« ちょっとだけ設定を紹介 | トップページ | もう11月なんですねぇ »

2008年10月22日 (水)

最近の水戸黄門について

こんばんは。

今月に新シリーズがスタートした水戸黄門ですが、視聴率が一桁台になったそうです。あるニュース記事ではその原因を裏番組の時代劇だとしています。

私は小学生時代から水戸黄門を見ています。再放送の水戸黄門を含めれば初代黄門様の東野さんの時代からの視聴者です。レギュラー放送では二代目の西村さんあたりですね。

つまり現・黄門様の里見さんが助さんをしている時代も見ています。ですから未だに今の黄門様には違和感があります。

お話の構造は、昔からあまり変わっていませんが、違っている点もかなりあります。例えば、今では水戸黄門=20時45分の印籠が当然のようですが、東野さん時代は必ずしも印籠が出ませんでした。いわゆる「顔パス」の回もあったのです。「わしじゃよ、○○殿」で済ませていたのです。

それが次第に印籠を出すのが定番となっていきました。お銀の入浴シーンも西村黄門様になってから(のはずです。記憶が曖昧ですが)。もともとお銀は煙の又平と共に黄門様の命を狙う敵だったんです。

こうした定番の流れは三代目の佐野さんの時代まで続きます。変わったのは四代目(とあまり認めたくないのですが)石坂さんから。そして現在の里見さんの時代も大きく変わりました。

かつては黄門ご一行が悪代官や悪徳商人をこらしめ、民衆を助けるというものでした。シーズンでお決まりだったのが、ご一行の誰かが二役(そっくりさんが登場)をやったり、ニセ黄門一行とのやり取り、黄門様が泥棒一味のお頭をする、八兵衛が食べ過ぎて腹を壊す、助さんと格さんが別々のヤ○ザの組に分かれて闘争する、などのお話が盛り込まれていました。時には謎の集団がシーズンを通して黄門一行を狙うというパターンもありました。

そして各地の伝統工芸を話に絡めていました。また、各話の最初で八兵衛が、

「ご隠居、ここの名物はなんですかねぇ」と黄門様に訊ねると、

「ここは○○が有名ですぞ」

「ええーっ! それじゃ食えないじゃないですかぁ」

というやり取りがありました。それに助さんや格さんが、

「八兵衛、お前は食い物の事しか頭にないのか?」

とこぼします。

こうした話は展開が分かっているのですが、それでもついつい見てしまいます。

でも最近の水戸黄門シリーズはどうでしょう。水戸黄門一行を中心に描くのではなく、民衆が中心になっています。民衆が協力して代官所に乗り込んだり、悪徳商人やヤ○ザに集団で反抗します。封建社会の色がかなり薄れています。単純な「勧善懲悪」ではないのです。現代の人間ドラマを江戸時代に移し変えただけのような気さえします。

悪代官を懲らしめる場合でも、悪徳商人との念書を突きつけるシーンが減ったりしています。昔であればお銀が悪代官の酒に眠り薬を入れたり、入浴シーンで奪っていくというのがありました。つまりその弊害として印籠のシーンで確たる証拠が出せないのです。

だから悪代官がしらをきった場合、証人(大抵は悪徳商人かその手下のごろつき)をつき出すパターンが目立ちます。

民衆の力や念書を奪うシーンが減ったというのは視聴者の変化や世相を反映した脚本になってきているとも言えます。ですが、これらはかえって水戸黄門の面白さを失ってしまったとも言えます。

だからこそ、視聴率の低下につながったのではないかと私は考えています。

視聴者は現代風の江戸時代ドラマが見たいのではありません。お約束のマンネリな「水戸黄門」が見たいのです。

ドリフターズのコントはマンネリです。でもだからこそいいんです。水戸黄門も同じです。

奇をてらった展開や現代を投影したような時代劇風ドラマはキャストこそ同じかもしれませんが、それは水戸黄門ではありません。

ぜひ今後は昔ながらの「水戸黄門」を見せて欲しいものです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« ちょっとだけ設定を紹介 | トップページ | もう11月なんですねぇ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の水戸黄門について:

« ちょっとだけ設定を紹介 | トップページ | もう11月なんですねぇ »