« ことわざ辞典を引っ張り出す | トップページ | 四月からの番組に期待 »

2008年3月24日 (月)

荒川沖の事件・警察の対応・専門家の言葉

こんばんは。

先日、JR常磐線荒川沖駅で死傷事件が発生しました。うちからそう遠くもない場所なので他人事ではありません。ですので、これについて少し個人的な感想を述べたいと思います。

まず、警察の対応ですが、あの人員数ではやはり事件を防ぐのは難しかったのではないかと思います。もっとも、出入りをする駅利用者の数を考えれば犯人発見の確率は低かったのではないかと。荒川沖駅はかなり利用者が多いですからね。

ですから、完全に警察の対応が悪かったとは言い切れない面があります。

町の人の意見では警察が一方的に悪いと言っている人がいます。もちろん、対応の悪さは否めませんが、一方的に非難するのも違うような気がします。

ただ、事前に犯行予告があった事もあり、もう少し別の対応(制服警官の配置など)もあったのではないかと思います。人員の配置・配分も犯人の行動範囲に重点を置くなどの考慮はすべきだったのではないでしょうか。

また、指名手配の写真が古いものだったとの事ですが、それじゃ、現在指名手配されているほかの事件の犯人の写真も古くて使えないんじゃないの? と不安になります。これは大問題ですね。

一方、テレビのニュースなどで犯罪の専門家がコメントしてましたが、それについても少し疑問があります。犯人がゲームに熱中していたそうですが、それに対して、

「ゲームと現実の区別が付かなくなっているのでは?」

「ヒーローになりたかったのでは?」

みたいなコメントがありました。私は「なに、時代遅れのコメントしてるんだ?」と思いました。

私の個人的な見方ですが、犯人はけっこう頭がいいと思います。最初の事件を起こしてから変装したり、荒川沖駅での逃走経路が警察の盲点を付いています。

事件を起こしたという事実は利口だとはいえないかもしれませんが、個々の行動を見れば非常に頭がいい点が見られます。

事実、もし犯人からの連絡がなければ逮捕できなかったかもしれないんですから。

現実と空想の区別が出来ていなかったのとは少し違うと思います。犯人はそれくらいの区別、付いていると思いますよ。

ゲーム好き=ゲームの世界やバーチャルの世界との……、というのは安易な考え方ですね。じゃ、ゲームが好きな人の多くが事件を起こしたりするのでしょうか。以前も残虐な描写のあるアニメが放送禁止になったりしましたが、それだけの影響でみんなが事件を起こすのなら、日本は終わってますよ。

もし、ゲームの影響があるというのなら、

1.きっかけになった(あくまで漠然とした、あるいは、引き金に過ぎないという意味で。主人公になりたかったというのではありません)

2.事件を起こした結果が想像できない(人が怪我をしたり、死んでしまった時に取り返しが付かない事だと犯行前に想像できない)

3.自分にも事件が起こせるのではないか、という自信(錯覚)

4.自暴自棄になっての気晴らしなど

が想像できます。また、こうして事件を簡単に許してしまい、なおかつ逮捕できなかった警察側にも問題があります。こんな対応だと模倣犯が出るんじゃないか、と思います(今朝、どっかで通り魔事件があったようですが、直接の因果関係が不明のため、現時点では荒川沖の事件とは無関係としておきます)

今回の事件で気になったのは、ゲーム好きということと事件との関係を簡単に結び付けてしまっている報道です。それはちょっとどうかと思います。報道の仕方に偏りがあるのではないでしょうか。

実は、先日、東京湾で河川を不法占拠していたおじさんに行政代執行が行われたというニュースがありました。あれだっておじさんだけが悪い、みたいな報道の仕方でした。取材をしていた記者もそういう視点での質問をおじさんにしていました。

それを見たコメンテーターのおばさんもおじさんの非難ばかり。それは視点が偏っていませんか? 確かにおじさんは法律に違反しています。それはそれで問題があります。だからといって報道の仕方はそれでいいのでしょうか。

今まで放置していた行政・警察などの対応のまずさや、おじさんのような人が減らない社会の問題、今後のおじさんの行き先(保護の先)の問題、捕獲されたおじさんの飼い犬の今後など、おじさん以外の社会問題にも目を向け、中立な立場で報道するのが記者や報道機関の役割ではないでしょうか。

悪人を突っつけばそれだけでニュースにはなるでしょう。そうではなく、もっと様々な視点から見てみないといけないのではないかと思うのです。

特にコメンテーターみたいな人こそそういう点を注意したりコメントするべきなのに、今回のコメンテーターのおばさんのようにおじさんに攻撃をして終わりというのでは意味がありません。だからこそテリー伊藤さんみたいに客観的なコメントをする人こそ必要なのだと思います(常に客観的とは言い切れませんが)。

事件を素直に捉える事は大切ですが、さらに、その裏に潜む問題にも目を向けなければなりません。それが報道(ニュースや新聞など)の見方だと思います。鵜呑みにしていたら操作されてしまいます。

情報が多い分、その中からいかに取捨選択し、考察していくかが大切になるのではないでしょうか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« ことわざ辞典を引っ張り出す | トップページ | 四月からの番組に期待 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

時事問題のコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒川沖の事件・警察の対応・専門家の言葉:

« ことわざ辞典を引っ張り出す | トップページ | 四月からの番組に期待 »