« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

今年もありがとうございました

こんばんは。

とうとう2008年も残り数時間となりました。今年、当ブログをお読みいただいたすべての方に感謝申し上げます。まことにありがとうございました。

来年もさらに精進してまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。

2008年のブログはこれでおしまいっ! お疲れ様でしたっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

いろいろとスタートッ!

おはようございます。

現在、2008年12月30日午前6時くらいです。別に早起きしたのではなく、徹夜明けです。

某小説賞用の原稿を仕上げていたら、こんな時間になってしまいました。とにかく予定よりも少し早めに終わってよかったです。これからちょっと休んだら郵便局へ行こうと思います。

さて、新しい長編作品を進めたいと思います。次に書く作品も決定しました。いくつかあるうちのプロットから選び、それを修正する予定です。遅くとも2009年の秋ごろまでには完成させたいですね。

さらに当ブログでの読みきり掌編小説も書こうかなと思ってます

新年を目前にしてすでに様々な活動が再始動・新規スタートです。個人活動に関しては年末年始も休まず行って行きますよっ!

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

大掃除&年賀状作成終了

こんばんは。

本日、大掃除と年賀状の作成が終了しました。

大掃除のついでに100円ショップでラックなどを購入して部屋の片付けもしました。掃除は一度始めると、とことんやりたくなってしまいますよね? ですからかなり隅々まで掃除をしててしまいました。おかげで快適に新年を迎えられそうです。

年賀状は写真を撮りに行くのが大変なだけで、作成自体はPCで作ってしまうのでそんなに大変ではありませんでした。もう既にポストに投函済みです。これなら元日に届くと思います。

本当はこれらの作業は大晦日あたりになりそうだったんです。でも、思いのほか別の用事が順調に進んだので時間的に余裕が出来たんです。それで今日、終わらせた次第です。

お正月用のお菓子も買い込みましたし、あとは残った作業を終えるだけ。もうひとがんばりです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

キミに会いたいよ……

こんばんは。

とうとう今年もあと一週間を切りました。ですがまだ年賀状に使う写真を撮影しに行っていません。予定では今週の土曜(27日)に行こうと思っています。ついでに都内の写真も撮影しようと考えていたのですが、いろいろと作業が詰まっていて無理かもしれません。

その代わり、正月三が日の初詣の時に写真を撮ってこようと思います。それで久しぶりに都電にでも乗ってこようと思います。

本当はもう少し遠出をしたいのですが、体調があまりよくないということもありますので近場で我慢する事にします。

世間様では本日、クリスマスです。私はキリスト教徒ではないので別にチャペルで過ごすとか、特に変わった事はしません。普段通りに過ごしています。

ちょっといろいろと忙しいもんですから、かなりごたごたしてるんですよ。

 

――え? 今、一人なのかって? フッ、そんな事を訊くのは無粋だぜ……。

確かに今の僕は一人さ……。 

でもっ! でもっ、僕の心にはいつものキミの笑顔があるっ! 

だからっ、どんなに距離が離れていても、どんなに会えない時間が長くても、一人で頑張れるんだっ!

 

うん、分かってる……。キミが寂しがっているって事……。

僕も会いたいよ……。

 

でもあと少しだけ我慢してほしい……。正月には会いに行くから……。

最後に――

愛しいキミへ、メリークリスマス!

 

――そして元日の朝――

「さぁーて、急ぎの用事は全て終わったぜ! ギャルゲーでもやるかっ! 約束通り、会いに行くよっ! 待っててね! ゲームの中にいる、愛しいキミ!」

~クリスマス特番『妄想劇場』~(おしまいっ♪)

 

くっだらねぇ! なんて無駄な時間を使ったんだ……。こんな事を書いている暇があったら年賀状を書けって話ですよね?

まぁ、たまには妄想したくなる時もあるんです。だからお許しください。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

あなたの言うとおり!

こんばんは。

衆議院議員の渡辺喜美氏が衆議院解散を求める決議案に賛成しました。しっかりとした信念を持って政治家としての活動しているなと思いました。少なくとも、麻生総理よりも評価いたします。

興味深いのは自民党の反応です。渡辺氏は「どんな処分でも受ける。除名でも構わない」とまで発言しているにも拘らず、その処分は単なる戒告処分に終わりました。

党内のたった一人の造反議員を厳しく処分する事も出来ないなんて滑稽ですね。それだけ党が弱体化しているという事でしょう。まぁ、本当に除名なんかにしたら誰が大きなダメージを受けるのか、よく理解しているという事ですね。

また、最近では三年後の経済状況によって消費税を上げるという事が話題になっていますが、消費税は低所得者層にとって厳しい増税といえます。もっと政府・中央行政の無駄をなくした状態でないと、納得できません。

しかも、その経済状況が好転したらという、その『好転』がどういう状態の事なのか、具体的に説明されていません。単にマスコミが発表していないだけなのか、どこにも明記されていないのか。

現在の内閣・衆議院がこんな状態では、渡辺氏のように与党内であっても造反する人が出て当然ですし、もっと与党内からも衆議院解散に賛同する議員がいなければおかしいです。

きちんと自分の意見を述べる、正しいことは正しい、おかしいことはおかしい、そうハッキリ言える人材こそ、重用すべきです。そしてそういった人材が必要なんです。それが分かっていない幹部やイエスマンだけで固めようとする輩ばかりの集団が多い。非常に悲しい事ですね。

ですから、私は渡辺喜美氏を応援します。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

どんなに時が流れても……

こんばんは。

本日は天皇誕生日で祝日でした。テレビのニュースなどで天皇陛下のご挨拶を見ましたが、思ったよりも元気そうでしたね。

最近はご公務が続いていたという事ですから、少しはお休みになっても良いのではないかと思います。

現在は平成20年、早いものです。小渕官房長官(当時)が平成の元号を発表していたのがそんな昔なのかとしみじみ思ってしまいます。昭和という時代がずいぶんと遠くなりました。

でも私たちの心の中ではどんなに時が流れても、様々な想いをすぐ側に置いておく事が出来ます。もっと言ってしまえば、それは永遠にだってすることが出来る。

そんな真っ直ぐで穏やかな心をこれからも持ち続けていきたいです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

思った以上に早い廃止

こんばんは。

先日、JRの2009年3月改正がプレスリリースしました。北海道のみ一部列車の時刻変更にとどまるようですが、他の各社は改正扱いになるようです。

改正では寝台特急の富士・はやぶさが廃止になります。少し前に東北縦貫線の工事着工という記事を当ブログに書きましたが、予想通りになりましたね。予想以上に廃止の時期は早かったですけど。

これで東海道・山陽のブルトレは息の根を止められる事になります。寝台特急というカテゴリとしては、サンライズ瀬戸・出雲・ゆめ(多客臨)ぐらいになってしまいます。

この寝台特急に厳しい状況の中で、北陸が残っている事は奇跡に近いです。しかも同系統に電車急行・能登があるにも拘らず。夜行列車の旅情、B寝台での見知らぬ人との出会いという素晴らしい機会が減ってしまう事は残念です。でもこれも時代の流れなのでしょう。

廃止といえば、唯一の昼行急行・つやまも快速化です。いよいよ急行のカテゴリも風前の灯ですね。

先日は新幹線0系の引退、来月にはEF55の引退と、鉄道業界には寂しいニュースが続きます。今は鉄道の端境期なのかもしれませんね。

また、青春18きっぷユーザーにとっての大きなニュースは、ムーンライトながらとえちごの臨時列車化です。とうとう着手されてしまいました。これは私の個人的な予想として『青春18きっぷの廃止』へとつながるのではないかと思っています。それだけはなんとしても避けたい。

結局、鉄道が単なる移動手段としか捉えられなくなってきているのかもしれません。鉄道にある旅情や見知らぬ人・モノとの出会い、乗る楽しさなど、それらが失われていく事が残念でなりません。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

私は『ナイツ』と『U字工事』が面白かった

こんばんは。

本日、漫才の祭典『M-1グランプリ2008』が放送されました。結果、優勝したのは『NON STYLE』でした。

まず、優勝した『NON STYLE』は川で溺れた少年を助けるネタと廃墟の病院に行くというネタでした。どちらのネタも無難でしたが、全体として確実に笑いのツボを突いてきていたという印象です。総合的に安定した実力があるといった感じでしょうか。

個人的には『ナイツ』が一番面白かったです。宮崎駿のネタとSMAPのネタでした。なんといっても、あの笑いのポイントの豊富さに脱帽です。また、全体の構成がしっかりとパターン化されています。これはマンネリ化という弱点も含んでいるのですが、それを吹き飛ばすくらい、一つ一つのボケとツッコミがよく出来ていました。

また、最終決戦には惜しくも進出できませんでしたが、『U字工事』が面白かったです。いつもの栃木ネタでしたが、今回は芸能人と結婚するとしたら誰? というものでした。

お約束どおり、北関東トリオ(群馬、栃木、茨城)に加え、埼玉をネタに展開していました。見事に北関東の状況を笑いのネタとして完成させています。しかもちゃんと最後には茨城県をフォローしている所に好感が持てます。

ただ、審査員の多くが関西系の芸人さんだけに多少の不利はあったのではないかなと思うのも事実。北関東トリオの代わりに滋賀、奈良、和歌山あたりをネタとして使えていれば状況が変わっていたかもしれません。

まぁ、彼らの出身が栃木という事ですから、仕方ないといえば仕方ないのですが。それでも個人的には、栃木のローカルネタを使うスタイルは大好きなのでこれからも続けて欲しい。少なからず、栃木には縁がありますしね。応援しています。

さて、M-1の放送途中にオートバックスのCMがありました。そこには昨年優勝した『サンドウィッチマン』が出演していましたが、その中でのネタもなかなか面白かったです。番組本編とCMで二度楽しめました。あれを見るに、『サンドウィッチマン』はやっぱり実力者だなぁと思いました。

今年のM-1は順当な結果ではないかと思いました。審査において、疑問に思う評価はないと感じましたし(少なくとも、決勝と最終決戦においては。予選は見ていないので知りませんが)。

久しぶりに大笑いをさせてもらいました。来年も楽しみですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

ちょっと大きな病院に行きました

こんばんは。

今日は体調が悪いので病院に行ってきました。いつもの近所の開業医さんの所では専門外なので、少し都心にある総合病院に行きました。

しかし、めちゃくちゃ混んでましたねぇ。三時間ほど待たされました。その後、診察や検査、会計などで一時間以上。午前中に行ったのに帰宅したのは夕方でした。

しかもまぁ、風邪というか、咳やらくしゃみやらをしている人が多くて、少し不安になりました。私個人としては来週にもう一度診察を受けに行くのですが、今日はとりあえず大病もなく安心という事でした。

ですから、朝、昼の食事がとれなくて困りました。ようやく自宅でブレイクタイムですよ。

最近はいろいろと厄介な病気(インフルエンザや肺炎など)が流行しているようなので、これからも継続して気をつけていきたいですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

嬉しい事がありました・その2

こんばんは。

いやいや、最近は良くない事ばかりが続いていましたが、久々に嬉しい事がありました。具体的に何があったのかと訊かれても、

「なーんだ、そんな事か」

と言われてしまうかもしれませんが、私にとっては確実に成長していると確認できる事なので嬉しいのです。

しかも今回は私一人だけでなく、他にも喜びを共有できそうな方がいらっしゃいますし。

さてさて、今後の動きに注目していきたい――というだけでなく、今の作業を急ピッチで進めたいですね。今回の出来事を起爆剤にして!

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

すごいっ! 大逆転勝利!

こんばんは。

将棋の第21期竜王戦の第七局で渡辺竜王が羽生名人に勝利し、永世竜王の称号を獲得しました。三連敗の後の四連勝という大逆転劇でした。これは長い将棋タイトル戦で初めてのことです。

今回のタイトル戦では、勝った方が永世竜王の称号を得るという戦いでした。

竜王とは飛車が成った時の駒の事で、プロ将棋界での称号の一つでもあります。棋聖、棋王、王位、王座、王将、竜王、名人の七つがあります(順不同)。

ハッキリ言って、渡辺竜王が三連敗した時には万事休すだなと思いました。しかし第四局から三連勝。もしかしたらと期待を込めて第七局の結果を楽しみにしていた次第です。

私も小学生時代から将棋をやっておりまして(相変わらずのヘボですが)、日曜日の朝にNHKで放送されている『将棋の時間』(およびトーナメント)を時々見ています。

将棋は頭の体操になるのですが、やりすぎると頭痛の原因になるので最近は程ほどにしています。チェスや中国将棋もやるのですが、やはり日本の将棋の方が取った駒を使えるので複雑でいいですね。

個人的には中国将棋も好きですけど。『パオ』の駒が独特で面白いです。中国将棋はかつて、私の学生時代に工業系の先生から教えていただきました。

さて、羽生名人は次回以降の竜王戦に永世竜王の称号獲得を目指す事になります。史上初の永世七冠になる日は来るのでしょうか。あるいは渡辺竜王がこのまま連続在位記録を伸ばすのか。どちらも今後が楽しみです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

埋蔵金も有限です

こんばんは。

政府が景気対策の財源として埋蔵金という言葉をよく使うようになりました。しかし考えてみれば、与党の一部議員は当初、「埋蔵金はない」とか言ってましたよねぇ? それが今はその『ないはずの埋蔵金』を財源として挙げています。

その議員さんの記憶力に疑問を持ちますね。もう国会議員をやめてもらいたいです。

さて最近、財源として何度も登場している埋蔵金も打ち出の小槌ではありません。限りがあるのです。ちょっと安易に埋蔵金という言葉を使いすぎじゃないですか? どんだけ埋蔵金に頼りきってるんだよ、とツッコミたくなります。

埋蔵金があるのならなんで今まで「財政が厳しい云々」なんてことを発言してきたんでしょうか? いろいろと憤りを感じますね。

埋蔵金以外の財源としては消費税やらタバコ税などが候補に挙がっていましたね。しかし安易に国民に増税を強いるのはいかがなものかと思います。まずは出来る限りの無駄をなくし、その上での増税でなければ納得できません。

しかも現在挙がっている政策も金額だけが踊っていて、具体的な内容や有効性が明らかになっていない上に、国民への分かりやすい説明が皆無です。苦しい生活をしている人たちのことを本当に考えているのかも非常に疑問です。

いくら明るく過ごしていこうとしても、世間にはいいニュースがほとんどありません。気分も最悪です。ああ、いつになったら安心して暮らせる世の中になるのでしょうか……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

半年間の苦労がようやく……

こんばんは。

本日(12月16日の深夜です。鉄道用語で言えば、マルヨ12月15日ですね)、この半年間+αにコツコツと進めてきた長編創作作品にようやく完成の光が見えてきました。思えば辛く厳しい道のりでした……

これならばなんとか今月末までに完成しそうです。

あ、ちなみに完成というのは、推敲も校正も全てが終了した状態の事です。つまり私の現在の原稿がどういう状態にあるのかは、それで察しがつくと思います。

とはいえ、終わったらすぐに次の作品に取り掛からなければなりません。ちょっと予定が遅れ気味なので、スピードアップしていきたいですね。――体調さえ安定していればの話ですが。

さらにそれが終わったら新たな長編作品を書き始める予定です。すでにプロットまで完成させている作品が二つあるので、状況を見て選びたいと考えています。時間があれば二つとも同時進行したいんですけどね。

ちなみに私の中では『次の作品のアイデアが固まり始めるのは、現在書いている作品が完成間近』というサインになっています。なぜか今までもそういう傾向だったんですよ。

少し話は変わりますが、本日、某小説賞に集まった作品の傾向が発表されていました。それによると、どうやら私の作品はストーリーやカテゴリ、展開などが少数派に入るようです。果たしてこれが吉と出るのか、凶と出るのか。結果が楽しみです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

テナント募集中

こんばんは。

今日、少し離れた場所にある店に自転車で買い物に行きました。その時に気がついたのが沿道の店で「テナント募集中」となっていた建物が増えていたことです。

まず、某食品会社の本社ビルがまるごとテナント募集中となっていました。まだ入って数年程度(しかも新築)だったと思います。

また、ゴルフ用品店の建物もテナント募集中になっていました。そこでは管理人さんらしき人が建物のチェックをしているところでした。

どちらもつい最近まで企業が入っていたので驚きました。倒産してしまったのか、単に移動しただけなのか。

以前からずっとテナント募集になっている建物を含めると、だいぶ近所が寂しくなってきました。確実に不況の波が押し寄せているようです。

世間であーだこーだと言われるよりも、こうして実際に近所のこういう状況を見た方が説得力がありますねぇ。

これからの未来、どうなっていくのか。我々は大きな波の中でいかにやり過ごしていくか。いつもの泣くのは弱者ばかり。早くみんなが安心して生活が出来る時代になって欲しいものですねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

あとは喫煙者のモラルに任せるだけです

こんばんは。

JR東日本の200駅以上で、喫煙室などの一部を除いて2009年4月から全面禁煙になるそうです。

すでに列車内ではほとんどが禁煙になっていますが、これでさらに受動喫煙の危険性が減る事になります。愛煙家の方にとっては、かなり厳しいかもしれませんが。

都内では駅前を中心に歩きタバコ禁止エリアが設定されていますから、タバコを吸う施設は限られます。飲食店でもランチタイムは禁煙という所が増えてますしね。

私はタバコを吸わないので今回の措置は歓迎です。

ただ、心配なのは更なるマナーの低下です。現在、すでに禁煙区域や禁煙時間帯となっているホームなどでそれを無視してタバコを吸う人がいます。しかも吸い終わったら携帯灰皿を使わずにそこらへ捨ててます。

中には通勤列車内(空いている場合に限りますが。満員状態では物理的に無理ですから)で吸う人がいます。歩きタバコの禁止エリアでも無視して吸っている人がいます。

つまり、今後、規制が強化されることになればルールを無視する人が増えるのではないかと思うわけです。今まではわずかですがホームに吸う場所があったので、少し我慢して喫煙所に行って吸おうという意識が働いていたのですから。

喫煙所がなくなればホームのどこで吸ってもルール違反。それならば人が周りにいなければどこでもいいから吸ってしまえ、という人が出てきてもおかしくないわけです。あとは喫煙者のモラルに任せるしかありません。

さて、今回の措置が他の鉄道会社にも広がるのでしょうか。見守りたいと思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月10日 (水)

濃霧発生

こんばんは。

本日、近畿地方ではものすごい濃霧が出たそうです。なんでも、視界がわずかしかなかったとか。その影響で鉄道、航空など多くの交通機関が遅れたりしました。

これは前日に降った雨の影響で大気中の湿度が高かった所に、深夜の放射冷却によって冷やされたことによる影響だとか。

簡単に言えば、飽和水蒸気量の問題です。中学校(あるいは、小学校や高校など)の理科の実験でやりましたよね?

暖かい空気にはたくさんの水分を含むことができ、温度が下がるにしたがってその量が少なくなっていく。昨日の雨が降っている時には南から暖かい空気が入り込んでいた影響で気温が比較的高かったのです。つまり空気中に水分がたくさんある状態です。

そこで放射冷却が起こって気温が下がったために、空気中に溶け切れなかった水分が霧という形で現れたわけです。

それにしても自然現象って不思議で面白いですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

上に立つものは、見本とならねばならない

こんばんは。

日本航空の西松CEOが、電車やバスで通勤している事や昼食を社員食堂でとっている映像が米国で注目されているそうです。年収もパイロットより安く、社長室は廃止しているとか。

この倹約ぶりが米国の多くのCEOたちと対照的で、西松氏を見習うべきだという声が上がっているとのこと。

西松氏は記者に対して、こうした倹約ぶりは珍しい事ではないし、当然だといった様子だったそうです。

これは実に素晴らしい姿勢ですし、米国のCEOに限らず日本の大企業の社長も見習うべきです。特に公的資金注入を求めている米国の自動車産業ビッグ3のトップたちに聞かせてやりたいですね。

トップ自らが率先して倹約に努めれば、社員への説得力や会社の倹約活動にいい影響を及ぼします。口だけで「倹約しろ」と言われても、トップが贅沢な事や無駄な事をしていたら、社員の反感を生みますからね。

でもトップが倹約をしていて、「倹約しろ」と言われれば社員も納得せざるを得ないでしょう。

こうしたトップは江戸時代にもいました。私の尊敬する米沢藩主・上杉鷹山です。あの有名な「なせばなる~」の言葉を残した人です。

鷹山は破綻寸前の米沢藩を倹約とチャレンジ精神、様々なアイデアで立て直しました。自らも質素倹約を心がけ、畑を耕し、新しい財源(作物)を生み出そうとしました。また、失業問題に関しても、現代で言ういわゆる「ワークシェアリング」を導入しました。

不況の今だからこそ、大企業のトップには上杉鷹山を見習ってほしいです。一部の企業では派遣切りだとか、非正規労働者を契約半ばで打ち切るとか、内定の取り消しとか、安易なリストラをしすぎです。

リストラの本当の意味は、労働者切りだけではありません。無駄を省き、質素倹約をして、アイデアと技術で乗り切らねばなりません。

しかしながら、それだけでは乗り切れない状態もあるでしょう。そういう時こそ行政の様々な政策による助力が必要になるわけです。でも今の政府は有効な対策を打ち出せず、スピードも遅い。

票のことしか考えず、国民の現状を理解していない国会議員が多いですよね。この先、日本はどうなることやら。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

スピードが遅いから

こんばんは。

マスコミ各社の世論調査の結果、麻生内閣の支持率が20%前半にまで悪化したそうです。まぁ、今までの麻生総理の対応を見ていれば当然の結果ですけど。

まだ発足して間もないのに、すでに前・福田内閣の悪い数字とほぼ同等です。このまま行けばもっと支持率は低下するでしょう。

麻生総理をはじめ閣僚の不適切な発言、ブレた発言や政策、各対策のスピードの遅さ、定額補助金に関する地方への丸投げなど、もう今の内閣はダメでしょう。さっさと解散して欲しいものです。

特に私が述べたいのは、スピードの遅さです。何をやるにも遅すぎます。例えば、経済対策に関してもヨーロッパ各国は対応がすばやい上に、思い切った政策(いわゆる日本における消費税の引き下げなど)を掲げています。

日本の政策は未だに分かりにくく、先も見えません。また、大きな効果の出そうな政策もないです。

日銀に関しても銀行へ資金を貸し出す条件の緩和などの政策にとどまっています。今、本当に困っているのは中小零細企業です。結局は銀行が貸し渋ったら同じことです。

定額給付金に関しても、あの内容ならやらない方がマシです。あんな誤魔化しで数年後に消費税を上げられたら目も当てられません。

それなら失業対策や年金、保険、病院(今、いろいろと問題が起こってますよね)などへ使った方がよっぽど効果的です。

こんな段階にいたっても、相変わらず政府には危機感がなく、支持率低下の原因を分析するとか訳の分からない事を言っています。分析するまでもねーだろっ! って感じです。そんな無駄な事をやってる暇があったらもっと国民の事を本当に考えて欲しい。

日本も『チェンジ』してもらいたいものですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

富士見書房が「ネクスト ファンタジア大賞」を新設

こんばんは。

富士見書房が新しい小説新人賞「ネクスト ファンタジア大賞」を新設しました。

新人賞とはいっても、応募資格はプロ・アマ不問らしいですね。なんつーか、ちょっとややこしいですね。

募集する作品は、「現代」を舞台にした自分ならではの、自分にしか書けない「キャラクター小説」との事。ジャンルは特に問わないようです。

400字詰め原稿用紙換算150枚~350枚で、手書き原稿も可。締め切りは2009年3月31日当日消印有効です。

なお、応募原稿の全てに選評がつくようです。最近は評価シートや選評がつく新人賞が増えてきましたね。応募者にとっては非常に嬉しい事です。

ただ、3月の締め切りの場合、同じ角川系の小説賞を含め、数社の締め切りが重なりますのでどのレーベルにするか迷います。しかも選評(評価シート)をいただける所ばかりなので、応募が分散するかもしれませんね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

そろそろ撮影に行かねば……

こんばんは。

いつの間にか、師走になってしまいました。すでに喪中はがきが届き始めております。それを見て、そろそろ年賀状に使う写真の撮影に行かなければならないなと感じました。

昨年も十二月下旬に山形県まで年賀状に使用する写真を撮りに行きました。ええ、もちろん『ムーンライトえちご』と『青春18きっぷ』を使いました。冬の日本海は荒れてましたねぇ。

さて、今年はすでに撮影に行く場所は決定しています。今年はすごく近くなので楽ですね。人の目が気になるということを除けば。

例年、比較的人の少ない場所だったんですが、今年はかなり人の多い場所になりますので、早朝の人が少ない時間に出向き、ささっと撮影してすぐに撤収する予定です。

予定ではやはり今月下旬になりそうです。元日配達に間に合うリミットぎりぎりになってしまうでしょう。

撮影には三脚を持っていかなければならないので、ついでに久しぶりに町並みの撮影もしてこようと思います。いずれ、このブログで公開しますね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

即、売り切れるに決まってるでしょ!

こんばんは。

毎年、夏と冬に開催されている同人誌即売会「コミックマーケット」ですが、今年の冬は超豪華メンバーが同人誌を発売するそうです。

その名は「みみっく!」です。サークル名は「チーム八幡坂」です。

何がすごいのかといえば、その作家陣と内容! 

MF文庫Jの受賞作家17人による短編集なんです。しかも作家本人も売り子に出るとか。価格は一冊1000円で、文庫本サイズ538ページというボリューム。完売しても赤字という、なんともおバカ(いい意味ですよ♪)な企画。

くそぅ、欲しいぜぇ! でも、あの集団に混じる体力が今の私にはないっす……。

しかもビッグサイトには行った事はあるんですが、このイベントそのものには参加したことがないので不安要素だらけです。

なにせ、このイベントに関しては想像を絶する人間が集まるなど、私の予想以上の事態になる可能性があるので……。うーむ、鉄道イベントなら行き慣れてるんですが。

まぁ、地理的な条件で言えば、都内在住ですから『始発で乗り込む』&『交通機関に関してはある意味プロ(自称)』なので、問題ないんですけど。

なんといっても今の私の諸状況(体調不良)では参加が限りなく難しいですからねぇ。

うーむ、なんとかならないものか……。つーか、この作家陣なら即、完売でしょうね。なんとかコミケ以外でも販売して欲しいものです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

ベネツィアにおける高潮の被害

こんばんは。

イタリアにある水の都・ベネツィアで過去二十二年で最高の高潮被害が出たそうです。観光名所であるサンマルコ広場なども水浸しだとか。

その水位はなんと1.5メートル以上! 背の低い方や子どもは頭のてっぺんまで沈んでしまいます。

これには気圧や風、地盤沈下、地形など、様々な原因があって、それが組み合わさるとこうした大きな被害が出るようですね。

また、地球温暖化による海面上昇の影響が少なからずあるようです。ですからこれからもこうした被害は増えていくのかもしれません。

特にツバルなどのオセアニアにあるサンゴ礁で出来ている島々を始め、国土の多くが海抜の低いオランダ、バングラデッシュなども注意が必要ですね。

ゼロメートル地帯は日本にもあります。また、海岸近辺ではたびたび高潮の被害が報道されています。日本も島国ですから、海とは切っても切れない関係です。例えば沖ノ鳥島など、水没すると日本にとって大切な財産が失われてしまいますから。

また、世界遺産の『厳島神社(広島県)』も年々、高潮の被害が増えているそうです。

マンガやアニメにもなった『ARIA』でも高潮(アクア・アルタ)が取り上げられています。その中では水無灯里(登場人物)が楽しそうに街(ネオベネツィア)を歩くシーンがありましたが、現実世界ではそんな事をしていられる状態ではありません。

今後も高潮の被害が増加していくと思われます。それにしても地球温暖化は本当に厄介ですね。なんか、ボディーブローのようにジワジワと効いてくる感じです。ある日突然、もっと大きな被害が起きそうで怖いですね。

それを防ぐためにも一人ひとりが小さな努力を続けていく必要がありそうです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

調べて納得 「うんっ、そうかっ!」

こんばんは。

先日、懐かしい曲を聴きました。それは何かというと、今から十数年以上前にNHK教育テレビで放送されていた小学生向け社会科の番組「たんけんぼくのまち」のテーマソングです。

当時、番組に出演していた「チョーさん」は、現在、声優などで活躍しています。芸名もこの役名と同じ「チョー」です。以前は長島雄一さんという芸名でしたが「チョー」さんに改名したようです。

もともとは本名の「ながしましげる」でたんけんぼくのまちに出演していました。それが「チョーさん(長島雄一)」になり、声優の長島雄一、そして現在はチョーになったらしいです。

番組ではチョーさんが町の地図を作成するのですが、それが素晴らしかったんです。また、あの丸メガネのキャラクターが強烈に印象に残っています。

主題歌なのですが、当初はあの「上を向いて歩こう」などで有名な坂本九さんが歌っていました。それが事故でお亡くなりになったこともあって、途中からチョーさんが担当していました。ですから、主題歌は放送年度によって違います。2バージョンあるわけです。

現在、2バージョンとも収録したCDが発売されているので聴くことは出来ます。

この曲を聴いていて、

「そういえば、最近の教育テレビの小学生向け番組ってどうなってるんだろう?」

ということが気になりました。

そこでNHKのホームページを調べてみました。するとかつてと比べて激減している事がわかり、非常に驚きました。

昔は国語、算数、理科、社会、音楽などが各学年ごとに製作され、放送されていました。ですが現在は学年ごとに製作されているのは理科くらいです。

教育テレビの番組で学んだ事も多かったので、今の子どもたちは少しかわいそうだなぁとも思います。とても分かりやすく、丁寧だったので勉強嫌いの子どもでもきっと楽しく学べると思うんですけど。

それとも、今は塾に通う子が多くなり、教育テレビの小学生向け番組はあまりニーズがないのでしょうかねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »