« 受賞作二冊の感想と戦略考察 | トップページ | 砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想 »

2007年6月 3日 (日)

ルルル文庫の途中経過

こんばんは。

現在、ルルル文庫の「砂漠の国の物語~楽園の種子~」を読んでいます。読了後、このブログで感想を公開しようと思います。最初は迷っていたのですが、途中まででも素晴らしいできですので、ぜひお勧めしたいと思ったからです。

ガガガ文庫の例があるので、ルルル文庫も同じような感じなのかなと少しガッカリして読み始めたのですが、開始数ページでその思いが吹き飛びました。面白いし、ガガガのような読んでいてツライというような事がありません。

もしガガガとルルルでどちらにしようか迷っている人がいるなら、この本をオススメします。

ただし、これはあくまで現時点での事。……といっても急に大きく変化するとは思えませんので、クオリティを保って物語が終わることでしょう。

公開は近いうちに、ということで。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 受賞作二冊の感想と戦略考察 | トップページ | 砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルルル文庫の途中経過:

« 受賞作二冊の感想と戦略考察 | トップページ | 砂漠の国の物語~楽園の種子~の感想 »