« オーバーランは珍しくない | トップページ | 餘部に最後の桜が »

2008年3月 4日 (火)

銀河の片隅で

こんばんは。

タイトルにある銀河は急行〔銀河〕の事です。新大阪駅に停車したときにドアが開かず、施錠されていたとの事。

今月で廃止になる銀河。おそらくたくさんのファンの方や懐かしんで乗る方が多いのではないかと思います。その中で、また常識外れの事件を起こす人が出るとは。

今回は新大阪という事で、終点の大阪とはたった一駅ですから大きな影響は出なかったと思いますが、乗り継ぎが出来ないなどの事態が発生しなかったとは言えません。

以前も新幹線の運転席のドアを開けたり、トイレで方向幕を盗むといった事件も起きています。どうしてこのようなことをするのか。

銀河にいたっては最後の運転です。何事もなく有終の美をみなさんで実現しようではありませんか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« オーバーランは珍しくない | トップページ | 餘部に最後の桜が »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀河の片隅で:

« オーバーランは珍しくない | トップページ | 餘部に最後の桜が »