« 表現に配慮を | トップページ | 夏はもうすぐ »

2008年6月21日 (土)

昭和の雰囲気を感じて

こんばんは。

今朝は非常に重い気分で目が覚めました。というのも、悪夢にうなされたからです。

どんな内容かというと、ズバリ「夢の中で小説の推敲をしていた」んです。内容は全く思い出せませんが、ワープロソフトで文章を直したり、文字を入れ替えたりをしているんです。

起きた瞬間、頭がずっしりと重たかったです……。

さて、今日は朝、部屋の掃除をしまして、それから近所のスーパーに買い物に行きました。そのあと、お寺にお参りに行ってきました。

境内では女性の演歌歌手さんが営業をしていました。さすがに集まっていたのは私以外は高齢者の皆様がほとんどでしたねぇ。その歌手さん、なかなかユーモアのセンスがある方で、高齢者の皆様の心をガッチリキャッチしていました。さすが、場慣れしている感じです。

私は歌をちよっとだけ聴いたら本堂へ向かいました。その途中でいろいろな露店を通りながら見ました。それを見ていると、まだまだこの地域には現代から失われつつある独特の日本の良さや雰囲気があふれているなぁと感じました。

特にカルメ焼きやさんのおじいさんは黙々とカルメ焼きを作っていました。なんか『職人』って感じでしたよ。幼い子どもとその父親が興味津々でおじいさんを眺めていました。

また、飲み屋の屋台が出ていて、おじさんたちが集まってガヤガヤと楽しそうにお酒を飲んでいました。おつまみもおでんや焼き物など、豊富でした。昭和の高度経済成長期にでもタイムスリップしたかのような雰囲気でしたよ。

ああ、やっぱり私はこういう空気が好きなんだな、とあらためて感じました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 表現に配慮を | トップページ | 夏はもうすぐ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の雰囲気を感じて:

« 表現に配慮を | トップページ | 夏はもうすぐ »