« 秋の足音 | トップページ | 徳山高専の事件について »

2006年8月29日 (火)

水道工事

こんばんは。

昨夜から今朝にかけて、近所で水道工事がありました。広島の方では三週間もかかる水道工事をしているようですが、こちらは一晩で終わりました。

にごり水のご案内がきていたのですが、工事の人がご丁寧にも工事の直前にわざわざ「今夜、にごり水が出ますので、飲み水を確保しておいてください」と言いにきました。

工事はものすごい音でした。飲み水よりも睡眠妨害の影響の方が大きかったかもしれません。とはいえ、本格的な工事が始まる前に眠ってしまったので、私は良かったのですが、家族はうるさくて眠れなかったと言っていました。

無事に工事が終わり、今朝から普通に水道が使えます。このことを考えると、広島で断水している人たちは、大変なんだろうなぁ、水道ってありがたいなぁ、と感じてしまいました。

同時に先日の東京大停電の事も思い出しました。ライフラインのありがたみをあらためて感じます。これで関東大震災のような大地震が東京を直撃したらどうなってしまうのかを考えると、恐ろしくなります。給水車や自家発電では到底、間に合わないでしょうね。

行政はしっかり対策を取ってくれるのでしょうか。かなり不安です。被害が少ないことを祈るばかりです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

|

« 秋の足音 | トップページ | 徳山高専の事件について »

時事問題のコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水道工事:

« 秋の足音 | トップページ | 徳山高専の事件について »