« 東京マラソンの片隅で | トップページ | 2007年春の青春18きっぷはお買い得です »

2007年2月19日 (月)

くりはら田園鉄道旅行記+α

こんばんは。

今日は先週(2月10日)に行った旅行記です。お待たせしましたー。今回は来月で廃止になる「くりはら田園鉄道(石越~細倉マインパーク)」に行ってきました。

まず、前日の夜、上野駅で「土日きっぷ」を購入。三連休初日なので「はやて・こまち1号」の指定席はありませんでした。つーか、空いてるわけないっす。

そこで、当初からやまびこを利用する計画で指定席は取りませんでした。朝イチのやまびこに乗る予定で就寝。

しかしながら、前日の過労により、起床が一時間遅れました。それでも自由席に乗れるメリットがあるので、とりあえず東京駅へ向かいます。

その途中、時刻表(もちろん大型ですよ。というか、日帰りで荷物が少ないので大型にしました)をみていると、今の時間なら東京駅まで行くよりも、上野駅でやまびこに乗った方が仙台以降の乗継がスムーズなのに気付きました。

上野駅新幹線ホームに到着直後、やまびこ入線。ふぅ、何とか間に合った。

車内の座席はすでに満席。――フフフ、私を誰だと思っているのですか? そんな事くらい想定済みなのぢゃ。

デッキには荷物を置くスペースがあります。そこを拝借し、敷物を敷いて座ります。こんな事は良くあるので、鞄には敷物が入れてあるんですねぇ。幸い、座れるスペースがあるので、周りのお客さんも新聞紙を敷いて座ったり、しゃがんだりしていました。

仙台到着後、駅弁屋へ。むむ、しかし仙台でいつも買う「みやぎ牛肉ひとめぼれ」がどこの店に行っても売り切れ。しかたないので別のを購入。なぜなら、目的の石越では食堂が鉄道ファンにより混雑している可能性があるので、仙台で弁当を購入するのが確実なのです。

ここから石越までは普通電車に。車内には同じ目的と思われる、少年、青年、家族連れ、カップルなど豊富なバリエーション。

「この普通電車は、まさに鉄道ファンの宝石箱やぁ」(宝石箱じゃなくて、集札箱でしょっ!)

はいっ、ツッコミの内容も鉄道ファンとローカル線沿線の人にしかわからないネタですね。

石越駅では、さっさと弁当を片付け、列車に乗り込みます。いつも思いますが、毎日、あれだけの乗客がいたら廃止にならないのになぁ。

車内では、クイズラリーの紙が置いてありました。せっかくなのでクイズラリーに参加です。

こうして、終点まで乗った後、クイズラリー提出場所の「みちのく風土館」へ。栗駒駅のすぐそばです。

ここで、お土産を購入し、クイズラリーの紙を渡して、認定書をもらいました。どんなものかは、参加してのお楽しみです。

次の列車まで時間があるので、館内見学とそばを食べ、石越に戻りました。時間があればもう少し乗り降りしたかったですが、それは来月、行く機会があればその時の楽しみに取っておきます。

石越に戻ると、再び同じルートで仙台へ。今度は三軒目の駅弁屋で「みやぎ牛肉ひとめぼれ」が最後の二つ残っていました。私の購入直後、別の人も買っていたので、あれで売り切れです。よかった、買えて。

帰りの新幹線は「こまち」の指定席を取ったので、らくらくです。

これで初日は終了。

次の日は切符がもったいないので、伊豆まで踊り子とスーパービュー踊り子に乗ったのですが、こちらの話はまた機会があったらという事で。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

03_1

00 01_1

04_1

|

« 東京マラソンの片隅で | トップページ | 2007年春の青春18きっぷはお買い得です »

鉄道」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くりはら田園鉄道旅行記+α:

« 東京マラソンの片隅で | トップページ | 2007年春の青春18きっぷはお買い得です »