« 今日は天皇誕生日(予定) | トップページ | 不運な一日 »

2006年9月10日 (日)

くりはら田園鉄道の記事を見て

こんばんは。

今日、くりはら田園鉄道の記事を読みました。気がつけば来年、廃止だったのですね。早いものです。

以前、廃止が決定してから再建の道を模索していたようですが、どうやらこのまま廃止してしまうようですね。まだ時間があると思っていたら、あと半年になってしまいました。

廃止の前に行っておきたいです。私も物品を購入したり、応援をしていたのですがね。これでまた地方交通が廃れます。

富山港線のように、路面電車として生まれ変わるところもある一方で、バス転換がほとんどです。

特にJRになってからは廃線がとても多いです。高齢化社会を迎えるこれから、公共交通はますます重要になると思います。第3セクターの鉄道でさえ廃止になる昨今、私鉄単独ではさらに厳しいでしょう。国策として地方交通の再建ももう少し考えて欲しいものです。

この国鉄民営化の弊害は、まだいろいろあります。なんといっても、利益至上主義が一番の問題なんですけどね。利益第一、安全第二ですから。

安い企画乗車券もどんどん廃止し、一方で新幹線や特急の設備を強化する。ここでも格差の広がりがあるんです。富裕層はサービス向上、貧困層はサービス低下、そんな感じなんです。

本州のJR3社ほどこの傾向が強く、それに九州が続いている感じです。一方で北海道と四国はこの四社に比べて地方交通としての色合いが強く、しかもサービスにも気を使っています。それでもいろいろ問題のある事をしているところもないとはいえませんが……。

利益を出す事は大事ですが、公共交通としての役割と意識をもう一度、考えてほしいと思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 今日は天皇誕生日(予定) | トップページ | 不運な一日 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くりはら田園鉄道の記事を見て:

« 今日は天皇誕生日(予定) | トップページ | 不運な一日 »