« ルルル文庫の途中経過 | トップページ | 砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想補足・ネタバレ含む »

2007年6月 4日 (月)

砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想

こんばんは。

今日はルルル文庫の受賞作、砂漠の国の物語~楽園の種子~の簡単な感想を書きます。

まず作品の全体的な感想としては、文章力は問題ありません。極端におかしな点はないですし、読みやすい方だと思います。もちろん、細かい部分ならいろいろ指摘すべき点があるのですが、それはほとんど気にならないはずです。つまり、自然なので、よほど気をつけない限りはそのまま流せてしまうんですね。

ストーリーの根幹、特に前半部分や一部はベタかもしれませんが、肉付けの部分で独自性が出ているのでこちらに関しても問題ないでしょう。ベタだけど独自性を出すという事に関しては、お手本になる物語です。

物語の後半が少し忙しい気もしますが、読書慣れした人なら難はないでしょうし、読みなれていない人でもゆっくり読めば大丈夫だと思います。

かなり完成度が高い作品ではないでしょうか。作者様は女性なのでしょうか? 文章の中に女性らしさというか、雰囲気を感じますね。もし、これが男性だとしたら、女性向けの小説を量産できると思います。文章にやわらかさを感じます。

マイナス面としては、展開の意外性という点が弱いかもしれませんね。まあ、予想通りに話が進むという感じです。

カヴルと砂嵐の町の関係に関しては、勘のいい人なら気がつくかな、と。それに関係して、ラビサとジゼットがいいパートナーというのは、ジンを使ったり見たりする能力や髪の色(太陽と夜色)という辺りからも想像が付きます。そういう人物設定をしているはずです。

キャラクターは活き活きとしていますし、うまく活躍していますね。キャラクターに個性があるのに、活かしきれなかった某作品とは大違いです。

というわけで、細かい点は気になるものの、かなりオススメできる作品だと思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« ルルル文庫の途中経過 | トップページ | 砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想補足・ネタバレ含む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想:

« ルルル文庫の途中経過 | トップページ | 砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想補足・ネタバレ含む »