« 休息の一日なれど | トップページ | 畑村先生の話(失敗学) »

2007年3月 5日 (月)

無冠の帝王のあるべき姿

こんばんは。

先日、某大企業社長の話を聞く機会がありました。といっても、個別にということではなくて、大きな会場での講演会のようなものです。

そこで聞いた話が新聞に掲載されていたんですが、それがまた面白い。

話の中のマイナス面のみをクローズアップして書いてありました。あれだと、公演を聞いていない人は誤解したり、マイナス方向に誘導されますね。話の中では、プラスの話も多かったのに、それをバッサリと切っています。まるで社長さんを叩いているように感じられます。

以前からマスコミの情報は操作されていると分かっているのに、いざその実例を見ると恐ろしくなります。

少し前にある情報番組が捏造されていましたが、あのように人々はテレビの情報に左右されて動くのです。そうなると、テレビ局、取材担当者などの倫理観が問題になりますね。

今回の社長さんの話を書いた記者たちも、誘導や意図的にある方向へと持っていこうとしているのかもしれません。それが好意的なのか、敵対的なのかは分かりませんが、ありのままに事実を伝えるのが、記者の務めではないのかと思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 休息の一日なれど | トップページ | 畑村先生の話(失敗学) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無冠の帝王のあるべき姿:

« 休息の一日なれど | トップページ | 畑村先生の話(失敗学) »