« 私は『ナイツ』と『U字工事』が面白かった | トップページ | どんなに時が流れても…… »

2008年12月22日 (月)

思った以上に早い廃止

こんばんは。

先日、JRの2009年3月改正がプレスリリースしました。北海道のみ一部列車の時刻変更にとどまるようですが、他の各社は改正扱いになるようです。

改正では寝台特急の富士・はやぶさが廃止になります。少し前に東北縦貫線の工事着工という記事を当ブログに書きましたが、予想通りになりましたね。予想以上に廃止の時期は早かったですけど。

これで東海道・山陽のブルトレは息の根を止められる事になります。寝台特急というカテゴリとしては、サンライズ瀬戸・出雲・ゆめ(多客臨)ぐらいになってしまいます。

この寝台特急に厳しい状況の中で、北陸が残っている事は奇跡に近いです。しかも同系統に電車急行・能登があるにも拘らず。夜行列車の旅情、B寝台での見知らぬ人との出会いという素晴らしい機会が減ってしまう事は残念です。でもこれも時代の流れなのでしょう。

廃止といえば、唯一の昼行急行・つやまも快速化です。いよいよ急行のカテゴリも風前の灯ですね。

先日は新幹線0系の引退、来月にはEF55の引退と、鉄道業界には寂しいニュースが続きます。今は鉄道の端境期なのかもしれませんね。

また、青春18きっぷユーザーにとっての大きなニュースは、ムーンライトながらとえちごの臨時列車化です。とうとう着手されてしまいました。これは私の個人的な予想として『青春18きっぷの廃止』へとつながるのではないかと思っています。それだけはなんとしても避けたい。

結局、鉄道が単なる移動手段としか捉えられなくなってきているのかもしれません。鉄道にある旅情や見知らぬ人・モノとの出会い、乗る楽しさなど、それらが失われていく事が残念でなりません。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 私は『ナイツ』と『U字工事』が面白かった | トップページ | どんなに時が流れても…… »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思った以上に早い廃止:

« 私は『ナイツ』と『U字工事』が面白かった | トップページ | どんなに時が流れても…… »