« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

乗りつぶし旅行記その2・プレリリース

こんばんは。

8月26日に吾妻線ほか、乗りつぶしに行ってきました。今回は乗っているだけでなくて、いろいろあったので飽きなかったですね。

ルートなどは、後日報告します。今回はバスもルートにあります。写真も今回も少しだけあるので、あわせて公開します。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

乗りつぶし旅行記その1・空白地域、神奈川県が終わった

こんばんは。

18日、やっと涼しくなったので、乗りつぶし空白地域だった神奈川県・他に乗りつぶしに行きました。

まず、京浜東北線で鶴見駅へ。ここから鶴見線に乗ります。鶴見線ホームに出るのに、わざわざ改札を通らないといけないので、自動改札から少し離れた有人改札へ。

扇町行きに乗って浅野駅へ。いやぁ、この駅の形、ゴールデンウィークに行った富山地鉄にもありましたねぇ。

ここから後続の列車で安善駅へ。ここで大川行きを待ちます。土曜日は本数が少ないので、とにかく大川が優先になってしまいますね。

ここで大川駅の列車に乗り、武蔵白石の直前で右へカーブ! 大川駅に着きました。折り返しに乗って弁天橋駅へ。

弁天橋着の列車を見送り、海芝浦へ。この駅、駅を出たらすぐ企業の敷地なんですよね。ここから再び鶴見に戻り、扇町へ。

扇町ではJR貨物の事務所もすぐそばにありました。次は、浜川崎。ここから南部支線に乗ります。

尻手に着き、川崎へ行くと同時にすぐにUターン。立川へ。立川から府中本町に戻り、武蔵野線へ。

そのまま武蔵浦和で埼京線。快速川越行きに乗り、川越へ。川越から八高線経由で拝島へ。拝島から五日市線に乗ります。

拝島でおそばを食べました。ああ、やっとまともな食事できた。

五日市で折り返し、拝島から八王子へ。八王子からは横浜線。横浜で東海道線に乗り、茅ヶ崎へ。横浜ではシウマイ食べたかった……。

茅ヶ崎から相模線に乗ります。橋本駅まで行き、横浜線に乗り、八王子へ。

ここから、八高線で……と行きたい所でしたが、夜に用事があったので中央特快で東京へ。いやぁ、特快は速いですねぇ。あっという間に東京駅ですよ。

ちなみに、八王子では長野支社色115系立川行きが来ましたが、座って東京に戻りたいので我慢しました。

はいー、ここまで電車に乗りっぱなしで、写真がほとんど撮れませんでした。写真は少しですが、下で紹介します。

 

2007081801 2007081802 2007081803 2007081804 2007081805 2007081806 2007081807 2007081808 2007081809

 

 

 

今まであまり神奈川県に縁がなかったので、ほとんど空白域だったのですが、これでかなりつぶせました。さあ、これから涼しくなります。今度の日曜日も体調がよければ乗りつぶしに行こうと思っています。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月22日 (水)

乗りつぶし旅行記その1・プレリリース

こんばんは。

先週の土曜日、涼しかったので乗りつぶしに行きました。関東では乗り残しが多かった神奈川県を中心に行ってきましたので、準備ができたら公開します。

ちなみに、今回乗りつぶしてきた(完乗してきた)のは、鶴見線、南武線(支線含む)、横浜線、相模線、五日市線、川越線です。

特に大きな出来事はありませんでしたが、わずかながらに写真を撮ってきましたのでそれとともに紹介しようと思います。公開までしばらくお待ちください。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

パスモ再発売の話題・高校野球の報道の仕方について(報道の問題点)

こんばんは。

今回は二つの話題について書きます。

一つ目は発売が停止していたパスモの話題です。

パスモが9月10日から再発売されるそうです。いやぁ、やっとですねぇ。春に数が足りなくなってから数ヶ月、長かったですね。心配なのは、導入会社さんの設備投資費ですね。バス会社さんはみんな厳しい経営ですから。

私鉄各社でさえ、減価償却費が増えて大変みたいですよ。利用者は便利になっていいのですが、それが導入会社の利益に直結するわけではありませんからね。

さて、次の話題。

高校野球が連日、熱戦を繰り広げていますね。そこで気になったことがあるのですが、昨日あたりに某投手がニュースに取り上げられていました。時速150キロを超える球を投げるそうですね。

結局、チームは負けたようですが、その報道の仕方が納得いきません。

なぜその投手の事ばかり話題にするのか? その投手に打ち勝った相手のチームはあまり取り上げられていないのです。ここは、勝ったチームをもっと褒めるべきではないでしょうか。

確かに150キロの球はすごいです。でも野球は球が速ければいいというわけではありません。もちろん、速い球は強力な武器になります。でも野球はチームで行うスポーツ。そして攻撃と守備のバランスが良いチームが勝ちます。

その投手を記事にしたいのは分かります。なぜなら、その方が雑誌や新聞が売れるし、テレビなら視聴率が取れるから。でもこの報道には明らかに誘導があります。報道の仕方に偏りがある。

勝ったチームをもっと取り上げ、その上で負けたチームの投手の記事を取り上げるべきではないでしょうか。

昨年から『○○王子』という名前をつけたスポーツ選手がたくさん現れていますが、なんでも『王子』って付ければいいって訳ではないでしょう。それに、話題になっていないもっとたくさん努力している選手だっている。それなのに、報道が自分達の都合で取り上げ方を偏らせてしまう。

楽天の野村監督の現役時代、たくさんの記録を残したのに、報道は巨人のO・Nばかりに注目していましたよね。スポーツ以外では、つい最近、日本人の女性のモデルの方がチャンピオンになった時、どこのマスコミもノーマークだったのに、受賞した途端に大きく取り上げてました。

このように、報道の偏りは昔からあるものの、常に報道側の意図に従って構成されているということは非常に危険です。

なぜもっと中立なジャーナリストがいないのか。

人々は物事の本質よりも思惑で動く傾向があります。テレビや新聞などで報道されればその影響は非常に大きいものになります。真実を伝え、ありのままに報道する事がいかに大切かを分かっているジャーナリストはどれだけいるのでしょうね。

各記者さんたちの今後の行動力、良心に期待します。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

みんなで公共交通機関を使いましょう

こんばんは。

今日からお盆の帰省ラッシュが始まっているそうです。高速道路の渋滞や新幹線の指定席が満席になるなど、たいへんですね。

それにても、何でみんな自動車を使うんでしょうね。みんなで自家用車を使うから渋滞になり、環境にも影響を及ぼし、悲惨な事故もおきるのではないでしょうか。

みんなで鉄道やバスを使えばたくさんの問題が解決するんですけどねぇ。駅から遠い人の場合、パークアンドライドってのがあります。最寄り駅までは鉄道などを使い、最寄り駅から自宅までは自動車を使うというやつです。

もちろん、路線バスがあればそれを使ってもらうのがベストなんですけどね。

ナンバープレートによって、その自動車を運転していい日と悪い日が決められている国もあるそうです。

例えば、下2桁が偶数だと土曜日は運転してはいけない、みたいな感じです。日本もそれを導入すべきなんですよね。それだけでラッシュが分散しますし。

鉄道だって全車指定席ばかりでなく、全車自由席の列車と交互に走らせるとか、いろいろやり方はあると思うんですけどねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

世の中は因果応報

こんばんは。

因果応報とは、過去の業が現在の幸不幸の果報を生じ、現在の業に応じて未来の果報を生ずる事です。

過去に良い行いをすれば現在に幸運が訪れ、悪い行いをすれば不幸が訪れる。これは未来にもいえます。

似たような言葉に、情けは人のためならずというものもあります。

他人に情けをかけるということは、めぐりめぐって自分に幸運がめぐってくるという事です。

今の自分の幸不幸は過去の自分の行いの結果なのかもしれません。ということは、現在、他人を助け、人のために行動すれば未来には必ず幸運がめぐってきます。しかし、他人を陥れたり、ないがしろにしていると必ず未来に不幸が返ってきます。

皆さんは人の念というものを信じていますでしょうか? 例えば、呪いのようなものはその念の一種であり、有名ですね。その念の力はあまりにも強く、他人を呪えば自分にもその呪いが返ってくるといわれています。これもある意味、因果応報。

人の念の力は案外、強いものなのです。因果応報にはこの念というものが大きく影響を及ぼしているのかもしれません。良い事をすれば、良い念の力によって幸福になり、悪い事をすれば、悪い念の力によって不幸になる。

今が幸せなのは、過去に良い行いをしたから。だからといって、今、人を不幸にして自分だけ幸せになろうとしても、いつか必ずその反動=自分の不幸となって返ってきます。

常に自分以外の人のことも考え、行動する事が結果的に自分のためになるのです。自分や自分の周りの人を見ると、本当にそう思いますよ。みなさんはいかがですか?

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

暑いから「妄想してみました」(本日の記事はフィクションです。ご注意ください)

こんばんは。

暑いので、妄想させてください。

今日のニュースで東海道新幹線の一日の運転本数が過去最多の372本(定期288本、臨時84本)になったというものを見ました。これは実話です。

すごい本数ですねぇ。お盆の帰省ラッシュとビジネス客対応でそんなに走っているんですね。その中で鉄道屋さんのコメントがあって、

「空席表示画面に座席に余裕があることを示す『○』マークが常に並ぶよう輸送力の設定を行っている」

とのことでした。はーい、ここまでは実話です。

で・す・がっ! 

ここからは妄想のお時間です。ご注意ください。真に受けないでネ。

へぇー、なるほどと思ったのですが、理由が二つあります。あ、これは妄想ですからね。

その一:「『○』マークが常に並ぶように輸送力の設定を行っているから、めちゃくちゃなダイヤ設定を行うんだねー」

その二:「ダイヤ設定をしているのは、誰?」

その一について、やたらと臨を走らせるから、時刻変更や着発線変更、運用変更、その他もろもろが発生して、たくさんの現場各所は大変だっつーの。しかも直前に運転日を追加するのはお願いだからヤメテ……。

いっそ、のぞみで普通車全車自由席の設定とかを作れば(全部とは言いません。数本に一本でもいいです)、『○』マークそのものがなくなるのに(『-』マークになりますから)。

その二について、ダイヤの設定をしているのはコンピュータか、ベテランのスジ屋さんでしょ? まぁ、ベテランのスジ屋さんが減ってきてますし、ほとんどがコンピュータかな。便利な世の中ですぅ。

あと、こんなコメントもありましたよ。

「輸送計画は、他部門との連携が欠かせない。社内の風通しがよくないとできない」

そーですか。……あえてノーコメント。

いやいや、これだけ暑いと自分でも何を書いているのか分からなくなってしまいますなぁ。ちなみに、何度も言いますが、今日の記事は暑さゆえの私の妄想です。願望です。フィクションです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

残暑お見舞い申し上げます

こんばんは。

残暑お見舞い申し上げます。

暦の上では秋になりましたねぇ。まだまだ暑い日々が続きますが、夏バテしないようにがんばっていきましょう。

東北ではお祭りが真っ盛り。もうすぐお盆になり、帰省する方々のラッシュがニュースをにぎわせます。

私は実家に住んでおり、近所にお墓もあるため、帰省する必要がありません。ですからいつもテレビのニュースで帰省ラッシュの皆さんを、

「お疲れ様です」

という感じで見ています。お盆の時期は朝の通勤電車もガラガラに空いていますから、かなりの方が地方出身者または、地方に本家があるのだなぁとしみじみ感じてしまいます。

純粋な都会生まれ都会育ちの人間の実数はどれだけいるのでしょうか。「江戸っ子」のように、三世代以上その地に住んでいる人たちはかなり少ないのではないでしょうか。

ふるさと納税なんていうくらいなら、都会に出てこないで地元に残って地元を活性化させるべきではないでしょうかねぇ。地域格差が問題になっていますけど、格差是正の第一歩はふるさとに残り、ふるさとを愛し、ふるさとのために仕事をする、ということではないでしょうか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

肥薩おれんじ鉄道が、熊本~鹿児島中央間に乗り入れへ

こんばんは。

九州の平行在来線である肥薩おれんじ鉄道(八代~川内)が、来春のダイヤ改正から熊本及び鹿児島中央に直通乗り入れを行うそうです。

個人的には、乗り入れまでずいぶん時間がかかったなぁというのが感想です。それでも乗り入れは土・日曜と祝日に快速列車の乗り入れという形になるようですね。会津鉄道のAIZUマウントエクスプレスの喜多方乗り入れに似ていますね。

ただ、肥薩おれんじ鉄道にとっては念願の都市間直通です。赤字が続いて厳しいですから、これを期に利用者が増えてくれればよいのですが。

人件費などは肥薩おれんじ鉄道が負担し、利益はJR九州からおれんじ鉄道側に渡すという形だそうで、JR九州には大きなメリットがないということです。しかし地域にとってのメリットや、苦しむおれんじ鉄道などにとってはおおきなことです。

平行在来線の問題ではしなの鉄道と篠ノ井線(篠ノ井~長野間)のように、儲かる区間だけJRがもったままというケースもあります。そんな中で、JR九州は儲けがほとんどないと思われるにもかかわらず、よくぞ決心してくれたと思います。

数年後には、九州新幹線、北陸新幹線、東北新幹線で開業が続きます。同時に平行在来線問題が再び注目されるでしょう。今後の沿線及びJRの対応を見守っていきましょう。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

掌編小説を時間限定で公開

こんばんは。

読みきり小説「これって運命?(仮題)」をアップします。

公開時間が過ぎましたので、削除しました。リクエストがあれば再度公開を考えますので、コメント欄にお願いします。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

データ復活(一部)

こんばんは。

先日、パソコンがおしゃかになりまして、データも全てあの世行きになりました。しかし、私も往生際が悪いので、いろいろと復活の儀式を行いました。

まるで、ネクロマンサー(死霊使い)の気分ですねぃ……グフフ。夏だからいいか。

そのおかげで、一部だけデータが復活しました。いわゆるドラ○エでいえばザオ○ルに成功したって感じです。でもザオ○ルですから、全て復活ではないんですよね。

それでも、最重要データは運良く生き返りました。とりあえず一段落です。

ただ、某データは復活しませんでした。それって掌編小説だったんですけど、完成して数時間後に消えてしまい、もちろんバックアップはありません。幻の作品になってしまいました。

ピンチはチャンスに、ということで、現時点でのデータのバックアップを全て取りました。とりあえず最低限必要な重要データはオーケーです。さらに、今回の事件を元に新しい小説のネタが浮かびましたし。

その分の犠牲は大きかったのですが、必要なデータだけでも復活してよかったです。復元のための備えもしましたし、大丈夫……かな?

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

小海線でハイブリッド列車が運行開始

こんばんは。

小海線で世界初となるハイブリッド列車の運行がスタートしました。区間は小淵沢~野辺山で、一日八往復程度だそうです。

地球温暖化や原油価格の高騰などさまざまな問題に対し、このハイブリッド列車が切り札となれば良いのですが。

さて、鉄道に詳しくない方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明しますと、小海線は気動車、つまりディーゼルエンジンで動く列車です。もっと大雑把に言うと、ディーゼルエンジンの自動車のタイヤを車輪に変えたようなものという感じでしょうか。

ただし、最近の気動車はエンジンで直接車輪を回すのではなく、エンジンで発電し、その電気でモーターを回し、車輪を回すものが増えてきています。

何でそんなめんどくさい事を? と思うかもしれませんが、電気でモーターを回すからこそ、ブレーキ時にモーターを回して発電し、エネルギー効率を上げられるのです。これは走行と停止を繰り返す鉄道には非常に有効です。

しかも低速域ではモーターの方がトルクが大きく、高速域ではエンジンの方が効率がいいなど、ハイブリッドならではの特長も持ち合わせています。

おそらく、これからの気動車はこのハイブリッドが主流になっていくのではないでしょうか。おかげで昔ながらの車輌はどんどん廃車になっていくことでしょう。今、小海線で走っているキハ110もけっして性能の悪い車輌ではないことと、コスト面ですぐに東日本全部が変わるという訳ではないんでしょうが、実際に東北地域では旧型の気動車の撤退が相次いでいるので、心配です。

温暖化対策としてはいいのでしょうが、複雑な気分ですね。キハ28・58もイベント列車しか生き残る道がないのでしょうか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »