« 今回で300記事です | トップページ | 疲れがたまっていたのか »

2007年7月21日 (土)

400系が引退へ

こんばんは。

某業界紙を読んでいたら、山形新幹線で運用されている400系が引退するそうです。すべてE3系に置き換えていくそうで。

今すぐというわけではありませんが、順次置き換えていくようです。

400系といえば、初の在来線直通新幹線としてデビューしました。当時は200系の連結カバーをわざわざ外して連結したり、400系の連結カバーが作動しなかったり、いろいろありましたねぇ。新幹線ホーム用のドア下ステップも単純なつくりですし(とはいえ、開発にはかなりの苦労があることを付け加えておきます)。

でも、それらがあったからこそE3系があるわけですけどね。個人的には、400系の方が好きですけどね。

あのメタリックボデーは、当時の新幹線としては斬新でしたからねぇ。ですから、今の400系はグリーンの帯があるからちょっと寂しい感じがします。引退直前には帯を取って運転してくれるんでしょうかねぇ。

もし引退となれば、0系、100系よりも先になるかもしれませんね。あるいはほぼ同時期という感じでしょうか。同じ東日本の新幹線群では200系よりも先になることは確実です。それとも、定期運用を外れても多客用として残すのでしょうか。それはないですかね。

N700系の導入で500系や300系の動向も気になりますし、新幹線だけでこれだけの話題が提供できるのも、新幹線のバリエーションが増えたおかげですね。これからもしばらく新幹線に注目していきましょう。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 今回で300記事です | トップページ | 疲れがたまっていたのか »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 400系が引退へ:

« 今回で300記事です | トップページ | 疲れがたまっていたのか »