« モチベーション低下が最大の敵 | トップページ | 神話高千穂トロッコ鉄道が新社名募集 »

2008年2月13日 (水)

宮島(広島県)に入島税

こんばんは。

世界遺産に指定されている厳島神社(広島県)や宮島の自然保護を目的とした入島税が徴収される事になるそうです。

たしかに、近年は台風の被害なども大きいですし、仕方がないかもしれませんね。問題になるのは税額と開始時期、それに税負担者です。

税額は高すぎても観光客の減少につながりますしね。税負担者については、島民、就業者、インフラ・警察関係者など、非課税対象者も厳密に定めないといけません。徴収方法はやはり連絡船の運賃にあらかじめ上乗せするのを考えているのでしょうが、その辺も詰めなければなりませんし。

もし今回の入島税が開始になると、他の島でも導入する動きがあるかもしれません。特に同じ世界遺産の屋久島や災害復興中の三宅島などは可能性があります。

重要なのは入島税の使い方です。これも厳密に定め、監視していかないとどっかの道路特定財源みたいにスポーツ用品やマッサージチェアになってしまいかねません。

ぜひ、ちゃんと目的どおりに使ってくださいね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« モチベーション低下が最大の敵 | トップページ | 神話高千穂トロッコ鉄道が新社名募集 »

時事問題のコラム」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮島(広島県)に入島税:

« モチベーション低下が最大の敵 | トップページ | 神話高千穂トロッコ鉄道が新社名募集 »