« チャレンジ精神と失敗 | トップページ | 鉄道の楽しさとは何か? »

2007年10月26日 (金)

突然には変化しにくい

こんばんは。

変化には予兆があるもので、突然に変化するという例は稀ですよね。もっとも、予兆に気がつかなかったり、知らなかった場合は突然に変化したと見える場合もありますけどね。

例えば、天気予報が身近で分かりやすいかもしれません。今、季節外れの台風が接近してきていますが、その予兆は気圧や雲、風などで予測ができます。この気象観測技術が向上したおかげで未然に防げた事故が昔に比べて減っているはずです。

かつての洞爺丸台風では気象観測技術が現代の水準ならば起こらなかった事故といえます。

見た目は突然の変化でも、予兆は大抵あるものです。それをいち早く捉えられるかで状況はいろいろと変わってきます。言うのは簡単ですが、実際にはなかなかできないものですけどね。

予兆を捉えるためにはアンテナをたくさん、あちこちに張っておく必要があります。

ま、予兆を捉えられても何もできない場合も多いですが、少しは世界が違って見えて面白いと思います。世間話のネタくらいにはなるでしょうから、いろいろ調べてみたりするのもいいかもしれませんよ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« チャレンジ精神と失敗 | トップページ | 鉄道の楽しさとは何か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突然には変化しにくい:

« チャレンジ精神と失敗 | トップページ | 鉄道の楽しさとは何か? »