« ブログのカテゴリを整理 | トップページ | true tears(アニメ版)のOPテーマ »

2008年1月28日 (月)

篠ノ井線・田沢臨停……

こんばんは。

長野地裁松本支部での裁判に出席する予定の副検事が下車予定の松本駅を乗り過ごし、隣の田沢駅で臨時停車するという珍事が発生しました。

この副検事は木曽福島から特急しなの9号に乗車。下車予定の松本駅を乗り過ごし、10分後に気がついて通過駅の田沢駅で臨時停車したとの事。

いやー、こういうことってあるんですね。しかし、この副検事さんは何をしてたんでしょう?トイレでしょうか、寝過ごしでしょうか。

時刻を見てみると、確かに松本の次の停車駅は篠ノ井。次の電車で折り返しても13時30分の裁判開始時間には到底間に合いません。副知事さん、真っ青だったでしょうね。田沢駅からタクシーを飛ばしても、ぎりぎりの時間です。

松本駅通過後10分で気がついたとの事なので、所要時間から推測すると田沢駅停車もぎりぎりだったといえます。あと一、二分気が付くのが遅れていたら田沢駅も通過していたはずです。そうなると、臨時停車は次の明科駅になるわけですが、そうなったら間に合わなかったでしょう。

中央西線から篠ノ井線へ直通する列車は少ないですね。普通列車になると、一本逃したら大変なことになります。塩尻まで行けば、中央東線からの列車や飯田線からの列車もあり、わずかに本数は増えるんですけどね。もっとも、それも松本止まり(始発)が多いんですが。

ちなみに、長野県は面白い地域で、JR東日本、東海、西日本の三社が乗り入れています。辰野・塩尻で東日本と東海、南小谷で東日本と西日本の境界になっています。また、今回話題に出た特急しなのも在来昼行特急では珍しい東日本、東海、西日本の三社を直通(大阪~米原~名古屋~松本~長野・主要駅抜粋)するという特長があります(ただし、一日一往復のみ。ほとんどは名古屋~長野)

いやー、あの<ピー(自主規制)>の仲の本州三社を直通運転する特急ですよ。鉄道だけに国鉄時代からの惰性そ……もとい、名残が残っているんですね。ま、いつ大阪発着のスジが消えて名古屋発着に変更されてもおかしくない状態ですけど。

JRの会社間を移動する列車といえば、夜行列車もありますね。特に寝台列車。東海道本~山陽本~鹿児島本の寝台特急が激減し、今度の3月にはさらに減ります。

あれ、某会社が……ヤバイ、これ以上しゃべると抹殺されてしまう。まー、はっきり言えるのは夜行列車は鉄道会社にとって経営上、いろいろと都合が悪いって事です。

それに少し関係することでもありますが、心配なのは、リネン用品を扱う会社の方や車内清掃を行う人たちの仕事が減ってしまう事。別の仕事があればいいんですけど、大丈夫なんでしょうかね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« ブログのカテゴリを整理 | トップページ | true tears(アニメ版)のOPテーマ »

鉄道」カテゴリの記事

時事問題のコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 篠ノ井線・田沢臨停……:

« ブログのカテゴリを整理 | トップページ | true tears(アニメ版)のOPテーマ »