« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月28日 (金)

ぬいぐるみ役者さんを参考にした方がよかったような……

こんばんは。

先日、家事用ロボットが芝居を演じるというニュース? のようなものを見ました。その際に制作者側がパントマイムの演者にいろいろと意見を訊ねるというものがありました。

確かに表情のないロボットがセリフを棒読みしても、何の感情も伝わってきませんよね。ある意味、掲示板やブログと似ているかもしれません。だからこそ言葉なしで表現するパントマイムへ注目したのだと思います。

でもそれならば、なぜ一番最初にぬいぐるみ役者さんへ訊かなかったのでしょうか? 以前にもブログに書きましたが、ぬいぐるみ役者さんは言葉を発せずにいろいろな感情を表現しています。

今回のロボット演劇にはパントマイムよりもぬいぐるみショーの方が近いのではないでしょうか? そこに制作者さんは気がつかなかったのでしょうか?

人間であれば表情や言葉の抑揚などで伝えようとします。パントマイムでは言葉を発せなくても表情は作ることが出来ます。

一方、ぬいぐるみ役者さんは言葉も表情も使えません。でも泣いたり笑ったり、感情を表現できています。ですからこちらの方が参考になると思うんですけどねぇ。

それにしても、ロボットの進化はすさまじいですね。各分野に特化した機能だけ比べれば、人間にかなり近付いてきていますし。

個人的には楽しみでもあり、少しだけ怖くもあります。はてさて、この先のロボットはどういう方向に進むのでしょうかねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

裁判員制度の候補者に通知が発送

こんばんは。

ニュースなどでも取り上げられていますが、来年から開始される裁判員制度の裁判員候補者への通知が明日に最高裁判所から発送されるそうです。

賛否両論があると思いますが、国民の裁判への参加は民主主義国家にとって重要な事項ですから、個人的には賛成です。

中には一般人が裁いてよいのか、専門家に任せた方がいいのではないか、裁判の結果によって裁判員に精神的な負担を与えないか、など様々な意見があります。

そうした意見を聞くと、裁判が他人事だとか余計な事にかかわりたくないとか、そういう印象を受けたりもします。結局はみんな自分本位なのではないかと思います。

もちろん、自分が一番かわいいというのは理解できますし、私にだってそういう面がないとは言えないでしょう。でも少しでも自分が司法へ参加する、他人のために参加する姿勢というのがあってもいいと思うのです。

私は下町の人間です。それが影響しているのか、近所の人たちや町会の人たちとともに地域のために色々な活動に参加するというのが大好きです。ついついおせっかいをやいてしまうこともあります。別に助け合いの精神だなんてハイカラな事ではなく、ほうっておけないという感じでしょうか。

昔の日本では『隣組』じゃないですが、全国各地で当たり前のように地域の人々が助け合っていました。それがいつしか、世知辛い世の中になってしまいました。

隣人の顔を知らない、近所付き合いがない、地域のルール(例えばゴミ捨てなど)を守らない、階段から落ちても誰も声をかけない、痴漢を見ても気付かない振りをする、近所の子どもがイタズラをしても叱らない、その子どもを叱った場合に親が逆ギレをする。

これも時代の変化なのでしょうか。個人的には寂しい気がします。

地震など、災害時にはボランティアや救援物資の提供、義援金などで助け合う心を見ることができます。ですからまだ完全に助け合いの心が失われているわけではないはずです。

それなら自分も裁判に参加して、共に考えるという事をしても良いのではないでしょうか。

裁判は人を裁くだけが目的ではありません。それに、被害者、加害者と共に事件を考え、今後のよりよい社会づくりのための手助けをする、そう考えてみてはいかがでしょうか。

いくら社会のため、といってもやはり不安を感じている人もたくさんいると思います。

冤罪者を生んでしまう場合もあるかもしれません。でも逆に救えるケースだってあるはずです。どちらにしても、その時に関係者が共に一生懸命に考えて、話し合って、その時点で自分の正しいと信じた事なのですから、胸を張っていいと思います。

むしろ「自分には荷が重過ぎる」と感じてくれる人の方が一生懸命に真摯に裁判に向き合ってくれるはずです。

いずれにせよ、今後、皆さんの理解や自分自身の意識を深めていく必要があるのかもしれません。

裁判員制度の話をニュースで聞いて、私はこんな事を思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

スーパーダッシュ小説新人賞の応募要項改訂

こんばんは。

集英社が募集している「スーパーダッシュ小説新人賞」の応募要項が第9回から変わります。締め切りは2009年10月25日です。

第8回まではワープロ原稿のフォーマットが20文字×20行または40文字×40行などでしたが、それが42文字×34行の文庫本見開きと同様になるようです。また、今までのフォーマットでも可との事。

また、すでに第8回の要項で第9回に応募済みの方でも不利はないそうです。

なお、新規定ではワープロ原稿42文字×34行で50~200枚、手書きの400字詰め原稿20文字×20行で200~700枚との事。

20文字×20行だと原稿用紙(印刷用紙)の枚数が多くて困りましたからねぇ。応募の際も重さがあるために、郵便よりもゆうパックやエクスパックの方が安い場合もありましたし。

原稿枚数が多いと390円(定形外・500グラムまで)の次は580円(定形外・1キログラムまで)なんですよねぇ。わずか数十グラム超えた場合でも190円も料金が上がってしまいますから……。

私が応募している某小説賞の中には未だに20文字×20行というのもありますが、枚数が少ないですから送料は気になりません。

個人的に気になるのは、定形外郵便の料金体系で240円(250グラムまで)、390円(500グラムまで)、580円(1キログラムまで)、850円(2キログラムまで)、1150円(4キログラムまで)の4区分の1枚切手がないという事です。

せめて240円切手と390円切手、580円切手は用意して欲しいですね。私の場合は390円と580円をよく使うのですが、これが面倒なんです。

580円に関しては、500円切手と80円切手という組み合わせで使っています。他には420円切手+160円切手というパターンもありますね。2枚のパターンはこの2種類。

でも390円が難しい。現在発行の普通切手では2枚のパターンは270円切手+120円切手しかありません。

昔と同様に40円切手が発売されていれば350円切手との組み合わせができるんですけどねぇ。

ちなみに古い切手でも料金部分の印刷が鮮明なら有効だということなので、昔に40円切手をたくさんストックしておけば良かったなぁと思っています。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

ワンマン&イエスマンの弊害

こんばんは。

麻生首相がさまざまな失言や考え方にブレがある発言をして与党内からも批判を浴びているそうです。また、漢字の読み間違いも指摘されていますね。

周りには秘書や協力者がいるはずなのに、なぜこうも繰り返されるのでしょうか。

個人的には本人がワンマンという事と、周りがイエスマンばかりだということではないのかなと想像しています。ただ、なんの裏付けもないので、今回の話は私の妄想だと思って読んでいただけると幸いです。

本人がワンマンだからこそ、周りの言う事を聴く姿勢が出来ていないのかな、と思います。企業のご子息ですからそういう環境も影響しているかもしれません。

以前もブログに書きましたが、ワンマンが必ずしも悪いわけではありません。会社を引っ張っていく求心力になりえる、リーダーシップを発揮できるなどのメリットがあります。しかしそれゆえに周りが見えなくなって、話を聴こうとしなくなるデメリットもあります。

また、周りにいるのがイエスマンばかりだと、主人が間違っていると周りが思っても止められないのです。重用すべきはきちんと主人に意見できる人なのです。日本の企業でも食品偽装などが発覚した会社ではイエスマンばかりだった、というのが多かったですよね。

みんな波風を立てたくないから、あるいは、特に多くの企業では給料や雇用に影響するかもしれないという不安があるために言いたい事が言えない環境になっています。そしてついにはイエスマンだらけになる。――そういう企業の末路が心配ですね。

自分と考え方が違うからといって遠ざけていると、それが結果的に自分の首を絞めることにもなる。今回の事から、あらためて思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

『不可解』なのは、個々の物差しで判断するから

こんばんは。

元・厚生次官やその家族の殺傷事件の犯人と思われる男が警察に出頭しました。連日、テレビや新聞などのニュースでいろいろと報道されていますね。

まだ彼が殺傷事件の犯人と確定していませんが、話の内容やナイフの所持などを考えれば事件と全く無関係ではなさそうです。少なくとも、もし別の犯人をかばっている(あるいは一人で罪を被ろうとしている)としても、その真犯人を知っているわけですしね。

さて、この関係のニュースでよく聞く言葉が「犯行の動機が不可解」というものです。

銃刀法違反で逮捕された今回の犯人は、出頭前に各メディアにメールを送っていたそうです。そこにあった犯行の動機は30年以上前にペットを保健所に殺されたその仇討ちだとの事。

元・厚生次官と保健所にはそんなに大きな関連性はありません。しかもかなり昔の出来事を犯行のきっかけにしています。

確かにマスコミや一般の人の多くはそんな事で殺傷事件の動機になるのかと疑問に思うでしょう。しかし私は別に不思議だとは思いません。充分、ありえることだと思います。

もちろん、私には犯人の気持ちは理解できません。でも理解できないからといって彼の行動のきっかけがおかしいとは言えません。なぜなら、理解できないというのは我々の物差しで出来事を判断しているから。

彼の中では、『ペットを殺されたという事』についての怒りや恨みの感情は大きなものであり、『保健所→厚生次官が悪い』と思う考え方もそれが正しいと信じてしまっているのです。

つまり動機も殺傷する対象も『それが当たり前』だと考えているのです。当たり前だと考えているのですから、それ以上の事を追求しても答えようがないのです。

彼の考え方は、我々(少なくとも私)とは相容れません。だから我々の物差しで物事を判断すれば『不可解』と感じても当然なのです。

例えば、「なぜ君は空を飛べないの?」と訊ねられたらなんと答えますか? それに対して「翼がないから」と答えたとします。

では「なぜ翼がないの?」とさらに訊ねます。これを明確に答えるには生物学者や哲学者などでなければ難しいかもしれません。

世の中には不可解な事だらけです。でもその全てに対して明確な答えがあるわけではありません。また、答えがなくても我々は生活しているわけです。

彼のような考え方の人間がいても不思議ではないし、それが我々にとって不可解だとしても彼にとってはそれが不可解であるとは限らないのです。また、逆に言えば彼には、我々の考え方の方が不可解かもしれないのです。

 

ここで大切なのは、何が正しくて何が正しくないのかは別問題だという事。

単に『殺すという行為』そのものは自然界では当たり前にあることであって、否定してはいけません。野生の動物や人間だって生きていくために他の生物の命を奪っています。

でも彼のした『殺すという行為』は日本という国の人間社会の中では許されていません。それはみんなで生活していく上での決まりごとです。だから守らなければならない。

さまざまな考え方を持つこと自体は自由ですが、禁止されている事をしたら罰せられる。そういう縛りの中で生きているんです。

 

物事の真意は案外、単純なもの。ただ、そこに個々の持つ物差しで判断するからややこしくなる。

だから『犯行の動機が不可解』なのは当然であって、必ずしも我々が納得できる答えになるとは限らないのです。

不可解だから『実は共犯者がいるのではないか?』『本当の動機が別にあるんじゃないか?』と決め付けるのはミスリードにつながるのではないかと思います。もちろん、そういう可能性も否定はしませんし、個人的には共犯者がいるのではないかとも思ってます。

でも『彼は本当のことを言っている』という可能性を否定してもいけないのです。

我々が理解できないから彼の言う事はおかしい、というのは個々の物差しで見ているから。だから様々な物差しで見て、考えてみるという事が大切なのではないかな、と思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

ライバル、大幅増加!

こんばんは。

先月に締め切った某小説賞。私も応募しました。その応募総数が発表されましたが、それがなんと811通との事。前回は590通でしたから、200通以上も増えた事になります。

同じ時期にいくつかの小説賞の締め切りがあるのですが、それにもかかわらず増加しました。私の場合、同時期の他の小説賞が自分と「合わない」のでこちらの小説賞に応募した次第です。

単純計算で、昨年の一次通過は4通に1通(590通中、150通)です。今回の一次通過数を一定だとすると5通に1通になります。また、通過の割合が一定なら200通になります。

ただ、個人的な思いとしては割合や数字でバッサリと切るのではなく、一次通過基準(があるのかどうか知りませんが)に達していれば若干の裁量はあってもいいのかな、と。

ライバルが増えたという事は切磋琢磨できていいことです。だから自分ももっと努力しなければいけないな、と思います。

一次選考の発表は12月19日の予定だとか。通過・落選にかかわらず結果が楽しみです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

反省しているようには感じられません! なぜなら――

こんばんは。

兵庫県知事・井戸氏が先日の近畿ブロック知事会議の中で「関東大震災が起きればチャンス」という信じられない暴言をはきました。マスコミ等でも大きく取り上げられ、多くの方が不快感を表明しています。

東京都民の私としては、はらわたが煮えくり返っています。

兵庫県は阪神・淡路の大地震災害を経験しているにも拘らず、その知事がこういった発言をするとは信じられません。しかも許せないのは全く反省の色が見えないこと。あれにはさらに怒り爆発です。

各マスコミでは井戸知事が事実上の発言を撤回をしたとの事。そこで兵庫県庁のホームページで会見の内容をチェックしました。

兵庫県のホームページによると、今日の知事会見で「撤回」という言葉を使わずに「発言を取り消せるものなら取り消したい」と表現されていました。

ただ気になったのは、

「東京を中心に関東の方々には、私の発言を巡って心配をかけてしまったという事実を踏まえたときに、私自身責任を感じ、お詫びを申し上げたいということで、今日、会見をさせていただいたということです」

という部分です。

別に心配なんかしてません! だから心配をかけた事にお詫びされても意味分かりません!

私は関東に住む人間として「関東大震災が起きればチャンス」という「他人の不幸を望むかのような発言に対して怒っている」のです。

そして兵庫県や被災者の皆様の感情を傷つけたという事に対してどう考えているのか、コメントがないと感じました。

今回の発言は我々関東の人間だけでなく、世界中の様々な災害の被災者やその家族・友人など、多くの人を傷つけたという認識を持っていないのでしょうか。そういった感情に対してのお考えを訊きたいです。

井戸知事の仰るように、誤解を招いた事や発言取り消しを宣言したからといって取り消せるものではないというのは、確かにその通りです。でも人間ですから誰にでも間違いや失敗はあります。

反省する姿勢を見せてくれれば許すことだって出来ます。でも今回の会見ではどうしても納得が出来ません。なぜなら、感情を傷つけた事に対する反省が見られないから。

会見の冒頭です。

「県民の皆様をはじめ、多くの皆様に誤解を与え、混乱を生じさせ、ご心配をおかけしているという状況ですので、このような状況を引き起こしたことについて、心からお詫び申し上げたいと存じます」

全然反省の色が感じられませんよね? 私は絶対に納得できませんし、井戸知事を許していません。どうせ今回の会見で「はい、おしまいっ!」とするんでしょう。

皆様はいかがお考えでしょうか?

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンケート結果・回答者の半数以上がMである

こんばんは。

某サイトで読者アンケートの結果が発表されていました。

質問項目は「あなたはMですか? (はい/いいえ)」というもの。ちなみにMは性別を示すものではなく、マゾって意味です。……たぶん。

このアンケートは某文庫本の読者を対象に行われたもので、アンケート開始直後から一部で話題になっていました。

回答結果では約56%が「はい」だったそうです。回答者の総数が発表されていないので実際に何人くらいいるのか分かりませんが、Mの割合が高いんですね。

二択(未回答を含めると三択ですが、未回答を割合に含めての数字なのかは分かりませんので、未回答は含めないとします)と考えれば、単純に50%となるはずです。はたして今回の56%という数字は多いのか、少ないのか。

サンプル数や真面目に回答している人が何人なのかも分かりませんので、私としては参考程度にしかできません。ですがMの需要がそこそこあるって事です。

――今の日本は様々な趣向が許容されて、ある意味いい時代です。

ああ、人類の欲望は尽きる事がありませんねぇ。まぁ、だからこそ文明が発達していくんでしょうけど。

個人的にはこうした結果を見て、面白いなぁと思いました。そして少しだけ勉強になりました。

え? 何が勉強になったかですって? 

それはヒミツです。いくら鼻をならしたって教えませんよ。ダメッたらダメ! あんまりしつこく訊くのなら『ピー(自主規制)』しちゃいますよ?

――ちなみに具体的な内容を書くと、最近は冗談を冗談と捉えてもらえず、へたしたら逮捕されかねないので自主規制しました。

うーむ、個人のブログであっても表現する行為が難しい時代になりましたねぇ……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

今回の逮捕は氷山の一角です

こんばんは。

JRの指定席券をネットのオークションなどで転売していた男が逮捕されたとのことです。その指定席券というのが、鉄ちゃん御用達列車の「ムーンライトながら」だったようですね。

今回逮捕された男がどういう捜査経緯で逮捕に至ったのかは分かりませんが、これで少しは本当に必要なお客さんが指定席券を買いやすくなったわけです。

逮捕理由はいわゆる切符の転売が「ダフ屋行為」となり、迷惑防止条例違反だそうです。客から「指定席券が買えない」とJRに苦情が相次ぎ、それで警察が動いたとの事。

最近は青春18きっぷのシーズンに「ムーンライトながら」の指定席券を購入しようとしても発売日以外にはなかなか買えません。特に「ムーンライトながら」の自由席(大垣行きの小田原以西)が廃止になってからは気軽に西日本方面へ出かけられなくなりました。

私も何度か購入しようと試みましたが、ほとんど無理でしたね。それなのにネットオークションでは列車に乗らない輩が買った指定席券が高額で販売している。許せない状態でした。今回の逮捕はそうした状況に対応した珍しいケースです。

警察の方に、

「よくぞ、捕まえてくれた!」

と感謝申し上げます。これで見せしめになって、転売目的の買い占めが減ると良いのですが。

ただ、逮捕された犯人はあくまで氷山の一角ではないかと思います。まだまだ転売目的の購入者はいると思います。JRも何か対策が立ててくれると助かるのですが、現状の諸システムでは難しいでしょう。

オークションで指定席券の取り扱いが不可能になればよいのですがねぇ。結局は「本気で乗るつもりで買ったが急用などで不要になった」のなら、みどりの窓口などで払い戻しをすればいいのですから。キャンセルは客の都合なのですから、手数料が取られるのは仕方のないことです。

もうすぐ冬の青春18きっぷシーズンです。果たして指定席券の転売が減るのか、見守りたいですね。そしてさらなる取締りを警察さんに期待します。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

もう11月なんですねぇ

こんばんは。

最近はちょっと体調を崩しておりまして、薬を飲んでおります。おかげでだいぶ良くなりましたが。

土曜日に都内の某お寺へお参りしてきました。十一月という事で、七五三の子ども達の姿がありました。千歳飴も売ってましたしねぇ。私にとってはかなり昔の事で、よく覚えていません。でもなんだか懐かしい感じがするのはなぜでしょうか。

また、来年の暦も売ってました。もう年末なんですねぇ。東京では木枯らしも吹いたとの事ですし、寒いわけです。

都会では季節の移り変わりが分かりにくいと聞きますが、こうしてよく見てみるとちゃんと感じられます。ようするに、忙しい毎日の中で季節を感じる余裕がなくなっているということではないでしょうか。

これからもゆっくりと時の流れを感じられる生活をしていければいいな、と思っています。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »