« 自分自身へ | トップページ | 嬉しい事がありました »

2008年6月 9日 (月)

冷静になって

こんばんは。

秋葉原で発生した通り魔事件について、私の個人的な視点から述べてみます。

今回の事件で問題なのは、犯人はもちろんなのですが、事件発生後の周りにいた人たちの反応ではないかと。人が倒れている横で何もせずに見物したり写真を撮ったり。悲しいですね。

その場から逃げるのは仕方ないにしても、怪我人の横で写真撮影とは……。もし被害者の立場だったらどうなのでしょう。自分が苦しんでいる横で写真を撮るだけで何もしない。どんな気持ちになりますか? 手当てが出来ないにしても、声をかけてあげるくらいはできるでしょうし、気持ちは全然違うと思います。

それからネットの書き込みやテレビのインタビュー、コメンテーターで「犯人は一人で死ね」とか「すぐに死刑にしろ」という言葉がありました。それは心で思ってても表に出しちゃだめでしょう。

裁判というプロセスを経て、初めて死刑やら無期懲役やら、刑が決まるわけです。命の重さは今回の被害者をみれば強く感じたはずでしょう。腹が立つから死刑、みたいな短絡的な思考は問題が無いですか? もっと冷静になりましょう。これでは来年から始まる裁判員制度も危うく感じてしまいます。

犯人に対しての憤りは私だって感じます。決して許される罪ではありません。これだけの事件ですから、特に障害がなければ最高刑である「死刑」になるでしょう。ただ、感情的になってはいけません。感情を抜きにして、冷静に犯した罪を裁く。それが大切だと思うのです。

それから毎度の事ですが、こういう事件があるとすぐにナイフの規制とか、ゲームやアニメの影響とか、マスコミは取り上げます。本当にそれでこういう事件を防げるのでしょうか?

まず武器についてですが、ナイフじゃなくても金槌や金属バット、改造エアガン、殺傷能力のある道具なんて世の中にあふれていますよ。猟銃のように規制されていても発砲事件が発生したじゃないですか。どれだけの意味があるのかな、と。こういう事件を起こす人は規制をしても何らかの手段を考えるんじゃないですか? あるいはその理論で考えると、今回、犯行に使われたレンタカーも規制しなきゃいけなくなりますよ?

ゲームやアニメの影響についても、今回の事件は特に秋葉原という現場の関係もあってまた取り上げられていますね。いつものことですが、こじつけはやめてほしいです。それなら、世の中からサスペンス番組をなくしたほうがいいんじゃないかという話になります。サスペンスの常連俳優、船越さんは商売あがったりです。

これは根が深い事件の一つであって、変化してしまった日本の避けられない事象ではないかと思います。もし元の平和な日本を取り戻したいのであれば、温故知新、昔ながらの生活や地域コミュニティを取り戻さなければならないのかもしれません。難しいでしょうけどね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 自分自身へ | トップページ | 嬉しい事がありました »

時事問題のコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷静になって:

« 自分自身へ | トップページ | 嬉しい事がありました »