« らき☆すたOVA発売っ! | トップページ | 西村氏がいつの間にか参加 »

2008年9月30日 (火)

らき☆すたOVAの感想

こんばんは。

先日、購入した「らき☆すたOVA」の感想でも書きましょう。多少のネタバレを含みますのでご注意ください。

このDVDは六つのショートエピソードと実写版「らっきーちゃんねる」、映像特典(イベントの模様)で構成されています。

まず一番良かったのは、つかさのバレーボールの話ですね。健気に頑張るつかさの姿が実にいい。その周りで励ますみさおもいい味出してます。

普段は気弱で天然なつかさですが「いつも自分はかがみに頼ってばかり、このままじゃいけない。そして、かがみに勝ちたい!」と決意して望む姿にはホロっときます。

結果はお約束でしたが、だからこそ「いつか勝ちたい」という最後のシーンが引き立っています。

この話では特に絵の良さが際立って感じます。特につかさの顔をアップしたシーンは実に表情豊かに描かれています。つかさファンならずともあの柔らかさに感じるものがあると思います。

それから、舞踏会のお話ではかがみのコスプレ数種類が見られます。でもやっぱりかがみはミクの衣装が一番似合ってますね。ちなみにこなたのあの衣装……。

このDVDを見ているとあっという間に時間が過ぎるように感じます。なかなか楽しい時間を過ごさせていただきました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« らき☆すたOVA発売っ! | トップページ | 西村氏がいつの間にか参加 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: らき☆すたOVAの感想:

« らき☆すたOVA発売っ! | トップページ | 西村氏がいつの間にか参加 »