« 都電荒川線でタイムスリップ | トップページ | 受賞作二冊の感想と戦略考察 »

2007年5月29日 (火)

高千穂鉄道のその後ほか、話題三件

こんばんは。今日は話題を三件ほどお伝えします。

まず、先日、このブログでも取り上げましたが、高千穂鉄道の支援金が一週間で500万円集まったそうです。すばらしいですねー。この調子で頑張ってほしいです。それでも、まだまだ厳しい状況(時間的+金額的)に変わりないので今後も注目していきたいと思います。

次は、北海道新幹線の話題です。新小樽、新八雲両駅の調査が始まるようです。ついに北海道新幹線が本格的に活動を開始しましたね。なんといっても、東京からの距離は鹿児島よりも近いんですから、早く実現してほしいです。東北、北海道の経済は疲弊していますから、その起爆剤になればと思います。また、青函トンネルが無駄にならないようにしてほしいですね。

最後はわたらせ渓谷鉄道で沿線自治体と鉄道会社が協力関係を強めるというもの。やはり地域が一丸となって活動していく事が大切です。そういえば、わたらせ渓谷の近くにある上信や上毛は大丈夫でしょうか? そちらの動向も気になります。

最近は鉄道業界も活発に動いています。N700系の試乗会や大宮の鉄道博物館、都電荒川線のレトロなど、鉄道好きには忙しいですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 都電荒川線でタイムスリップ | トップページ | 受賞作二冊の感想と戦略考察 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高千穂鉄道のその後ほか、話題三件:

« 都電荒川線でタイムスリップ | トップページ | 受賞作二冊の感想と戦略考察 »