« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

黒塗りの車がたくさんいました

こんばんは。

今日はキヤノン会長と社長の就任パーティに行ってきました。

さすがに大物だけあって、会場となったホテルの外には黒塗りの車や高級車が大行列を作っていました。

ですから会場内にはいろいろな企業の社長やら重役やらがわんさかです。私はごあいさつをした後は、豪華な食事をいただきました。

某銀座の鮨屋の鮨とか高そうな牛肉とかふかひれスープとか……いろいろ。

めったに食べられない高級なものばかりでしたよ。値段が高いものの味を知るいい経験になりました。でもあれが社長さん連中には普通なんでしょうね。私とは住んでいる世界が違うんだなぁと感じました。

今日はこれでおしまい。おつかれさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

徳山高専の事件について

こんばんは。

タイトルにもあるように、ニュースになっている徳山高専での殺人事件についてです。

この事件の犯人について、私は事件を初めて見た時点でおおよその見当がついていました。というのも、私は徳山ではありませんが、高専出身者なので高専の状況を知っているからです。

まず、高専は誰がいてもおかしくない環境にあります。そう聞くと犯人は不特定多数になってしまいますが、外部の人間がいてもおかしくない場所と、外部の人間がいたらおかしい場所というのがあります。

今回の場合、校舎の奥だということでしたので、外部の人間がいたらおかしい場所なんです。というより、高専の事情を知らない人間が未知の領域である校舎内に侵入して犯行を行うのはリスクが高すぎます。外部の人間がいてもおかしくない場所は、校舎外の敷地などです。おかしいかおかしくないかというのは、高専に通っていた人間にしか分からないかもしれませんけどね。感覚的に分かってしまうんです。

次に、研究室のカギの状況。これについても管理方法や手に入れることのできる人間が限られてきます。同じような事件がおきたら困りますので、詳しくは書きませんが、卒業研究をやっている部屋での事件ということで、同じ研究室の人間ではないかとすぐにピンときました。

なぜ同じ研究室だということまで予想できたかというと、自分の所属していない研究室に出入りする人間は少ないですし、出入りの多い人間なら目立ちますから。同じ学生であっても、自分の所属していない研究室は未知の領域なんです。

これらの事から「同じ研究室の学生」まで予想が絞れてしまったんです。今日、夜のニュースを見てその通りだったので、やっぱりなと思いました。

今回の事件の問題点は、研究室が死角であり、密室である事。これについては改善していく必要があるかもしれません。もう高専でこういう事件が起こってほしくありませんし。

最後に、早く犯人が逮捕される事と、被害者のご冥福をお祈りいたします。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

水道工事

こんばんは。

昨夜から今朝にかけて、近所で水道工事がありました。広島の方では三週間もかかる水道工事をしているようですが、こちらは一晩で終わりました。

にごり水のご案内がきていたのですが、工事の人がご丁寧にも工事の直前にわざわざ「今夜、にごり水が出ますので、飲み水を確保しておいてください」と言いにきました。

工事はものすごい音でした。飲み水よりも睡眠妨害の影響の方が大きかったかもしれません。とはいえ、本格的な工事が始まる前に眠ってしまったので、私は良かったのですが、家族はうるさくて眠れなかったと言っていました。

無事に工事が終わり、今朝から普通に水道が使えます。このことを考えると、広島で断水している人たちは、大変なんだろうなぁ、水道ってありがたいなぁ、と感じてしまいました。

同時に先日の東京大停電の事も思い出しました。ライフラインのありがたみをあらためて感じます。これで関東大震災のような大地震が東京を直撃したらどうなってしまうのかを考えると、恐ろしくなります。給水車や自家発電では到底、間に合わないでしょうね。

行政はしっかり対策を取ってくれるのでしょうか。かなり不安です。被害が少ないことを祈るばかりです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

秋の足音

こんばんは。

今日は涼しかったですね。確実に夏から秋へと向かっているようですね。

つい数日前の夜、ヒグラシの声を聞きました。東京にずっと住んでいますが、あれほどはっきり聞いた事はありませんでした。そしてその声に混じってコウロギも鳴いていました。

あとは空の雲の変化を見つければ秋ですね。私の一番好きな季節です。

それにしても今年の夏は短かったと感じました。梅雨明けが遅れたせいでしょうか。それでも稲や農作物は順調に育っているようです。これで台風の被害がなければいいですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

中小企業はまだまだ厳しい

こんばんは。

今日は、某小売店がイベントをやるというので、取材に行きました。開催前に社長さんから「取材に来てよ」と言われていたので、電車とバスを乗り継いで行きました。

そこで社長さんの話を聴くと、やはりまだ景気回復の実感がないようです。社長さんもいろいろ考えているようですが、なかなか難しい様子でした。

世間では自民党総裁選のニュースが流れています。議論されるのは靖国やら税金やらばかりで、こうした日本を支えている中小企業のことなんて考えていないのでしょうね。景気に関しての報道も少ないですし、困ったものです。

外交や財政も大切ですが、弱者切り捨ての風潮はいかがなものかと思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

山が片付いた

こんばんは。

懸案だった山がやっと片付きました。しかもいい方向に解決しそうです。これでやっとぐっすり眠れそうです。精神的にはとりあえず落ち着きそうです。よかったよかった。

肉体的には非常に疲れていますが、今日は早く家に帰れたのでゆっくり休みたいと思います。少しだけあそぼうかなぁとも思いますが、ま、程ほどにしておきます。

明日は一日、ずっと外へ出て、帰りも遅くなるのでつかの間の休息といったところです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

絶不調

こんばんは。

どうやら肉体的な不調が元で、精神も参ってきているようです。正確には、肉体的に不調な時に、ストレスやらプレッシャーがかかったせいで、それが尾を引いているようです。

いつもなら一晩眠れば忘れてしまうような楽天家の私ですが、今は寝ている時も悪夢にうなされて目が覚めます。つまり、夢を見ている=眠りが浅い→悪夢で中途半端な時間に目が覚める→肉体も精神も疲れる、という悪循環に陥っているわけです。

しばらく鈍行列車で旅行にでも行きたいですねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

なるようにしかならない

こんばんは。

最近は仕事が忙しかったり、その仕事で嫌な事があったりで悩む事が多々あります。何のために今の仕事をしているのか、今の仕事にこだわる必要があるのか。

食べていくだけの最低限の仕事をして、残りは自分のやりたいことに力を注ぎたいとも考えたりします。実際、肉体的・精神的に体が不調に陥っている現実があるわけですから。

経験上、動きをとるためには下準備が必要です。現段階では何をするにも圧倒的に準備不足な現実がありますし、かといって今の生活では準備する余裕がないのです。

しかし、準備する時間が全くないというのではなく、その余裕を無駄に過ごしている、または、いかしきれていないというのが実際のところなんじゃないかとも思うわけです。

先日、ある仕事の方々をみて思いましたが、華々しい活躍をしている裏にはかなりの困難があったのだろうと思いました。でもなぜその困難を乗り越えられたのだろうかと考えた時、本人の意思なのか惰性なのか分かりませんでした。ただ、そこには乗り越えたという現実があるだけ。

なるようにしかならないのなら、自分でできることはやってみて、それで駄目ならそれも仕方ないなと考える事にしました。いやぁ、おっとり、じっくりの私としてはどこまで行動できるのか分かりませんけどね。

ああ、それでも胃が痛い日々から開放されるのはいつになることやら。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

行きたくないなぁ

こんばんは。

明日は本来なら休みのはずなんですが、取材が入ってしまって出勤です。実はプライベートな予定を入れていて、そちらに行きたかったんですけどねぇ。

で、行き先は某所なんですが、ものすごくたくさんの人が来るらしいのです。私は関係者の入り口から入れるらしいのですが、場内の混雑は避けようがありません。

ああ、早く終わらせて帰りたいものです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

ダウンしました

こんばんは。

体調が良くなってきたと思ったら、今日の早朝に悪化しました。さすがに危険を感じた私は、医者に行きました。所用があったのでそれを午前の早い時間に済ませて、医者に向かいます。

テレビをつければ、総理の靖国のニュースばかり。今日、医者に行く途中に九段下の駅から靖国神社の横を通りましたけど、警察官の数がすごかったです。参拝客やマスコミの数もすごかったですけどね。

で、医者に行って薬を処方してもらいました。これで良くなればいいんですが、なにぶん、私の体はすでにガタがきているので、良くなる事を祈るばかりです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

東京大停電~その時、私は~

こんばんは。

今日、東京で大停電が起きました。私は東京在住なんですが、停電地域から外れていたので影響はありませんでした。

しかも、今日はお盆で休みだったので、家で休養していました。よって被害なしっ。

もし仕事があったら間違いなく、影響を受けていましたね。よかったよかった。

今年のお盆は体調を崩して家で休養ですが、かえって良かったかもしれません。雷にあうこともないし、停電に巻き込まれる事もないし。これもご先祖様のお導き?

明日は所用で外に出ますが、何もないことを祈ってます。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

お盆休み

こんばんは。

私は今日からお盆休みです。やったーと喜びたいところですが、体調を崩しています。

近場に出かけたかったのですが、こんな状態で旅行に出かけるとあの世まで旅行に行く事になってしまいますので……。

今日一日、ゆっくり休んだおかげでだいぶ復調はしていますが、旅行には行かずに家でゆっくりして過ごす事になるでしょう。まぁ、今までの激務の疲れが出ているのかもしれません。

明日は涼しい部屋で高速道路の渋滞情報を見ながら、紅茶でも飲もうと思います。それでもっと調子が良くなったら趣味でもやろうかなと思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

同じ立場でいられるか? ~企業の外交~

こんばんは。

お待たせ(?)しました。今日は定期的に書き込みをしている小難しい話です。

今、日本は外交問題でいろいろ大変ですね。今日は外交は外交でも国ではなくて、企業同士の外交の話です。

企業にとって取引先(売り手と買い手)、マスコミ、同業者などさまざまな企業とかかわります。その中でやはり重要なのは出資者です。特にここでは株式会社の話をするので、この場合は株主の話をします。

ライブドア問題の時にも話題になりましたが「株式会社は誰のものか」ということです。もちろん株主のものです。資本主義である以上、基本的には株主のものです。

企業同士の間で、お互いに出資しあい、持ち株会社という形で経営統合したり、あるいはお互いの企業の株式を保有しあう事で提携や関係を強化する。利害関係がはっきりしていてわかりやすいですね。

次の例はどうでしょう。

A社がB社の株を買った。そしてA社とB社はお互いに協力しあっていくことになった。

ここでは特に問題はないですよね? しかしここでA社とB社の立場はどうなるのでしょう。普通に考えればA社に優位性があります。

では、A社とB社が同等の関係でやっていくことができるのでしょうか。最初はトップ同士や付き合いの関係でそれもありえるかもしれません。しかし時間が過ぎたり、A社が危機的な状況になってもそんな関係を続けていけるのでしょうか。

さらにA社が本当に同等の立場でやっていく気があるのでしょうか。腹の内はわかりませんよね?

私の個人的な意見ですが、表向き・最初の段階では仲良くやっていくでしょう。しかしA社がB社のメリットを受けつくした時、あるいはメリットを感じなくなった時、B社の立場は非常に厳しくなると考えます。そして対等どころかB社はA社の言いなりになってしまうのではないかと思います。最悪、身売りやらおいしいコンテンツのみ吸収し、要らない部門は切り捨てということになりかねません。

そうした最悪の想定を考えれば、対等の立場でやっていくのなら、対等に人・モノ・金を移動させあう必要があるのではないでしょうか。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

パワプロ13参加中

こんばんは。

コナミから発売中のパワフルプロ野球13のオンラインに参加してます。よろしければのぞいてみてみてください。いたら声をかけてくださいね。

この週末はそればかりやってました。けっこうおもしろいなぁなんて思ってます。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

こんな所にも時代の波が

こんばんは。

昨日、同業者の人たちと会議に出たんです。その時、受付が始まるまで少し時間があったので、ホールの椅子に座って待っていました。会議開始の時間に近くなるにつれ、同業者が集まってきました。

といっても、同業者の中でも私が一番若い(他は四十代~六十代の方ばかりです)ので、みんな大先輩達ばかりです。

Aさん「最近は秋葉原、変わっちゃったねぇ」

Bさん「駅前にメイドだかいろんな人がいっぱいいるよ。今、いっぱいあるんでしょ、メイド喫茶とかいうやつ。大変だよね、競合店が多くて」

Cさん(女性)「そういえば、私とか、女の人にはなんて言われるんだっけ。だんな様じゃなくて……」

Bさん「ご主人様じゃなかったっけ」

Cさん「そうそう、ご主人様」

……女の人にはたしか「お嬢様」じゃありませんでしたっけ? と声をかけようにも、大先輩方の話が盛り上がっていて、私は黙って聞いていました。

しかし年配の大先輩たちからメイド喫茶の話がでるとは。もっとも、同業者の人たちは興味があって話をしているという感じではありませんでしたけどね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

やっと夏本番ですね!

こんばんは。

今日は暑かったですね。久しぶりに外に出た瞬間、

「あつッ!」

という声が思わず出てしまいました。でもこれだけ暑ければ農作物も元気に育ってくれるでしょう。近所の公園ではセミがたくさん鳴いています。

先日、霞ヶ関に行ったときにはセミの声より、デモの声の方が元気で心配だったんですよね。……デモの声も大きくないと一国民としては心配ですけど。ま、あの声が役所の人に届いているのかは分かりませんが。

酒飲みの人は「ビールだぁー! ビアガーデンだぁー!」と叫ぶかもしれませんが、お酒を飲まない私には分からない感覚ですね。私は涼しい部屋で麦茶ってのがよっぽど好きですけどね。

これだけ暑いと食欲もなくなる……のが普通でしょうが、今のところは大丈夫みたいです。そうめんよりは冷たいうどんかそばを食べたいですね。今週末の昼食はどちらかにしましょう。食後にスイカかカキ氷を食べたいですねぇ。

――食欲の心配はするだけ無駄みたいですぅ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

空が青かった~尾瀬旅行記~

こんばんは。

先週の土曜日(正確には金曜の夜中から)に尾瀬へ行ってきました。東武鉄道の浅草から出ている「尾瀬夜行2355」という列車で、JR以外では唯一の夜行列車を利用しました。その名の通り、23時55分に浅草を出発します。

まず、列車に乗ると、隣のおじいさんが空気枕をなかなか膨らませられなくて、30分くらい「ぷー、ぷー」ってやってました。その音が気になったのか、前に座っていたおばさんが何度も振り返っていました。

列車はあっという間に野岩鉄道・会津高原尾瀬口(旧会津高原)駅に到着です。夜中の3時18分です。ここから尾瀬の沼山峠までバスに乗ります。バスは4時に出発なので、トイレに行ったり、伸びをしたりします。

駅前では、注文しておいた弁当を受け取りました。あっという間にバスの時間になり、バスに乗り込みました。6時ちょっと前に沼山峠に着きました。

さっそく尾瀬沼に向かって歩き始めました。最初は上り坂、そして長い長い下り坂です。ここで私、嫌な予感がしました。

「この下り坂、行きは良いけど帰りはひょっとしてすごい辛いんじゃないのだろうか?」

こうして下りきると、平地に出ました。目の前には黄色いニッコウキスゲがたくさん咲いていました。このあと、三平下~大清水下~沼尻のルートで尾瀬沼を一周しました。

多くの人とは逆ルートだったようで、後から人はほとんど来なかったです。多くの人と出会ったのは沼尻の先で、私はかなりの速さで歩いていたようです。

おかけですれ違う人が多くて、「おはようございまーす」とあいさつのしっぱなしでした。

あいさつすると返答率100%でした。以前、上高地に行ったときは返答率100%じゃなかったんですよね。やはり、尾瀬に来るのはウォーキング目的の人がほとんどで、慣れている人が多いですからちゃんとあいさつしてくれますし、相手からあいさつをしてきますしね。

さすがにハイヒールやら、薄着でリュックを持たない人は尾瀬にはいませんからね。上高地はバスで河童橋まで行けちゃいますから、そういう連中もいましたけど。上高地であいさつを返さなかったのはそういう人達です。

さて、尾瀬沼を一周し、会津高原駅まで戻りました。駅前に温泉があり、しかも夜行の利用客は割引になるというので行ってみると、これがひどかった。

露天風呂は一応、「混浴」です。おっさんが一人いました。でもすぐに出て行ったので貸切です。しかし着替える場所は簡単な囲みだけですので、若い女性が入っていることはまず無いでしょう。行こうと思って期待した方、残念でした。

頭を洗いたかったので室内風呂に移動。まず、更衣室がものすごく汗臭い。私、入るのを躊躇しましたから。

中に入ると、洗面所は中学生で埋まっていてなかなか空かなくて困りました。

かなりブルーな気分でそこをでると、電車で家に向かって帰りました。

今度はどこに行こうかな。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。2006080101 20060801_025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »