« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

涼しい

こんばんは。

旅行記はもうしばらくお待ちください。

今日は涼しかったですね。熱い麺を食べてもすぐに涼しくなりましたしね。梅雨明けしたと思ったらこの涼しさです。私は涼しい方が良いんですけど、秋に農作物が実らなくなるので考え物ですけどね。

最近はいろいろあって、精神的に疲れますけど、そんな時は眠るに限りますね。それから、ストレス解消をするとか。いつまでも引きずると体に良くないですしね。そういうわけで、今日は早く休むことにします。これで明日も元気に行きまっしょい!

今日はこれでおしまい。お疲れまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

出張があった……

こんばんは。

やばいです。明日、出張で帰りが遅くなりそうです。明日の夜行電車に乗る予定なので、なるべく早く終わらせて帰らねばなりません。

とりあえず準備は終わらせたので、帰ってきて風呂に入ってすぐに出かけられる状態にしてあります。あとは接待の席でお酒を飲まされないように注意するだけです。なるべく隅で静かにしてようっと。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

晴れるかな?

こんばんは。

今日は久しぶりに晴れましたけど、暑いですねぇ。早く秋にならないですかねぇ。

今週末、久しぶりに日帰り旅行に行こうと思っています。切符は買ったのであとは晴れてくれればいいんですが。

雨が降ったら、温泉にでもつかって、帰ってこようかと思います。場所はこのブログの旅行記までお楽しみという事で。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

湿気が多くて

こんばんは。

毎日雨が降り続いていますね。九州や長野県では雨による災害で大変な事になっているようです。

私は暑いような寒いような、微妙な気温とこの湿気で少し体調が崩れてきています。暑ければ発汗により体力を奪われますし、今の季節は本当に体調を整えるのが難しいですね。

体調を整えるために、少しゆったりとしたいですねぇ。でも明日は月曜日……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

本日の世界一受けたい授業について

こんばんは。

今日、世界一受けたい授業という番組が放送されていました。その中で疑問に感じたことがあります。

それは地球温暖化についてです。

「環境に優しい商品やハイブリッドカーを購入しましょう」

これは、違うんじゃないかと。ハイブリッドカーを購入したところで、根本的な解決にはなりません。また、環境に優しい商品を購入するのは問題ないように思えますが、その製作段階の事が触れられていません。製作段階を含めて、本当の意味で環境に優しい商品ってどれだけあるんでしょうかね?

「無駄なものは買わないようにしましょう。なるべくバスや電車など、公共交通機関を利用しましょう」

こちらの方が良いのではないでしょうか? ただし、これを実行すると日本経済がボロボロになります。ですから、環境問題は単純な問題ではないのです。環境に対する心がけは大事ですが、いろいろ複雑な事情がからんでいることも、しっかり説明しなければならないと思いました。

また、日本国民一人一人の活動は大切です。ですが、いくら日本やEUが頑張っても、アメリカや中国など温室効果ガス大量排出国を何とかしなければ、どうにもなりません。こういった国際背景もきちんと説明し、世界に訴えかけていきましょうと言わないと駄目なのではないでしょうか?

この番組で、決定的な説明が抜けています。

「みんな頑張って活動しても、個人がやったって意味ねーよ」

こう思った方もいらっしゃったのではないでしょうか? ここで説明が抜けているのです。

実は、温室効果ガスの排出源、企業より民間(各家庭総量)が多い(あるいはかなり大きな割合を占めている)ってご存知ですか? ですから個人の活動に意味があるのです。

一人当たり年間10トンって説明はありましたけど、説明が足りません。企業は環境問題に取り組んでいるので、かなり排出量が抑えられてきました。しかし家庭ではまだまだなのが現状です。

こういったことを説明し、我々の活動が決して無駄にはならないと言わないと、腰を上げてくれません。いくら数年後に大変な事になると脅したってそれだけでは無駄です。活動の結果、ちゃんと効果があると説明しないといけないのではないでしょうか?

かつて、私は環境問題を学んでいました。こんなこと、数年前(もう10年近くなりますが)には分かっていた事なんです。ですから、あの報道の仕方は納得できなかったのです。あまりにも情報を削りすぎています。

もっとも、古い情報を前提にこの文章を書いているので、間違っていたらすいません。

ただ、これだけはいまだにはっきりと覚えているのですが、ある人が、

「京都議定書で割り当てられた二酸化炭素の排出量の削減は、現在(当時)の活動とあわせ、森林を吸収源として認めてもらえれば、可能です」

と言っていたのです。最初から森林の吸収源をあてにした活動内容だったんですよ、これが。今ではどういう活動になったのか知りませんけどね。

環境問題はとてもむずかしいです。また、あの番組で取り上げ、補足説明をしていって欲しいと思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

こんばんは。

今日もやっと一日が終わりました。最近、疲れがたまっているせいか、帰りの電車で寝過ごしました。

酒を飲んでいる時なら何度かあるのですが、しらふでは初めてかもしれません。いつもなら手前の駅とかで起きたり、何度か目が覚めるのですが、今日は一度も目が覚めることなく寝過ごしていました。

以前、精神的にも参っていた時期があったのですが、その時に近い状態です。注意しなければ。

さて、人の縁って不思議なものです。自分にとって本当に縁のある人とは縁が続くものなんですね。

例えば、小学校時代からの友人と再会したのが成人式、その次にあったのが朝のバス、それからたびたび見かけて話をします。お互いに生活リズムが変わっているのにもかかわらずです。

もう一人の小学校からの友人は、地元以外の場所で何度も会うんですよね。

中学時代の恩師は、別の県に転勤になったのですが、数年前に再会しましたし。

同業者の人とはローカル線の駅であったりしたこともありました。

人の縁というものは、やはり存在するのだと思います。これはもう不思議な力が働いているとしか考えられません。これが小説の世界なら「ご都合主義」になってしまうのですからおもしろいものです。

今日はこれでおしまい。おつかれさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

閉鎖された業界

こんばんは。

世の中にはいろいろな業界が存在しています。農業、漁業、鉄鋼、電気、食品、運輸、金融、サービス……。

業界によってオープンな所とクローズな所があります。日本では特にクローズの傾向が強いですね。アメリカのように自由競争・資本主義が進んでいる国では、業界への入退場がかなり自由です。

日本では、最近は規制緩和が進んで多少は自由になりましたが、それでも業界自体が硬直的なのは変わらず、惰性と申しましょうか、そんな感じで自由な入出場まで行かないようです。

業界自体が新規入場を望まないというところもあります。ですから、考え方も硬直的で、「なあなあ」で事が運ぶ所が多いようです。しかしこのままでよいのかと思ってしまいました。

例えば、私は某プレゼンテーションを見学しました。いやぁ、ここだけの話、ひどかったですねぇ、あれは。もちろん、中にはまともなのもありましたけどね。

ひどかった例を挙げれば、資料の棒読み、時間配分無視、その他……。中学生の研究発表会ですよ、あれは。

しかも、評価する方も最悪で、周りの人の評価が丸見えだったんですけど、そんな中学生の研究発表が一番点数が高くて、一番まともにできていたプレゼンの評価が最も低い。

もちろん、私自身の主観も入ってますが、資料棒読みが一番評価が高いってのはありえないと思いませんか?

結局のところ、その差は何かというと、「業界に長くいる会社」と「業界になじみが薄い会社」なんですよ。プレゼンの内容なんて関係ないんです。だって、その評価をしている人の多くは居眠りしていたんですから(確認済み)。あれで正当な評価と結果が出来るわきゃありません。

で、居眠りしていた人達は「業界に長くいる会社、お金を出してくれる会社」に高い評価を出すわけです。私みたいに客観的に評価する人なんてごくわずかです。

でも、そのプレゼンの商品を買うのは一般の消費者なんですよね……。ま、そこで世間とズレが生じて損をするのはその会社なんですから、私にはどうでも良いですけどね。

もう一つ例があります。その業界で人気ナンバーワンの商品を決めるということがあったんですが、裏工作し放題。根回しし放題。いくら小さな会社が頑張っていい商品を作ったところで、結局はお金(広告費)をいっぱい持っている会社が勝つようにできているんです。

その差が微妙なものですから、順位が多少入れ替わるって事はありますけど、新規参入の会社は厳しいです。

それで勝ったと喜ぶ。おめでたいっす。

要するに力を持った会社には逆らえないっていう、資本主義の一つの例ですね。世の中はこうした「裏の力」が働いている事が多いので、恐ろしいですね。

ただ、逆に考えれば、そこを逆手に取ればいくらでもやり方はあるわけです。もっとも、馬鹿正直に何でも口にする私には無理な話ですけどね。この話だって誰が読んでいるか分からないですしね。その業界の人が読んでいる事だってありえるわけですし。

でも、良い情報だけしか集まらない団体は駄目になります。マイナスの情報こそ大切にするべきなんです。

ま、今までは通用したやり方がこの先も通用するとは思えません。それに実際に今の業界の業績に悪影響が出ていますし。

厳しい話、近いうちに小さい会社は外国企業に潰されるでしょう。大きい会社も合併・統合が進むんじゃないですかねぇ。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

久しぶりの休息

こんばんは。

久しぶりにゆっくりと休むことができました。おかげで特に何かをした休日ではなかったのですが、今回の休みに関しては、たまっていた疲れを取ることができたので有意義だったように感じます。

同じ時間、同じ事をしていても、無駄に感じる時と有意義に感じる時がある。この差は、やはり捉え方なのでしょうかね?

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

某社長さんの話

こんばんは。

今日は某社長さんのお話をします。社長さんもこの話を多くの人に知ってもらいたいとおっしゃっていたので、読者の方が何かを感じていただけたら幸いです。

 私は30年以上、(キャラクター)を通して子どもたちと接してきた。最近は秋田の事件のように、親が子、子が親を殺すというような信じられない事件が起きている。

 企業は利益追求ばかりしていて、社会はどうなってもいいという風潮になっている。自由だということは、何をやってもいいというわけではない。自由の意味を勘違いしている。企業はもっと直接的に社会に接していかなければならない。

 会社の設立当時は親や友だちを殺すというような凶悪な時代ではなかった。よい世界にしようとやってきたが、今は当時よりもっとひどい時代になってしまった。

 私が必死に取り組んでいることは、ギフト、つまり心を送るということだ。世界中が仲良くなるようなビジネスを続けていきたい。

 かなり内容を端折っていますので、正確に伝わらなかったかもしれませんが、何かを感じ取っていただければそれでいいと思います。

 今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

山を越えました

こんばんは。

やったー、あの山のようにあった仕事が片付いたっ! ふふふ、分身しなくても終わらせてやったぜぃ。

山のように……ということで、久しぶりに山に行きたくなりました。といっても登山ではなく、ハイキング程度ですけどね。今週は疲れを取るために休みますが、来週末には出かけようと思います。早速きっぷの手配をしなければ。

今日は、ある社長さんの話をしようと思ったんですが、話を書いたメモを会社に忘れてしまいまして、来週になってしまいます。ああ、仕事が終わって浮かれていたようです。

その代わり、明日は以前にここのブログに書いた別の社長さんの話を書きます。事情があってその時には書けなかった社長さんの話です。ようするに、事情ってのは、ある日を過ぎるまで公開しちゃいけないって言われてたからなんです。

その日を過ぎましたので、かなり具体的に書けると思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。よーし、今夜は久しぶりに夜更かしするぞーっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

分身はできません

こんばんは。

暑いですねぇ。幸い、今日はオフィスワークだったので助かりました。でも一日机に向かって無理難題を言われてました。

外回りばかりで時間がないのに、内勤仕事が終わるわきゃ、ありません。そのうえ危うく外に出されそうでした。だから、内勤仕事が終わってないんだっての! 外に出たらよけいに終わらんでしょーに!

あの人は私に分身して仕事をしろってのかしらねぇ。自分は「忙しくて外に出られないから代わりに行ってきて」っていって私に押し付けるんだもの、終わるでしょうけどね。

わたしゃその分、仕事が増えてるってのに。ああ、明日も仕事アリ……。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

福引でお菓子が当たった

こんばんは。

コンピュータが正常に動いているようです。よかったよかった。

今日は某団体の集まりに参加しました。全部で百人から二百人くらい参加してました。その中で福引大会がありました。

私、こういうので当たったためしがないので、ボケーっとしているとなんと一番最初に名前を呼ばれてしまいました。

一番最初なので商品券とかではなく、お菓子でしたけど、当たらない人もいっぱいいたので良かったです。

家に帰って開けてみるとゼリーでした。今、冷蔵庫に入っています。明日、冷えたゼリーをありがたくいただこうと思います。

でも、その集まりに参加したために、仕事ができずに滞っています。誰か、ゼリーをあげますから仕事を手伝ってくだされぇー!

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

一週間ぶり

こんばんは。

今週は本業が忙しくて更新が一週間も止まってしまいました。すいません。

それでも山は越えたので少しずつ忙しさも収束していくと思われます。

今日はいろいろと書きたい話題があったのですが、コンピュータの調子が悪いので今週末までは書けそうにありません。あー、いろいろ書きたいんですけどねぇ、そういうときに限って環境の悪化なんて、ひどい。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

地下鉄で出会ったおじさん

こんばんは。

先週の金曜日、霞ヶ関の某官庁へ行きました。受付の方には顔を覚えてもらえているようで、阿吽の呼吸でチェックが終わり、中に入れてもらえます。

その帰り、地下鉄で帰ったのですが、ここの所の激務で座ってすぐに眠ってしまいました。

気がつくとおじさんが、

「終点だよ」

といって起こしてくれました。いやぁ、遠い行き先の電車じゃなくて良かった。車掌さんに頭を下げながらホームに出ました。

ホームで起こしてくれたおじさんにもう一度、お礼を言うと、

「気持ちよく眠ってるところ、起こしちゃって悪いねぇ」

と言ってくれました。

いえいえ、こちらこそありがとうございました。

最近は世知辛い世の中になったもので、車掌さんが起こしにきてくれて、周りのお客は起こしてくれないですよね。先日のバスなんてもう少しで車庫で起こされるところでしたし。

なんだか寂しいですね。もう少し、どんな人でもかかわりを持つような世の中になって欲しいなと思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »