« 『不可解』なのは、個々の物差しで判断するから | トップページ | スーパーダッシュ小説新人賞の応募要項改訂 »

2008年11月25日 (火)

ワンマン&イエスマンの弊害

こんばんは。

麻生首相がさまざまな失言や考え方にブレがある発言をして与党内からも批判を浴びているそうです。また、漢字の読み間違いも指摘されていますね。

周りには秘書や協力者がいるはずなのに、なぜこうも繰り返されるのでしょうか。

個人的には本人がワンマンという事と、周りがイエスマンばかりだということではないのかなと想像しています。ただ、なんの裏付けもないので、今回の話は私の妄想だと思って読んでいただけると幸いです。

本人がワンマンだからこそ、周りの言う事を聴く姿勢が出来ていないのかな、と思います。企業のご子息ですからそういう環境も影響しているかもしれません。

以前もブログに書きましたが、ワンマンが必ずしも悪いわけではありません。会社を引っ張っていく求心力になりえる、リーダーシップを発揮できるなどのメリットがあります。しかしそれゆえに周りが見えなくなって、話を聴こうとしなくなるデメリットもあります。

また、周りにいるのがイエスマンばかりだと、主人が間違っていると周りが思っても止められないのです。重用すべきはきちんと主人に意見できる人なのです。日本の企業でも食品偽装などが発覚した会社ではイエスマンばかりだった、というのが多かったですよね。

みんな波風を立てたくないから、あるいは、特に多くの企業では給料や雇用に影響するかもしれないという不安があるために言いたい事が言えない環境になっています。そしてついにはイエスマンだらけになる。――そういう企業の末路が心配ですね。

自分と考え方が違うからといって遠ざけていると、それが結果的に自分の首を絞めることにもなる。今回の事から、あらためて思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 『不可解』なのは、個々の物差しで判断するから | トップページ | スーパーダッシュ小説新人賞の応募要項改訂 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

妄想」カテゴリの記事

時事問題のコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンマン&イエスマンの弊害:

« 『不可解』なのは、個々の物差しで判断するから | トップページ | スーパーダッシュ小説新人賞の応募要項改訂 »