも出してみようかなぁと思います。

さて、それでは今夜も少しだけ物語を書きましょうかねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

コネタマ・着メロの思い出

こんばんは。

私はあまり着メロや着うたにはこだわらない人間なので、最初から機種に内蔵されているものの中から選んで使っています。しかも一度設定したら変えるという事は滅多にありませんね。

現在は某テレビ番組で使用されているメロディを使っています。テレビ朝日系で夜に放送されている数分間の海外の鉄道旅番組です。ま、ここまで書けば特定できるでしょうけど。

以前の機種では楽譜を見たり、耳コピした曲を自分で入力して使っていました。主にゲームのBGMでしたね。

ただ、普段はマナーモードにしているので着メロを実際に聴く機会は今も昔も少ないですけど。だからこそ、着メロにこだわりがないのかもしれません。

さて、着メロには面白い思い出があります。以前にもブログで少しだけ書いた事がありましたが、それは大学時代の授業中のエピソードです。

講義中に後ろの方から誰かの着メロが流れました。それがゲーム『ドラゴンクエスト』のレベルアップ音だったんですね。しかも二回連続で流れました。

すると私の隣に座っていた奴が、

「あ、レベルが二つ上がったっ!」

と叫びました。静かだった講義室内は大爆笑。講義をしていた教授まで笑い出しました。直前まで講義の影響で室内が緊張した雰囲気でしたから、その効果は抜群です。

そのおかげなのか、ざわついた講義室内のどさくさにまぎれ、レベルアップした学生は不問でした。

こういう事を考えれば、着メロ・着うたは『ネタ』でありたいと少し思ってしまいますね。

――ただし、電車やバス内などでは必ずマナーモードにして、会話も控えましょう。また、優先席付近や病院などではマナーモードではなく、電源を切りましょうね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

コネタマ参加中: お気に入りの着メロ・着うたは何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

コネタマに初参加! 『大好きなアニソンは何?』と訊かれたら

こんばんは。

ココログでは『コネタマ』というものがございまして、今回はそれに参加してみたいと思います。

取り上げたテーマはズバリ『大好きなアニソン(アニメソング)は何?』というものです。

以前から当ブログでは『マイナーだけどオススメの曲』という形で何曲か紹介してきました。詳しくは左欄にあるカテゴリーの音楽をご覧下さい。

今回はそれとはちょっとコンセプトは違いますが、アニソンを紹介しますね。オープニング・エンディング部門と挿入歌部門、キャラクターソング部門に分けました。

まず、オープニング・エンディングテーマであれば、

・経験値上昇中☆

テレビアニメ『みなみけ』のオープニングです。曲のノリとテンポが最高です。最近のアニメの中では一番好きです。

・リフレクティア

テレビアニメ『true tears』のオープニングです。歌手さんの声と曲の雰囲気がよく合っています。

・innocent starter

テレビアニメ『魔法少女リリカルなのは』のオープニングです。アニメ『なのは』は何作品かありますが、初代作品のこの曲が一番好きです。曲の構成が素晴らしいですね。

・光の季節

テレビアニメ『あさっての方向』のオープニングテーマです。歌手さんの声が良いのはもちろんですが、曲の盛り上げ方がいい感じです。

・ドリーム・シフト

テレビアニメ『絶対無敵ライジンオー』のオープニングです。歌詞の内容が結構好きで、今でも全て覚えています。

・100mphの勇気

当初はOVAでしたが、その後、テレビでも放送された『逮捕しちゃうぞ』のオープニングです。曲がなんだかキラキラしているんです。それが好きですね。

・コンディション・グリーン~緊急発進~

テレビアニメ『機動警察パトレイバー』のオープニングです。初期オープニングの『そのままの君でいて』も好きなのですが、曲のノリはこちらの方が好きです。これから発進するぞ、という雰囲気が感じられます。

・Dancing Beat

テレビアニメ『緊急発進セイバーキッズ』のオープニングです。あのルパン三世で有名なモンキーパンチさん原作のアニメです。敵のDr.バグが憎めないキャラでした。

・君は何かができる

テレビアニメ『キャプテン』『プレイボール』『プレイボール2nd』のオープニングです。歌っている方々は各作品で別ですが、歌詞は同じです。私は『キャプテン』版が好きです。

・こころのピアノ

テレビアニメ『ちっちゃな雪使いシュガー』の年末特番のエンディングです。落ち着いた雰囲気が大好きですね。

・ありがとう

テレビアニメ『キャプテン』のエンディングです。青春って本当にいいものですね……。

 

さて、ではアニメの挿入歌を紹介しましょう。

・READY GO! 熱血最強キングゴウザウラー

テレビアニメ『熱血最強ゴウザウラー』の挿入歌です。キングゴウザウラーへ超熱血合体する時に毎回流れていました。この曲ほど何度もアニメの中で使用された例は珍しいと思います。

・おれはジャイアンさまだ!

テレビアニメ『ドラえもん』でジャイアンが鼻歌としてよく口ずさんでいる歌です。CDで聴いても別にスピーカーが破壊するという事はないのでご安心ください。

・ずっとこの街で

テレビアニメ『うたかた』の挿入歌です。曲の雰囲気も好きなのですが、歌詞がまたいいんです。アニメ『うたかた』を見ている人にはきっと感動が増量します。

 

最後にキャラクターソングです。

・あかるくいこうよ

テレビアニメ『センチメンタルジャーニー』、森井夏穂のキャラクターソングです。歌詞のポジティブさは大好きです。

・「ソレ」は素敵なショータイム

テレビアニメ『苺ましまろ』、伊藤千佳のキャラクターソングです。ストーリー性のある歌詞も好きですが、メロディも好きです。

 

こんな感じです。もっといろいろと紹介したいのですが、またの機会にします。今回だけでもかなり多くの曲を紹介してしまいましたしね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

コネタマ参加中: 大好きなアニソン(アニメソング)は何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

短編を鋭意執筆中

こんばんは。

今週はブログの更新があまりできていませんねぇ。というのも、現在、短編小説の執筆に注力しているためです。このペースだと今月中に仕上がれば御の字って感じですね。

本当は早く長編に取り掛かりたいんですが、短編執筆にはそれなりの目的と意味合いがあるのでねぇ。とりあえずはこの短編を仕上げたいです。

短編は400字詰め原稿用紙換算で100枚くらいになりそうですねぇ……。自分でもびっくりする長さです。なるべくもっと短くしたいですけど、できるかなぁ……。

近況はこんな感じですので、今月はブログの更新があまりできないかもしれません。

うう……。本当は新宿の京王百貨店で開催されている駅弁大会に行きたいのに……。このままじゃ無理だ……。ま、今年の目玉はあまりなさそうなのでいいんですけど。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

想像力の欠如と思い込み

こんばんは。

2日の夜、テレビで放送されていたピラミッドの特集を見ました。メキシコや南米でのピラミッドの話に始まり、途中からエジプトのピラミッドの話へと展開しました。

それを見ている中で個人的に「この人は何を言ってるんだ?」と疑問に思った箇所がありました。

それは南米で、現時点では世界最古のピラミッドが発見されたという話題が終了した直後の事でした。

某考古学者さんがコメントをしたのですが、それが非常に疑問だったんです。その主旨は、

・石を切り出して重ねて作ったエジプトのピラミッドと、石を縄でまとめて重ねて作った南米の世界最古のピラミッドは違う(しかも技術的にはエジプトのピラミッドの方が優れているかのように取れる内容)

・その世界最古のピラミッドのような構造のものはピラミッドではないにしろ、エジプトにはもっと古い時代からある

といったような事でした。

なんなんでしょう、このエジプト至上主義のような発言は。技術的にどちらが優れているとか、エジプトには南米のピラミッドよりも古い似たようなものがあるとか、そんなコメントは期待してないんですが。

ピラミッドとして、エジプトよりも古いものが南米で発見されたことが気に食わないんですか? そういう歴史の古いものがエジプト以外にあってはいけないんですか?

重要なのは「今から5000年以上前に、南米でピラミッドが存在していたらしい」という事であって、それ以上でもそれ以下でもないのです。この南米の世界最古のピラミッドはまだ発見されて間もないらしいですから、今後の研究が進めばいろいろと新しい発見があるでしょう。そして非常に興味深いですね。

この某考古学者さんが言うような、エジプトのピラミッドと比較して技術がどうだとか、そんな事は訊いちゃいないし、どーでもいいんです。世界最古のピラミッドがどういうものなのか、目的はなんなのか、そういうことに多くの人は興味があるんじゃないでしょうかねぇ。

また、メキシコのテオティワカンのピラミッドとエジプトのピラミッドは共に太陽信仰があったと放送されていました。その中でこの某考古学者さんは、

「二つのピラミッドに関連性があると考えるのは素人。つながりがあったとはいえず、別々のものだ」

というような事を「言い切って」いました。

……それは某考古学者さんの「持論」でしょう? まだハッキリとした事が調査され尽くされているわけでもないのに! 

最初からいろいろな考え方を排除して一つの結論(もっと言えば自分の仮説)に誘導しようとしている、と私は感じました。

例えば、地理的に考えれば、世代を重ねれば技術や文化の移動が不可能だとは言えないでしょう。別に二つの文明の年代がぴったりと一緒である必要はないわけですし、言い切るのならその根拠となったデータや資料を紹介すべきです。

なんの根拠やデータも示さずに「関連性はない」と言われたって説得力はありませんよ。

専門家が言った事が全て正しい、そんな訳はないでしょう。実際、歴史というものはあくまで後世の人がさまざまな資料や根拠をもとに想像しているだけであって、真実とは限りません。

だから少なくとも某考古学者さんには、その結論に至った経緯などを示してほしいのです。ただ単に「○○である」と言うだけなら誰だって出来ますよ。

第一、今回の話の場合、二つの文明に共通点があるという時点で「二つの文明には関連性がある」という結果の方が理解しやすいわけですから。それをくつがえして「関連性がない」というからにはそれなりのデータを示してほしいわけです。

事実、かつて学校や本などで教えられた歴史の中には、後になって誤りだったと判明(もちろんこれも真実かどうかは確定できませんが)したこともあるでしょう。例としては天動説と地動説の話やパンゲア大陸、ダーウィンの進化論など、大きなものだけでもたくさんあります。細かいものに至っては無数にあります(聖徳太子や足利尊氏の肖像画についてなど)。

大切なのは、様々な考え方を排除するのではなく、たくさんの仮説を念頭に置きつつ研究するという事ではないでしょうか。発見されたものはそのまま発表し、それに対する一人の研究家の「仮説」として示すべきです。

それをあたかも自分の説が絶対に正しいというような言い方はいかがなものか。また、他の説を排除したり、他の文明と比較して技術レベルがどうだとかコメントしたりするような行為に何の意味があるのか。

また、むしろ素人のもつ「純粋な想像や単純な疑問」を大切にすべきです。専門家になるとどうしても知識や経験が邪魔をして考え方が固定化するものです。素人だからこそ、しがらみのない意見や感想が言えるのです。

ぶっちゃけ、歴史なんてものは不完全なものであって真実は誰にも分かりません。だって自分の目で見たり、耳で聞いたりしているわけではありませんからね。情報操作や歴史の改ざんなんていくらでも出来ます。

現在発見されているデータや資料だってそれが全て正しいとは言い切れません。ゆえに「○○の歴史は○○らしい」という方が正確なのでしょう。

そういう意味で、歴史というのは想像力が非常に必要ですし、常に変化する学問ともいえます。答えは無限に存在するのです。

一つの考え方を押し付けたり他の説を排除したりするような学者さんの姿勢は――特に歴史や考古学などの分野では――非常に致命的な事ではないのか。番組が終わってから私はそんな風に思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

2009年・平成21年・丑年でございます。昨年があまりいい年ではなかっただけに、今年は良い年になるといいですねぇ。そのためにはいろいろと私自身も努力していかねばなりません。

えーいっ! 今年は良い年になーれー! ホンダラ・ヘンダラ・ドガビガフンッ♪

ポジティブに絶対に良い年にするぞぉー! おぉー!

――皆様も健康で、何事にも良い年になるようお祈りしております。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »