« ちっぽけな…… | トップページ | 函館旅行記・その① »

2006年11月 2日 (木)

論点がおかしい履修不足問題

こんばんは。

今、日本全国で高校生の履修不足問題が起きています。

文部科学省の対応も学校の対応も、そして生徒自身の対応もおかしいと思います。

まず、文部科学省。なぜ今までちゃんと各学校の状況を把握していなかったのか。管理できていなかったってことですよね? それで何が教育基本法か。教育基本法うんぬんよりも、あなたたち自身の問題の方が大きいんじゃないですか? 

日本の財政にしたって、無駄を省く事を考えずにただ増税すればいいとおもっている。

制度の問題じゃないでしょう。あなた達が実際の教育現場を把握していないからこうなったのでしょう? 

次に学校。履修不足を知りながら受験勉強を優先させ、学校の点数アップを狙ったのは自己中心的です。真面目に取り組んでいる学校が馬鹿みたいじゃないですか。

今回の対応では70時間以下の授業時間不足の場合、50時間で良いってことらしいですが、これじゃ不公平ですよ。こんな対応をしていると来年以降も問題が起きるんじゃないですか?

最後に生徒。

「受験に関係ない勉強はしたくない」

「受験に影響する」

何を言っているんだ。受験に関係ない勉強は必要の無いことなのか? 自らすすんで勉強できてよかった、とか、勉強したい、って発言する声が少ないのはなぜだ?

生徒達は何か勘違いしていないか? 人生に必要なのは受験勉強だけじゃないぞ。受験勉強以外の授業にも学ぶべき事はたくさんあるはずだ。

例えば、世界史であれば、歴史を学ぶ事によって得られることは多い。それとも、どうせ人間は過ちを繰り返す生き物だから、歴史は意味がないとでもいいたいのだろうか。

受験に関係のない授業=不要のもの

そんな考えが当たり前のようになり、文部科学省も学校も同じような考えになっているのではないのか? 違うでしょう。必要のない勉強なんてない。そして真面目に勉強している学校や生徒だっているのだ。

受験に影響する? バカなことを言うな。真面目にやっている学校の生徒はどうなるんだ。だったら、真面目にやっている学校の生徒は、センター試験で優遇措置があるのか? 不公平じゃないか。

履修不足の学校が受験勉強しているときに、真面目にやっていた学校は、指導要領に沿った授業をやっていたのだ。片方だけが救済されるのはおかしいだろう。

これは銀行の問題によく似ている。銀行がつぶれそうになったら、国は税金で助けた。しかし中小企業がつぶれそうになったら国は税金で助けてくれたか? 日本という国はこういう不公平の対応をよく行う。

今回の教育問題。のちのちもっと大きな問題に発展しそうな気がします。日本の教育レベルが世界的にみて、下がっているのも当然なのかもしれません。

今日は非常に激しい文章を書いてしまいまして、申し訳ありませんでした。これも個人の戯れ言だと思って聞き流してください。ただ、納得がいかなくていろいろ書いてしまいました。

さて、気持ちを切り替えて、今後の推移を見守りましょうか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« ちっぽけな…… | トップページ | 函館旅行記・その① »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

時事問題のコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論点がおかしい履修不足問題:

« ちっぽけな…… | トップページ | 函館旅行記・その① »