« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月22日 (水)

最近の水戸黄門について

こんばんは。

今月に新シリーズがスタートした水戸黄門ですが、視聴率が一桁台になったそうです。あるニュース記事ではその原因を裏番組の時代劇だとしています。

私は小学生時代から水戸黄門を見ています。再放送の水戸黄門を含めれば初代黄門様の東野さんの時代からの視聴者です。レギュラー放送では二代目の西村さんあたりですね。

つまり現・黄門様の里見さんが助さんをしている時代も見ています。ですから未だに今の黄門様には違和感があります。

お話の構造は、昔からあまり変わっていませんが、違っている点もかなりあります。例えば、今では水戸黄門=20時45分の印籠が当然のようですが、東野さん時代は必ずしも印籠が出ませんでした。いわゆる「顔パス」の回もあったのです。「わしじゃよ、○○殿」で済ませていたのです。

それが次第に印籠を出すのが定番となっていきました。お銀の入浴シーンも西村黄門様になってから(のはずです。記憶が曖昧ですが)。もともとお銀は煙の又平と共に黄門様の命を狙う敵だったんです。

こうした定番の流れは三代目の佐野さんの時代まで続きます。変わったのは四代目(とあまり認めたくないのですが)石坂さんから。そして現在の里見さんの時代も大きく変わりました。

かつては黄門ご一行が悪代官や悪徳商人をこらしめ、民衆を助けるというものでした。シーズンでお決まりだったのが、ご一行の誰かが二役(そっくりさんが登場)をやったり、ニセ黄門一行とのやり取り、黄門様が泥棒一味のお頭をする、八兵衛が食べ過ぎて腹を壊す、助さんと格さんが別々のヤ○ザの組に分かれて闘争する、などのお話が盛り込まれていました。時には謎の集団がシーズンを通して黄門一行を狙うというパターンもありました。

そして各地の伝統工芸を話に絡めていました。また、各話の最初で八兵衛が、

「ご隠居、ここの名物はなんですかねぇ」と黄門様に訊ねると、

「ここは○○が有名ですぞ」

「ええーっ! それじゃ食えないじゃないですかぁ」

というやり取りがありました。それに助さんや格さんが、

「八兵衛、お前は食い物の事しか頭にないのか?」

とこぼします。

こうした話は展開が分かっているのですが、それでもついつい見てしまいます。

でも最近の水戸黄門シリーズはどうでしょう。水戸黄門一行を中心に描くのではなく、民衆が中心になっています。民衆が協力して代官所に乗り込んだり、悪徳商人やヤ○ザに集団で反抗します。封建社会の色がかなり薄れています。単純な「勧善懲悪」ではないのです。現代の人間ドラマを江戸時代に移し変えただけのような気さえします。

悪代官を懲らしめる場合でも、悪徳商人との念書を突きつけるシーンが減ったりしています。昔であればお銀が悪代官の酒に眠り薬を入れたり、入浴シーンで奪っていくというのがありました。つまりその弊害として印籠のシーンで確たる証拠が出せないのです。

だから悪代官がしらをきった場合、証人(大抵は悪徳商人かその手下のごろつき)をつき出すパターンが目立ちます。

民衆の力や念書を奪うシーンが減ったというのは視聴者の変化や世相を反映した脚本になってきているとも言えます。ですが、これらはかえって水戸黄門の面白さを失ってしまったとも言えます。

だからこそ、視聴率の低下につながったのではないかと私は考えています。

視聴者は現代風の江戸時代ドラマが見たいのではありません。お約束のマンネリな「水戸黄門」が見たいのです。

ドリフターズのコントはマンネリです。でもだからこそいいんです。水戸黄門も同じです。

奇をてらった展開や現代を投影したような時代劇風ドラマはキャストこそ同じかもしれませんが、それは水戸黄門ではありません。

ぜひ今後は昔ながらの「水戸黄門」を見せて欲しいものです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

ちょっとだけ設定を紹介

こんばんは。

先日、読みきり小説の公開を予定していると書きましたが、少しずつ設定を公開していきます。もちろん、全て公開というのではありません。今回は主人公と世界観を少し書いてみます。

主人公の名前は「志賀楓子」という中学二年生の女の子です。料理部に所属しています。明るく元気な性格で、男女問わずクラスメイト達から慕われています。ただ、いい加減な事が大嫌いなので、不真面目な態度をとると怒ります。

準主人公その1は「尾張美智」です。楓子と同じクラスで、ソフトボール部に所属しています。よく、料理部の作った料理やお菓子を盗み食いして楓子の怒りを買っています。

準主人公その2は「天居香織」です。楓子と同じクラスで、手芸部に所属しています。温和でおとなしい性格ですが、実は彼女は……。

以上の三人がメインキャラクターです。

物語は放課後、料理部が活動している家庭科室から始まります。ちなみに料理部の顧問は三十五歳の独身男性教師「御手洗常男」です。見かけはパッとしないのですが、長い一人暮らしと実家が定食屋という事で、料理はもちろん家事全般はお手の物です。

ちなみに手芸部の顧問の先生が産休のため、臨時で手芸部の顧問も兼任しています。

はてさて、このメンバーがどのようなストーリーを紡いでいくのでしょうか。ストーリーはシリアスものではありません。学園コメディです。

といった所で今回の設定公開はおしまいです。今後の展開にご期待ください。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

読みきり小説を計画中

こんばんは。

実は先週の日曜日に某小説賞に長編小説を応募しました。次の目標は今年の12月と来年の3月です。12月応募用の作品は95%完成しているので、体調が悪化しない限りは大丈夫でしょう。

もっとも、最近もまだ本調子ではないので、微妙なところですが……。

また、そろそろ3月応募用(場合によっては6月にずれる可能性があります)の作品をスタートさせます。プロットはほぼ出来ていますが、まだ出来ていない部分を詰めたいと考えています。

近々掲載用の短編(または掌編)作品を創ろうと思っています。すでにこちらのプロット(+タイトル)も出来ています。これは連載用の作品にしていく予定です。

とりあえず、期間限定の公開という形になると思います。ただ、それが全文なのか一部なのかは未定です。

この作品は大きく捻ったものではなく、あえて分かりやすい構造とストーリーにします。

公開の時期は未定ですが、年内に出来たらいいなと考えています。公開の時期が決定しましたら、また告知します。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

株価は一進二退

こんばんは。

本日、また東京市場の日経平均株価が1000円以上も下がりました。一昨日と昨日に上げた分と同じくらい、下がっています。

あれだけ各国が対策を立てたにもかかわらず、これだけの下げです。底が見えないですねぇ。これは発表された実体経済の各指標が悪化していた事が大きな要因でしょう。

もはや投資家の恐怖心や不安が増大し続ける、負のスパイラルに入ってしまったようです。いくら「銀行への公的資金注入→流動性を高める」の対策をしても、これだけの不安が広がれば財布の紐はかたくなり、消費が落ち込みます。

さらに日本に限って言えば、公定歩合を下げようにも現時点でほとんどないに等しいので効果は期待出来ません。

企業の設備投資も減るでしょうから、しばらくはこの厳しい状況が続くでしょう。唯一の救いは農作物や原油の価格が下がっていること。確かに日本は輸出産業の国だとは思いますが、同時に40%の食料自給率しかない「食料輸入国」です。しかもエネルギーもほとんどが輸入に頼っています。

この議論はいわゆる「卵が先か、鶏が先か」というものと似ていますが、現在は格差が広がって低所得世帯の増えた今の状況には価格が下がるというのはありがたいのも事実です。

いずれにせよ、日本政府や各国政府は待ったなしの状況にあることは事実です。資本主義や格差社会のあり方を再考し、新しい経済制度を模索しなければならない時期なのかもしれません。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

少しだけ市場が戻しました

こんばんは。

G7での日・米・欧の協調、具体的対策の発表によって世界各国の株価が上昇し、恐慌の危機脱出となりました。とりあえず、というところですが。

だからといって安心するのではなく、これからも注視していく必要はあるでしょう。また、今回の対策によって、すぐに中小企業の救済になるかというとそうではなく、やはり時間差があります。

しかも、すでに数社の破綻が現実に起こっているわけで、影響が出てくるのはまだまだこれからです。

なんといっても、ここ数日の下げた分を回復しているわけではないので、今夜以降の海外市場、そして明日以降の東京市場の動向を見守っていかねばなりません。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

世界経済の分岐点

こんばんは。

さすがに驚きましたねぇ。日経平均が一時、千円以上も値下がりしました。さらに円高も進み、1ドル97円にまで上がりました。円は多くの通貨に対して値上がりしています。

また、今回の騒動で日本の保険会社や不動産投資信託会社まで事実上の倒産に追い込まれました。いやはや、騒動が拡大してますねぇ。

まったくもって底が見えない底なし沼です。一方で人々の不安は青天井。

株式市場などは実体経済よりも人々の思惑で動きます。そしてその思惑で動いた結果として本当に影響が出ます。現在はこの思惑と言いますか、投資家心理が冷え込んでいますので、負のスパイラルに入ってしまっているわけです。

今後、どういう政策がとられるかによってさらに抜け出せない負の連鎖が拡大するのか、それとも転換するのかが決定します。

日本の総選挙の時期も後回しにせざるを得ないかもしれません。ですが、アメリカでは予定通りに大統領選挙が行われます。ならばその時期にあわせて総選挙をするのも一つの選択肢ではないかと。

現在の日本政府にはあまり期待が出来ませんからね……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

少しでも明るい話題を

こんばんは。

今年のノーベル賞は日本人の受賞者が多くて素晴らしいですね。久しぶりに明るい話題です。世間は金融危機でごたごたしていますが、こうした話題があるだけでもまだ救われますね。

野球でもセ・リーグが大混戦。とうとう今日の首位決戦で巨人が単独首位になり、マジックも点灯しました。

こういう時だからこそ、明るい話題や熱気のある話題で現実逃避したくなります。

欧州や米国は協調利下げをするようですが、それだけではまだ解決には至らないと思います。やはりカギとなるのはG7での声明になるでしょう。今月は今後の世界経済の方向性が決まる重要な時期となるでしょう。

さて、日本はどう動くのか。注目です。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

あっさりと……

こんばんは。

世界の金融・経済はひどい状況になっていますねぇ。日経平均もあっさりと1万円を割り込みましたからねぇ。終値では少しだけ戻しましたが……。

明日以降、どうなるかが全く見えません。ある意味、資本主義の究極形に近付きつあるのかもしれません。すなわち、一人勝ちの世界。そこまで行かずとも、ほんの一握りの人間が勝ち、あとは全て負けという格差社会。

結局、真面目に生きている人間でさえ大きな波の前では巻き込まれるしかないという事です。無力なものです。それこそ、俗世間から離れて自給自足の生活でもしない限りは駄目でしょう。

一部の政治家は「実体経済に影響を及ぼし始めた」なんていまさら言ってますが、そんなのはもっと前からこうなる事を予想するくらいできていたでしょうに。そして弱者から影響を受けるという事も。

所詮、政治家と我々一般人の感覚は乖離しているという事。政治家は生活に困窮していませんから、危機感がなかったということですね。

このまま日本はどこへ向かうのでしょう。なんか、全てが嫌になってきますねぇ……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

西村氏がいつの間にか参加

こんばんは。

ブログのテンプレートを「らき☆すた」から元のオリジナルに戻しました。また機会があれば期間限定で使用したいと思います。

さて、最近はちょっと体調不良が長引いていて、まともにニュースも見られなかったのですが、その間に少し納得できない事が起きてました。

あの話題の裏切り者集団「改革クラブ」にいつの間にか衆議院議員の西村氏(元・民主→無所属)が参加していたようです。

これで国会議員が五名となり、政党助成金が出てしまうことになりました。

西村氏も小選挙区で落選→比例で復活の議員ですから、改革クラブはほとんどが比例選出議員ということになります。相変わらずの裏切り者ばかりが集まってますねぇ。

さすがに無所属の平沼氏は懸命で、改革クラブの誘いを断って無所属で出馬するようですけど。また、郵政造反組とグループを組むとか。さすがですねぇ、筋が通ってます。別に支持するわけではありませんが、姿勢は納得できます。

私の平沼氏への評価は変わらずですが、西村氏への評価は大暴落です。今度の総選挙でどうなるか、楽しみです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »