« 体調を崩しました | トップページ | 平成筑豊鉄道が車両名と駅名の命名権を販売 »

2008年6月27日 (金)

客観視の重要性

こんばんは。

体調が本調子に戻りませんが、まあまあなんとかやってます。

なんといいましょうか、日本は特にネームバリューに弱いところがあると思います。最近、大きな問題になっている食品の偽装問題しても、○○牛とか○○産みたいなものだけで信じ込んでしまう。

もちろん、我々素人にとって味で判断するのは非常に難しいですしね。プロや美食家の○原先生などには違いが分かるかもしれませんが。

明らかに違うと思っていても、なかなか口には出せないものです。

また、学歴にしても東京大学や京都大学などの大学名だけで「おー、すげー」と思ってしまいます。

要するに、物の本質を見極める力が圧倒的に不足している。また、事実を口に出す勇気が不足しているのではないかと思います。

「能ある鷹は爪を隠す」

という言葉があるように、真に実力のある人(あるいはモノ)は、その力を隠しているのです。それを見極められるかが大事。

ネームバリューや個人の思い込み、好き嫌いだけで判断するような、客観的な評価が出来ない事こそ不幸なのです。それが出来なければいつまでたっても自分のためにはならないし、自分を高めていくのは難しいと思います。

例えどんな対象であっても、自分の糧になることは貪欲に吸収し、さらに情報の取捨選択を行う。そして試行錯誤を繰り返す。これは分かっていてもなかなか難しいことなのですけどね。

分かっていても難しいことですから、客観視ができなければさらに難しくなります。それが自分の成長にとって伸び悩みの原因になるのではないかと。

柔軟な思考と既成概念にとらわれない広い心が自分の成長にとっての第一歩。なーんてことを、ふと思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 体調を崩しました | トップページ | 平成筑豊鉄道が車両名と駅名の命名権を販売 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 客観視の重要性:

« 体調を崩しました | トップページ | 平成筑豊鉄道が車両名と駅名の命名権を販売 »