« いい加減にしろー | トップページ | もんじゃ焼きを作りました »

2008年3月14日 (金)

寝台列車が風前の灯

こんばんは。

今、私はテレビの画面を通して寝台急行〔銀河〕の最期の発車を見送りました。

〔さくら〕などの時もそうですが、東京駅は相変わらずすごい人の数ですね。夜行列車の縮小は時代の流れなのかもしれません。非常に寂しいですが……。

同時に〔なは・あかつき〕も廃止。これで関西と九州を結ぶ寝台列車が絶滅しました。また〔日本海〕も一往復になってしまいます。客車列車もあとわずかですね。

意外に生き残ったのが〔北陸〕です。前々から〔能登〕と二本立てなので、廃止になるとささやかれていましたが、今回の改正も乗り切りましたね。

それにしても、夜行列車の廃止は単に乗車率の減少や新幹線等の高速化、夜行バスの台頭だけではないんですよね。要するに、深夜を走るわけですから、

・社員の夜間勤務(残業代など)関係(駅員・運転手・車掌など)

・駅の電気代など

・機関車関係(客車の場合)

・リネン関係(寝台連結の場合)

・線路保守関係

・貨物列車とのスジ関係

といった具合に、ちょっと例を挙げただけでもこういった様々な要因が考えられます。こういう理由で本音は夜行を嫌がっている会社があるとも聞いた事があります。

最近は客同士で交流が出来るB寝台よりも、個室を中心とした寝台に変わりつつあるのも事実。〔カシオペア〕や〔サンライズ瀬戸・出雲〕などはそうなっています。これも時代の変化ですよね。

プライベートを確保したい、という気持ちも分かります。でも、知らない人同士の交流が出来るというのも貴重な体験です。ですから、どちらがいいとは断言できないんですけどね。

客車の老朽化という問題もありますが、非常に寂しいです。今頃、〔銀河〕に乗っている同志達は鉄道の話で盛り上がっているのでしょうか。はたまた、昔をなつかしんで乗った方々と思い出話をしているのでしょうか。

今やただの移動手段になりつつある鉄道。かつては移動も楽しんでいた鉄道がこうして風前の灯となりつつあります。ゆっくりと夜の闇を走る夜行列車。知らない人との交流が出来る夜行列車。

スピードと引き換えに失うものは、大きいと思います。そういう意味では、夜行列車にたくさん乗れた私は幸せだったのかもしれません。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« いい加減にしろー | トップページ | もんじゃ焼きを作りました »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝台列車が風前の灯:

« いい加減にしろー | トップページ | もんじゃ焼きを作りました »