« 砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想 | トップページ | 智頭急行が黒字・株主配当 »

2007年6月 5日 (火)

砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想補足・ネタバレ含む

こんばんは。

前回の話題で追加の感想があります。これはかなり物語の根幹に関わる事かもしれないので、書こうか迷ったんですけどね。

ですから、この先はすでに一度読み終えた方、またはネタバレしちゃってもいいや、という方のみお読みください。

 

 

 

 

 

このことは、鋭い読者様ならすでにお気づきの事かもしれませんけどね……。

では、質問です。楽園の種子とはなんのことでしょうか?

 

答え:「シムシムの種子」

はい、その通りですね。しかし、本当にシムシムの種子の事だけなのでしょうか? 私は違うのではないのかと思います。

私はラビサやジゼットたち自身も「楽園の種子」なのではないかと思うのです。そう、楽園を作るのはラビサたちなのです。

つらい過去という外皮を破り、未来へ向かって芽を伸ばし、楽園を築く。どうでしょう、楽園の種子そのものと感じませんか?

こういう仕掛けは、小説では良くあることです。ですから読書家の方はすでにお気付きではないかなぁと思います。ここに、作者様はタイトル付けがうまいなぁと感じるわけです。

さて、私が物語の感想をつけるのは久しぶりです。かつては書評も書いていたのですが、面倒くさいので書かなくなったのです。今回はきっかけがあって書いたのですが、読者様の参考になっておりますでしょうか? 今後も機会があれば感想を書こうと思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想 | トップページ | 智頭急行が黒字・株主配当 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想補足・ネタバレ含む:

« 砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想 | トップページ | 智頭急行が黒字・株主配当 »