« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

仕事の山を一つ越えた

こんばんは。

今日、懸案の仕事がひと段落です。よかったよかった。

そのほか、久しぶりに余裕があるので、たまっていた仕事をかなり片付けられました。でもそれも一時的なもので、今週末からまた、忙しくなるんですよねぇ。

一つ山越しゃ、ほーんだらったホイホイ。また新しい山が現れる。

体にガタきてますからねぇ、やばいかもしんないっす。以前の入院直前状態に近いんですよね。そういうわけで、休息時間を当社比2割増でとっているんですが、いつまでごまかしがきくのやら。

――そういえば、今月のブログの更新が週の前半に集中してたなぁ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

あっかんberry berry

こんばんは。

金曜日にDVDを買いました。題名は内緒ですが、ちぃちゃんとみっちゃんとジャスミンとコッポラと姉がでてくる、ひたすらゆる~い作品です。

ここまで書くと、作品名を言った方が早いんじゃないかという気がしますが、そこはつっこまないで下さい。

あいかわらず、まったりとした日常アニメですねぇ。特に大きなオチがないのに面白いですねぇ。ああいう平和な日常っていいと思います。

主題歌が「あっかんberry berry」という新しい曲になっていました。今回は五人で歌っていますよ。テレビシリーズの時には仲間はずれだった姉も一緒に歌ってます。ちなみにCDも発売しています。

ゆる~い日常ってあくせく生活している私にとって、あこがれますねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

2007年春の青春18きっぷはお買い得です

こんばんは。

今回は便利なきっぷのご紹介です。すでにオープンになって時間がたちますが、今年の春の青春18きっぷは非常にお得です。

名称は「JR発足20周年・青春18きっぷ」です。

今年はJR発足二十周年ということで、効力はそのままに価格が8000円です。5枚つづりで1枚あたり1600円。ちなみに従来の青春18きっぷは1枚あたり2300円です。

安いっ! 安すぎるぅ!

本日、2月20日から発売を開始しました。3月31日まで発売しています。

効力は3月1日~4月10日までです。

青春18きっぷの詳しい説明は、ネット上の各所やJRの駅、旅行代理店などでご参照ください。どうしてもここのブログで知りたいという方がいれば、このブログでも裏技を交えて掲載を検討します。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

くりはら田園鉄道旅行記+α

こんばんは。

今日は先週(2月10日)に行った旅行記です。お待たせしましたー。今回は来月で廃止になる「くりはら田園鉄道(石越~細倉マインパーク)」に行ってきました。

まず、前日の夜、上野駅で「土日きっぷ」を購入。三連休初日なので「はやて・こまち1号」の指定席はありませんでした。つーか、空いてるわけないっす。

そこで、当初からやまびこを利用する計画で指定席は取りませんでした。朝イチのやまびこに乗る予定で就寝。

しかしながら、前日の過労により、起床が一時間遅れました。それでも自由席に乗れるメリットがあるので、とりあえず東京駅へ向かいます。

その途中、時刻表(もちろん大型ですよ。というか、日帰りで荷物が少ないので大型にしました)をみていると、今の時間なら東京駅まで行くよりも、上野駅でやまびこに乗った方が仙台以降の乗継がスムーズなのに気付きました。

上野駅新幹線ホームに到着直後、やまびこ入線。ふぅ、何とか間に合った。

車内の座席はすでに満席。――フフフ、私を誰だと思っているのですか? そんな事くらい想定済みなのぢゃ。

デッキには荷物を置くスペースがあります。そこを拝借し、敷物を敷いて座ります。こんな事は良くあるので、鞄には敷物が入れてあるんですねぇ。幸い、座れるスペースがあるので、周りのお客さんも新聞紙を敷いて座ったり、しゃがんだりしていました。

仙台到着後、駅弁屋へ。むむ、しかし仙台でいつも買う「みやぎ牛肉ひとめぼれ」がどこの店に行っても売り切れ。しかたないので別のを購入。なぜなら、目的の石越では食堂が鉄道ファンにより混雑している可能性があるので、仙台で弁当を購入するのが確実なのです。

ここから石越までは普通電車に。車内には同じ目的と思われる、少年、青年、家族連れ、カップルなど豊富なバリエーション。

「この普通電車は、まさに鉄道ファンの宝石箱やぁ」(宝石箱じゃなくて、集札箱でしょっ!)

はいっ、ツッコミの内容も鉄道ファンとローカル線沿線の人にしかわからないネタですね。

石越駅では、さっさと弁当を片付け、列車に乗り込みます。いつも思いますが、毎日、あれだけの乗客がいたら廃止にならないのになぁ。

車内では、クイズラリーの紙が置いてありました。せっかくなのでクイズラリーに参加です。

こうして、終点まで乗った後、クイズラリー提出場所の「みちのく風土館」へ。栗駒駅のすぐそばです。

ここで、お土産を購入し、クイズラリーの紙を渡して、認定書をもらいました。どんなものかは、参加してのお楽しみです。

次の列車まで時間があるので、館内見学とそばを食べ、石越に戻りました。時間があればもう少し乗り降りしたかったですが、それは来月、行く機会があればその時の楽しみに取っておきます。

石越に戻ると、再び同じルートで仙台へ。今度は三軒目の駅弁屋で「みやぎ牛肉ひとめぼれ」が最後の二つ残っていました。私の購入直後、別の人も買っていたので、あれで売り切れです。よかった、買えて。

帰りの新幹線は「こまち」の指定席を取ったので、らくらくです。

これで初日は終了。

次の日は切符がもったいないので、伊豆まで踊り子とスーパービュー踊り子に乗ったのですが、こちらの話はまた機会があったらという事で。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

03_1

00 01_1

04_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソンの片隅で

こんばんは。

今日は日曜日だというのに仕事でへとへとです。おかげでブログの更新が日曜日を過ぎてしまったわけですが……。

旅行記は明日にでも更新します。もう疲れたので許してください。

今日は東京マラソンだというのにそのゴール地点であるお台場でお仕事です。

この寒さと雨の中、走っている人は大変だろーなーと思いながら、ゆりかもめに乗っていましたよ。

家を出る時にスタートした先頭集団が、私がお台場につくころにはゴールしてるって言うんですから、世界のトップランナーって速いですよねぇ。人間の能力も捨てたもんじゃない。

帰る頃には雨も上がって青空が広がっていました。

「あーおぞらにー(あーおぞらに) なーにもかも すーべて忘れてー 人目などぉ 気にせず かぜーにーなるー♪」

↑こういう歌詞の「青空」って歌がありましたねぇ。なぜか思い出しましたよ。

でもこの歌って、聞くにたえない……イエイエ、何でもありません。

さてさて、明日こそは旅行記が更新できるように体力を温存――できるといいな……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

非常に印象に残るCM

こんばんは。

先日、何かの番組を見ている時にやけに長いCMを見ました。そしてそのときの歌がものすごく耳に残ったんですね。それで時間ができたので調べてみました。

それは……

「ないものは、つくるしかない」(サッポロビール企業広告)

です。

サッポロビールさんのホームページhttp://www.sapporobeer.jpのCMのページを読んでみると、このCMの出演者は社員の方々だそうです。

ミュージカル風に作られたこのCMは何度見ても楽しい。それに歌詞がいい。

「欲しいものがなかったらどうするの? つくるしかないっ!」

「本当に、欲しいものは、つくるしかない」

「大変でも、なかなかできなくても、できるまでつくるしかない~」

「130年、ずーっとそうやってつくってきた」

「ないものは、つくるしかない、つくるしかない~」

この歌詞の内容って、ビールだけではなく、すべてのことに言えると思うんですよね。

ないものはつくるしかないんですっ!

言うのは簡単ですが、なかなか実行するのは難しいものです。

サッポロビールさんの、ビールに対するこだわり、誇り、責任感……。それがよく分かって非常に素晴らしいです。最近のCMの中では特にいいなぁと思いました。

このCM自体もこだわって作られているようですし、企業の姿勢をよく表していて私は好きです。

ぜひみなさんもお時間があればご覧になってみてください。

今日はこれでおしまい。お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

旅行記はまだです。

こんばんは。

今日は旅行記を公開予定でしたが、写真ができていないので少し公開が遅れます。

ちなみに、旅行に行ってきた場所は東北と伊豆です。どちらもそれなりに楽しかったのですが、風邪を引いた状態でしたので、今日は一日静養でした。うーむ、今も少し頭が痛い。

旅行記はもう少しお待ちくださいね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

旅行記の予告

こんばんは。

今日は某所へ出かけてきました。旅行記は時間がないので後日になりますが、やっぱり旅行は楽しいですね。

……ちょっと疲れましたが。

明日も出かける予定です。朝、起きられればの話ですが。旅行記は三連休の最終日にでも書きましょう。ああっ、三連休ってすばらしいっ!

でも来週は休日出勤、しかも都内は東京マラソンで移動が大変に。ああ、楽しさのあとには地獄が待っているのね……。

という訳で、近いうちに旅行記を公開します。ミニ旅行情報もあります。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

小さな力も集まれば大きな力になる……か?

こんばんは。

どうしても自分一人の力には限界があります。しかしそんな小さな力も集まれば大きな力になります。

ただ、その力がどこまで通じるかは、集まった力の質によるとは思いますけどね。

単純に力の大きさだけの勝負なら、誰でもいいから集まればいいんです。まぁ、ウゾウムゾウの集まりってヤツです。いくら「小さな力が集まれば大きな力になる」とはいえ、そんな集団だと、質の高い小さな力に負けることもあるでしょう。

もちろん、質の高い大きな力には、ウゾウムゾウの大きな集団じゃ勝てないでしょうし。

ウゾウムゾウでうまくいったとしても、ただ運が良かったのか、それ以外の力がうまく働いたからでしょう。

我々の力なんてちっぽけで、上には上がいます。例えば、私の力なんて屁みたいなものです。

自分の能力を過大評価している愚か者も少なからずいます。自己満足にひたる人間もいます。私にもそういう面がないとは言い切れません。ある人から見ればそう思える部分があるかもしれないからです。

でも、こうした「自分の小ささ」をわずかでも感じていれば、いろいろ我慢できるし、謙虚になることができるのかもしれません。

読者の皆さんはいかがですか? 自分は天狗になっていませんか? 井の中の蛙ではないですか? 

「あなたの行動は珍しくもすごくもない」

世の中には「自分はすごい」とか、「自分はめずらしい」とか思った行動は、別に当たり前で、珍しくもなくて、ごくありふれているものです。そして自分以上の人間はあふれるほどいる。

能ある鷹は爪を隠す、といいます。本当に頭のいい人は黙っています。そういうものです。

私は馬鹿だから、なんでもストレートにしゃべってしまいますけどねぇ、ハッハッハ。

今回の話の結論としては、「もっと広い目で、周りを見てみましょう」って感じでしょうか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

団塊の世代の退職金

こんばんは。

今年に入ってから、土曜日の出勤が多いです。本来は休みなのに、上司の都合で出勤させられたりしています。

しかも私の仕事が終わったのをみると、自分の仕事を押し付けてきました。うーん、普段は温厚な私もさすがにカチンときましたね。

さてさて、つまらない話はこれくらいにして、先日、知り合いと久しぶりに会って話をしてきました。

まあ、元気そうで何よりでした。コーヒーとお菓子が出てきたし、お土産に本もいただきましたし。――というか、本をいつももらって帰っているので、今回は私が言い出す前に用意してくれたのですが。

あちらの職場環境もいろいろあるようで、これからどうなるのかが心配です。

某所の集まりに行って、お偉いさんが必ず話すのは、

「いざなぎ景気をこえる景気回復というが、実感が伴わない」

というものなんですよね。特に中小企業は。

しかし、最近になって大企業に関していえば、

「昨年から今年にかけて、少し改善が見られる」

という発言も聞かれるようになりました。やはり大企業と中小企業ではまだ差があるようです。

中でも、某大企業の社長さんは、

「景気がいいのは輸出産業だ。国内のみの会社はまだよくない」

とおっしゃっていました。事実、某メーカーA(売り上げの海外比率80%弱)は、為替レートの影響を別としても伸びていますが、同業他社B(売り上げの海外比率約50%)は、国内市場ではほぼ変わらないものの、海外での比率が低いため、業績に開きが出ています。

メーカーAは、売上げが前年比20%弱の伸びであるのに対し、メーカーBは、10%程度の伸びです。

どうしても国内の個人消費がもっと伸びてくれないと、国内向け市場および中小企業へと利益の還元は少ないようです。

しかも企業は売上げの増分をベアではなくボーナスで反映させる傾向に。もちろん団塊の世代の退職に伴う退職金に反映されるので、当然の反応なんですけどね。労組側はベアで、経営者側はボーナスで、となかなか難しいようです。

一方、国内企業はこの団塊の世代の大量退職を大きなターゲットとしてみているようです。なぜなら退職金の総額は、ン兆円になるそうだからです。

しかし、そのほとんどは金融商品(貯金など)へ流れるようです。それはそうですよね。今の時代、社会保障や高齢者負担が増えて不安な世の中なんですから、老後に備えるという行動は当然でしょう。

サードエイジの趣味やライフスタイルへの投資額は増えるでしょうが、この大きな資金の流れに比べれば微々たるものです。

政府は、こういう時だからこそ、高齢者の不安を取り除くような政策をもっと早くしておくべきだったのです。

不安のない老後であれば、高齢者もお金を動かすでしょう。それが動かないから企業の売上げも伸びず、税金は集まらないから増税、生活の悪化……と、悪循環になるわけです。

先延ばしの政策のツケですね。はてさて、私が高齢者になる頃はどんな世の中になっていることやら。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

ベンチャーの社長さん

こんばんは。

最近、某ベンチャーの社長さんとお話しました。

なんというか、社長さんというのは大雑把に分けると2タイプいますね。ワンマンで上からものを見る人と、謙虚で落ち着いた人。

今回の社長さんは後者のほうでした。

さて、どちらのタイプの社長さんが良いのでしょうか。これは一概にどちらがいいとはいえません。

別の小売店の社長さんともお話したのですが、社長さんである以上は引っ張っていく力が必要です。かといってワンマンになりすぎてしまうと、いろいろと問題があります。

要するに程度が大事だって事ですね。どちらにしても、私としては吸収するべきところは吸収させていただいていますので、ありがたいことです。

……まあ、私はあまりにもストレートにものをいってしまうので、嫌がられているかもしれませんが。

今回もちょっと直球過ぎた気がしてます。反省ですっ! てへっ♪

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »