« 鉄道の楽しさとは何か? | トップページ | 茨城交通湊線の三セク事業計画 »

2007年10月30日 (火)

JR九州はスゴカですたい

こんばんは。

JR九州が導入するICカードの名称が「スゴカ」になったそうです。これであとはJR四国だけですね。

来年に導入するJR北海道の「キタカ」、すでに導入済みの本州三社「スイカ」「トイカ」「イコカ」とJR六社で共通化するのはいつになるのでしょうか。

地域別では「パスモ」のように他のICカードと共通化しているものもあります。そうなると、他の業態の電子マネーVS電鉄系ICカードという構図になっていくのか。あるいは、全てで共通化の道に進むのか。

他の例を見てみると、VHSとベータ、HDDVDとブルーレイ、任天堂ゲーム機とセガやソニーといったように、共通化していない規格が多いですね。ですが、電子マネーの機能がある以上、銀行のキャッシュカードのように一台の機械で様々なカードが使えないと利用者としては不便ですよね。

一部のコンビニエンスストアでは数種の電子マネーが使えるようですが、まだまだ普及しているとは言えない(全ての小売店舗数で考えると)状態です。

ICカードの業界団体というのがどうなっているのかはわかりませんが、ぜひ共通化や利用者の使いやすい方法を考えてもらいたいものです。

――現時点では難しいでしょうかねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 鉄道の楽しさとは何か? | トップページ | 茨城交通湊線の三セク事業計画 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR九州はスゴカですたい:

« 鉄道の楽しさとは何か? | トップページ | 茨城交通湊線の三セク事業計画 »