« 団塊の世代の退職金 | トップページ | 旅行記の予告 »

2007年2月 7日 (水)

小さな力も集まれば大きな力になる……か?

こんばんは。

どうしても自分一人の力には限界があります。しかしそんな小さな力も集まれば大きな力になります。

ただ、その力がどこまで通じるかは、集まった力の質によるとは思いますけどね。

単純に力の大きさだけの勝負なら、誰でもいいから集まればいいんです。まぁ、ウゾウムゾウの集まりってヤツです。いくら「小さな力が集まれば大きな力になる」とはいえ、そんな集団だと、質の高い小さな力に負けることもあるでしょう。

もちろん、質の高い大きな力には、ウゾウムゾウの大きな集団じゃ勝てないでしょうし。

ウゾウムゾウでうまくいったとしても、ただ運が良かったのか、それ以外の力がうまく働いたからでしょう。

我々の力なんてちっぽけで、上には上がいます。例えば、私の力なんて屁みたいなものです。

自分の能力を過大評価している愚か者も少なからずいます。自己満足にひたる人間もいます。私にもそういう面がないとは言い切れません。ある人から見ればそう思える部分があるかもしれないからです。

でも、こうした「自分の小ささ」をわずかでも感じていれば、いろいろ我慢できるし、謙虚になることができるのかもしれません。

読者の皆さんはいかがですか? 自分は天狗になっていませんか? 井の中の蛙ではないですか? 

「あなたの行動は珍しくもすごくもない」

世の中には「自分はすごい」とか、「自分はめずらしい」とか思った行動は、別に当たり前で、珍しくもなくて、ごくありふれているものです。そして自分以上の人間はあふれるほどいる。

能ある鷹は爪を隠す、といいます。本当に頭のいい人は黙っています。そういうものです。

私は馬鹿だから、なんでもストレートにしゃべってしまいますけどねぇ、ハッハッハ。

今回の話の結論としては、「もっと広い目で、周りを見てみましょう」って感じでしょうか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 団塊の世代の退職金 | トップページ | 旅行記の予告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな力も集まれば大きな力になる……か?:

« 団塊の世代の退職金 | トップページ | 旅行記の予告 »