« 掌編小説を時間限定で公開 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

2007年8月 7日 (火)

肥薩おれんじ鉄道が、熊本~鹿児島中央間に乗り入れへ

こんばんは。

九州の平行在来線である肥薩おれんじ鉄道(八代~川内)が、来春のダイヤ改正から熊本及び鹿児島中央に直通乗り入れを行うそうです。

個人的には、乗り入れまでずいぶん時間がかかったなぁというのが感想です。それでも乗り入れは土・日曜と祝日に快速列車の乗り入れという形になるようですね。会津鉄道のAIZUマウントエクスプレスの喜多方乗り入れに似ていますね。

ただ、肥薩おれんじ鉄道にとっては念願の都市間直通です。赤字が続いて厳しいですから、これを期に利用者が増えてくれればよいのですが。

人件費などは肥薩おれんじ鉄道が負担し、利益はJR九州からおれんじ鉄道側に渡すという形だそうで、JR九州には大きなメリットがないということです。しかし地域にとってのメリットや、苦しむおれんじ鉄道などにとってはおおきなことです。

平行在来線の問題ではしなの鉄道と篠ノ井線(篠ノ井~長野間)のように、儲かる区間だけJRがもったままというケースもあります。そんな中で、JR九州は儲けがほとんどないと思われるにもかかわらず、よくぞ決心してくれたと思います。

数年後には、九州新幹線、北陸新幹線、東北新幹線で開業が続きます。同時に平行在来線問題が再び注目されるでしょう。今後の沿線及びJRの対応を見守っていきましょう。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 掌編小説を時間限定で公開 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肥薩おれんじ鉄道が、熊本~鹿児島中央間に乗り入れへ:

« 掌編小説を時間限定で公開 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »