« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

物書きの今と昔

こんばんは。

最近はぼちぼち忙しくなってきましたよ。ええ、12月は土曜日の休みがないですよー、というか、休んだら終わらないですね。さすがに命にかかわる状況なら休みますけど。

さて、最近は忙しさに比例して、物書きがやりたくなってます。こればかりは昔と変わらないんですよね。忙しい時ほど物書きをしたくなる。暇な時は書く気が起きない。不思議なものです。

私の場合、アイデアがなくて書くのが止まるという事はほとんどありません。筆が進まないのは、書く気が起きないから。

物書きにとって大切なものは、やはり好奇心でしょうか。いろいろなことに興味がもてるって事です。そうやってたくさんの知識や経験を増やしていけるんですね。

ただし、これも諸刃の剣で、たくさんのことに興味があるばっかりに、そちらに熱中してしまって物書きがおろそかになったりするんですよね。――私の場合は。

たくさんの知識や経験をするということは、それだけ選択肢の幅や応用がきく可能性が高くなるということなんです。自然とアイデアには困らなくなってきます。

そりゃそうです。世の中の作品のほとんどはそのアイデアが過去の作品をもとにしていて、それをうまく組み合わせたり、設定を変えたりしているからです。

というか、そう思い込んで誤魔化しているだけかもしれませんけどね。

かつては、アイデアが浮かばずに全く書けなくなる時期がありました。それは書く気がないのではなくて、書けなかったんです。

さて、私はそのときどうしたか。あとになって気がついたことですが、私と同じ解決法がある作品の中で語られていました。それは魔女の宅急便です。森の中で絵描きをしている女性がいましたが、彼女と同じ解決法だったんですね。

書けなくなったら何もしない。そうすると時間がたてば自然と書きたくなってくる。

これはあくまで私の解決法ですので、誰にでも適用できるわけではありませんが、参考にはなるかもしれません。

物書きはとても奥が深くてすごく難しいです。でもその中に楽しさがあるからやめられない。一番大事なのはうまい下手じゃなくて、○○なのかもしれません。

○○にはいる言葉は、きっと人それぞれ違うと思うので伏せておきます。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

マイカーは控えてください

こんばんは。

今朝は雨が降っていたせいか、バスが遅れていました。というのも、バスの経路が渋滞していたからです。

雨が降るとマイカーで駅まで、あるいは通勤・通学先まで行く人がいます。それぞれ事情があるのでしょうが、特別な事情がない限りはバスや電車などの公共交通機関を利用してもらいたいです。

渋滞する事で無駄なエネルギーを消費しますし、地球温暖化も進みます。渋滞してバスの人もマイカーの人も目的地に着くのが遅れます。

つまり乗っている人間の数が少ないということは、それだけ効率が悪いですし、渋滞してさらに燃費も悪くなるので悪循環です。その上、渋滞しているので早く目的地に着こうとする一部の人が危険な運転をしています。

様々な面から考えて、もっとバスや電車を利用してほしいですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

飛び石連休

こんばんは。

今日休んだら、明日は仕事、明後日は休んで、明々後日は休日出勤というスケジュールなので、非常に生活リズムを整えるのが難しいです。

今日は本当に何もすることなく、家でゆっくり過ごしました。というか、前日の帰りが夜遅くだったので、必然的に今日の午前中はゆっくりお休みしてたんですよね。

明日は終わりのわからない仕事があるので、早く終わってくれることを祈るばかりです。そしてもうすぐ恐怖の十二月。忙しくて倒れるかもしれないです。その忙しさが一月終わりまで続くんですよ。

ああ、早くピークが過ぎてくれればいいんですけど。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

自分にとっての名作

こんばんは。

先日、名作について書きましたが、今回は自分にとっての名作についてです。

世間的な認知度が低かったり、あまり評価されていない作品の中にも自分にとっては非常に参考になる作品が多々あります。

それが自分にとっての名作という事なのですが、最近はこの存在を非常に大きく感じるようになりました。何をするにしてもきっかけを与えてくれるのです。

もちろん、薬と同じように何度も使うと慣れてきたりマンネリになってしまって効果が薄れるでしょうが、使いまわしていけばかなり長い期間、利用できるのではないかと思うのです。

ですから、自分にとっての名作を数多く見つけることこそが、重要になってきます。すでに私にはいくつかありますので、さらにその数を増やせるよう、いろいろな本を読んでいきたいです。

あなたには自分にとっての名作がありますか?

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

名作って、やっぱりすごい!

こんばんは。

名作とはなんでしょうか? 万人に受ける作品という事なのでしょうか?

私が個人的に好きな名作をあらためて見てみました。すると以前とは違って見えましたね。非常にうまく作られているなと感じます。

ポイントポイントが非常によく作りこまれていて、名作と呼ばれているのがよく分かります。

最近の作品にある手抜き作品とは違って細かい部分まで丁寧かつ感情移入できるつくりになっています。

しかもしっかりとしたテーマとメッセージがこめられている。喜怒哀楽も見事に表現されている。作品のメリハリもある。

それがわかっていても自分には、そして多くの人にはなかなか表現ができない。悔しいですよね。

いつかこの表現ができるようになれたらいいなと思う、今日この頃でした。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

今日も退屈しない一日だった

こんばんは。

今日は朝からいろいろあって大変でした。面白いものも見ましたけどね……。

まず、朝。今日は某所へ直行だったのでいつもと違う通勤ルートだったのですが、ひさしぶりに満員電車へ。あれっていつになったら解消するんでしょうか。

某所では社内をいろいろ見学させてもらいました。技術の発達を感じましたね。と、同時にあの会社はどんなに厳しい状況でも生き残る会社だと思いました。

午後になって会社に戻ると、まー、時間がないのに、あれやれ、これやれ、うるさいったらありゃしないです。

人を増やしてほしいです。つーか、手が空いてるなら私にやらせないで自分でやりなさいよといいたいです。

やっとこさ、帰りになって、バス乗り場に行くと、バスの運転手同士がほのぼのした会話をしてました。あまりにおもしろくてちょっと笑ってしまいました。

ほんと、毎日いろいろありますね。あー、やっと休みだ。これからは忘年会やら休日出勤やらで忙しくなります。今のうちに休んでおかなければ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

久しぶりに聴いたCD

こんばんは。

ちょっとしたきっかけでしばらく聴いていなかったCDを聴きました。懐かしかったですね。

久しぶりに聴くと、当時はあまりお気に入りでなかった曲も新鮮に聞こえるのはなぜでしょう。

逆に当時結構好きだった曲がそうでなく感じたり。これは本でも同じことが言えます。そのときの本人の環境や趣向によって感じ方が違うのですから、一冊で、一曲で何度でも楽しめるっておもしろいですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

ちょっとボケてました

こんばんは。

今日は自分自身でも不思議な行動をしました。

仕事で某所にいったのですが、帰りの電車でなぜか家と反対方向の電車に乗りました。やけに空いてるなぁとおもったら、ラッシュと反対方向だったからなんですね。

動き始めてから反対方向だと気がつきましたよ。乗って動き出すまで気がつかなかったのです。

外が真っ暗だった事と、あまり行かないところだった事と酒が少し入っていたのを差し引いたとしても、駅名板をみているのに気がつかなかったという天然ボケ。

やっぱり、疲れているのでしょうかね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

その、何も思いつかない日は……

こんばんは。

今日はとにかく疲れたことしかありません。しかも帰りの電車は人身事故で遅れているし、居眠りして二駅ほど寝過ごしたり……。

忙しい毎日ですが、いろいろ勉強になることがあって良いのやら悪いのやらわかりません。つーか、やることが多すぎて落ち着かないです。何から手を付けようかな……。

でも……、ボク、なんだか眠いんだ……。おいで、パ○ラッシュ……。

↑ほら、訳のわからない事を言ってますよ、私。――でっかい危険です。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

冷えますね~

こんばんは。

ここ数日、急激に寒くなりましたね。まだ冬の支度が済んでいないので、今週は大変です。早く週末になってくれないと、ストーブ出せません。

今日、銀座に行くとクリスマスツリーのネオンが輝いていました。ああ、もうそんな季節なんだなぁと思いました。一年がたつのは早いですね。

毎日が長く辛くても、ふと振り返るともう今年も終わりです。さあ、あと一ヶ月、がんばっていきまっしょい。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

函館旅行記・その②

こんばんは。

今日は函館旅行記のつづきです。

二日目はまず朝市へ。ここで活イカ刺しとうに丼を食べました。そしてジャガイモを20キロほど買い付けてきました。

この日はゆったりとしたかったので、普通列車で森駅に向かいました。森駅といえばイカ飯ですね。

森駅に着くと、時間があるので駅の周辺を歩きました。すると鳥崎川というところで人が集まっているので、見に行ってみると感動の出会いが。

なんと鮭の遡上にであったんですね。初めて見たのでちょっと感動です。

ずっと見ていても飽きませんでした。列車の時間になったので、森駅に戻り、イカ飯を購入。やっぱり森駅で買うのはいいですね。

こうして列車を乗り継いで帰ってきました。今度は山陰や九州に行きたいですねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

20061105_045_1 20061105_052_1 20061105_058_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

函館旅行記・その①

こんばんは。

今回は11月3日に行った函館の旅行記の第一回目です。

出発は11月3日です。今回利用したのは「びゅう」の宿泊付プランです。はやての指定席の関係で、はやての利用は仙台~八戸となりました。つまり東京から仙台はやまびこの利用です。

さすがに仙台までのやまびこ自由席はものすごい混み方でした。こんなこともあろうかと、駅弁ではなく、サンドイッチにしておいたのは正解でした。

八戸から函館は白鳥号へ乗り換え。白鳥は指定席が取れなかったので、自由席でした。

隣に座ってきたのは那須在住のおじいさん。小樽まで行くそうです。とりあえず、車内が空く青森まで隣にいて、いろいろ話をしました。

青函トンネルでは、竜飛海底へ停車。見ていると結構多くのお客さんが降りていきました。

吉岡海底が工事の関係で停車しなくなった今では海底駅はこちらにしか停車しなくなりましたからね。また機会があれば行きたいところですね。

20061105_005

函館に着き、まずは宿にチェックイン。荷物を軽くして五稜郭タワーへ。新しくなってからまだいってないんですよ。以前の古いタワーなら行ったことがあるのですけどね。

新しい五稜郭タワーはすごくきれいになっていました。早速上に行くと以前よりもはっきりと五稜郭が見えましたね。函館山もきれいに見えたりして、今度来る時には夜に来ましょうかね。

五稜郭の中は紅葉が見ごろです。ゆったりと時間を過ごしました。

20061105_006 20061105_010

20061105_012 20061105_014 こんな感じで一日目は終了です。さて、二日目は感動の出会いがありました。それは何かというと……。今日はここまで。

その②へつづく。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

論点がおかしい履修不足問題

こんばんは。

今、日本全国で高校生の履修不足問題が起きています。

文部科学省の対応も学校の対応も、そして生徒自身の対応もおかしいと思います。

まず、文部科学省。なぜ今までちゃんと各学校の状況を把握していなかったのか。管理できていなかったってことですよね? それで何が教育基本法か。教育基本法うんぬんよりも、あなたたち自身の問題の方が大きいんじゃないですか? 

日本の財政にしたって、無駄を省く事を考えずにただ増税すればいいとおもっている。

制度の問題じゃないでしょう。あなた達が実際の教育現場を把握していないからこうなったのでしょう? 

次に学校。履修不足を知りながら受験勉強を優先させ、学校の点数アップを狙ったのは自己中心的です。真面目に取り組んでいる学校が馬鹿みたいじゃないですか。

今回の対応では70時間以下の授業時間不足の場合、50時間で良いってことらしいですが、これじゃ不公平ですよ。こんな対応をしていると来年以降も問題が起きるんじゃないですか?

最後に生徒。

「受験に関係ない勉強はしたくない」

「受験に影響する」

何を言っているんだ。受験に関係ない勉強は必要の無いことなのか? 自らすすんで勉強できてよかった、とか、勉強したい、って発言する声が少ないのはなぜだ?

生徒達は何か勘違いしていないか? 人生に必要なのは受験勉強だけじゃないぞ。受験勉強以外の授業にも学ぶべき事はたくさんあるはずだ。

例えば、世界史であれば、歴史を学ぶ事によって得られることは多い。それとも、どうせ人間は過ちを繰り返す生き物だから、歴史は意味がないとでもいいたいのだろうか。

受験に関係のない授業=不要のもの

そんな考えが当たり前のようになり、文部科学省も学校も同じような考えになっているのではないのか? 違うでしょう。必要のない勉強なんてない。そして真面目に勉強している学校や生徒だっているのだ。

受験に影響する? バカなことを言うな。真面目にやっている学校の生徒はどうなるんだ。だったら、真面目にやっている学校の生徒は、センター試験で優遇措置があるのか? 不公平じゃないか。

履修不足の学校が受験勉強しているときに、真面目にやっていた学校は、指導要領に沿った授業をやっていたのだ。片方だけが救済されるのはおかしいだろう。

これは銀行の問題によく似ている。銀行がつぶれそうになったら、国は税金で助けた。しかし中小企業がつぶれそうになったら国は税金で助けてくれたか? 日本という国はこういう不公平の対応をよく行う。

今回の教育問題。のちのちもっと大きな問題に発展しそうな気がします。日本の教育レベルが世界的にみて、下がっているのも当然なのかもしれません。

今日は非常に激しい文章を書いてしまいまして、申し訳ありませんでした。これも個人の戯れ言だと思って聞き流してください。ただ、納得がいかなくていろいろ書いてしまいました。

さて、気持ちを切り替えて、今後の推移を見守りましょうか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

ちっぽけな……

こんばんは。

人間の存在なんて地球の大きさに比べればちっぽけなものです。

人間は我が物顔で地球に存在していますが、人間が天気を制御できますか? 人間が病気を制御できますか?

できることなんて限られているのに、何でもできると思ってしまう。

でもちっぽけだけど、できることもあります。それならそのちっぽけなことを一生懸命やればいいじゃないか、と。

その積み重ねが、気がついたら大きなことになっているのです。

何でもできるわけではないけど、できることがある。悩む前にまずはやってみようじゃないですか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »